青山七恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青山 七恵
(あおやま ななえ)
誕生 1983年1月20日(31歳)
埼玉県大里郡
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 筑波大学図書館情報専門学群卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 小説
代表作 『ひとり日和』(2007年)
『かけら』(2009年)
主な受賞歴 文藝賞(2005年)
芥川龍之介賞(2007年)
川端康成文学賞(2009年)
処女作 『窓の灯』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本小説家埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)出身[1]。筑波大学図書館情報専門学群卒業[2]2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。

経歴・人物[編集]

埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。 小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。 中学生の頃には川端康成吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる[3]1998年4月、埼玉県立熊谷女子高等学校に入学。 高校の時に、フランソワーズ・サガン悲しみよこんにちは』を読み、小説を書きはじめるきっかけとなった[3]2001年3月、同校卒業[4][5]。同年4月、図書館情報大学図書館情報学部図書館情報学科に入学。 2005年3月、筑波大学図書館情報専門学群卒業[2][3][6]東京都新宿区の旅行会社に入社。

同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞[7]2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11ヶ月)[8]2009年、短篇「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)[9]2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

著作[編集]

単行本[編集]

  • 窓の灯(2005年11月 河出書房新社 / 2007年10月 河出文庫
    • 【初出】「窓の灯」(『文藝』2005年冬季号) / 「ムラサキさんのパリ」(書き下ろし)[10]
  • ひとり日和(2007年2月 河出書房新社 / 2010年3月 河出文庫)
    • 【初出】「ひとり日和」(『文藝』2006年秋季号) / 「出発」(『文藝』2009年春季号)[11]
  • やさしいため息(2008年5月 河出書房新社 / 2011年4月 河出文庫)
    • 【初出】やさしいため息(『文藝』2008年春季号) / 松かさ拾い(『文藝』2008年夏季号)
  • かけら(2009年9月 新潮社 / 2012年7月 新潮文庫
    • 【初出】かけら(『新潮』2008年11月号) / 欅の部屋(『すばる』2009年1月) / 山猫(『新潮』2009年8月)
  • 魔法使いクラブ(2009年11月 幻冬舎 / 2012年4月 幻冬舎文庫
    • 書き下ろし
  • お別れの音(2010年9月 文藝春秋 / 2013年9月 文春文庫
    • 【初出】新しいビルディング(『文學界』2008年8月) / お上手(『文學界』2009年1月) / ニカウさんの近況(『文學界』2009年5月) / うちの娘(『新潮』2010年1月) / 役立たず(『文藝』2010年夏季号) / ファビアンの家の思い出(『文學界』2010年2月)
  • わたしの彼氏(2011年3月 講談社
    • 【初出】『群像』2010年1月号 - 2010年12月号
  • あかりの湖畔(2011年11月 中央公論新社
    • 【初出】「読売新聞」夕刊 2010年7月 - 2011年4月
  • 花嫁(2012年2月 幻冬舎)
    • 【初出】『GINGER L.』2010 WINTER 01 - 2011 AUTUMN 04
  • すみれ(2012年6月 文藝春秋)
  • 快楽(2013年5月 講談社) 
    • 【初出】『群像』2013年3月号
  • めぐり糸(2013年12月 集英社
    • 【初出】『すばる』
  • 風(2014年5月 河出書房新社)

単行本未収録作品[編集]

  • 実習生豊子(『群像』2009年2月号)
  • ダンス(『新潮』2013年1月号)
  • 繭(『新潮』2014年3月号 - )

共著[編集]

  • 村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ(2014年5月 NHK出版

対談・鼎談など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自立へのささやかな一歩描く 芥川賞受賞・青山七恵さんに聞く
  2. ^ a b 筑波大学 | お知らせ・情報 受賞・表彰:受賞表彰の記録
  3. ^ a b c 学群入試 筑波大学 ACアドミッションセンター
  4. ^ JBOOK:ひとり日和:青山 七恵:書籍
  5. ^ 校長室より - 埼玉県立熊谷女子高等学校
  6. ^ 2004年4月、国立大学法人化の法律により図書館情報大学が閉学、全ての在校生が筑波大学に移籍することになった。
  7. ^ asahi.com: 文芸賞に15歳、中3の三並さん 史上最年少
  8. ^ 芥川賞に23歳、青山七恵さん
  9. ^ 本学卒業の青山七恵さんが第35回川端康成文学賞受賞
  10. ^ 「ムラサキさんのパリ」は文庫版にのみ収録。
  11. ^ 「出発」は文庫版にのみ収録。
  12. ^ Twitter / subaru_henshubu: 青山七恵+藤野可織対談「「おはなし」への恩返し」
  13. ^ 〈鼎談〉野崎歓×青山七恵×綿矢りさ - 群像

外部リンク[編集]