庄司薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
庄司 薫
(しょうじ かおる)
誕生 福田 章二
1937年4月19日(76歳)
日本の旗 日本東京府東京市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1958年 -
ジャンル 小説
代表作 『赤頭巾ちゃん気をつけて』(1969年)
主な受賞歴 中央公論新人賞(1958年)
芥川龍之介賞(1969年)
処女作 『喪失』(1958年)
配偶者 中村紘子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

庄司 薫(しょうじ かおる、1937年4月19日 - )は東京都豊島区東池袋出身の小説家。本名福田章二。

経歴[編集]

三省堂の専務の息子として東京に生まれ育つ。幼い頃から文学書に親しんで育つ[1]太平洋戦争中は埼玉県秩父に疎開していた。東京都立日比谷高等学校の同級生に塩野七生古井由吉尾高修也がいた[2]。2級上に坂上弘がいた。高校時代は芸術派の総帥のつもりだった。[3]。高校卒業後、1年間の浪人生活を送る。1957年に東京大学文科二類(現在の文科三類に相当)に入学[4]。同年「蝶をちぎった男の話」を東京大学教養学部学友会機関誌『学園』第15号に発表。

東京大学教養学部文学研究会機関誌『駒場文学』第9号(1958年4月)に発表した『白い瑕瑾』を改題改稿した『喪失』にて第3回中央公論新人賞を受賞[5][6]、同作品が『中央公論』1958年11月号に掲載される。このとき選考委員の伊藤整武田泰淳からは絶賛されたが、三島由紀夫から疑念を表明され、江藤淳から評論「新人福田章二を認めない」(『新潮1959年1月号)で酷評された[7]。この後、『新潮1959年2月号に掲載された新人作家の座談会「僕ら文学するもの」に出席[8]。1959年春、「封印は花やかに」を書き、『中央公論』小説特集号に発表。同年秋、作品集『喪失』を中央公論社から上梓。

教養学部から法学部に傍系進学し[9]、政治学科を卒業。法学部時代の恩師に丸山真男がいる。

1960年、『文學界』7月号に発表した「輕やかに開幕」を最後に数年間筆を絶ち、謎の多い空白期間を過ごす(庄司の言葉では「総退却」)。エジプト学に沈潜していたとも[10]、株で生活していたとも言われている。

1966年、恩師丸山真男を囲む集まり「60の会」の小さなタイプ印刷の機関誌「60」に10枚ほどの小説を発表、この会の内輪で好評を博す[11]東大闘争のあった1969年、初めて庄司薫の名義で『赤頭巾ちゃん気をつけて』を発表(『中央公論』5月号)[12]。三島由紀夫たちに才能を認められ、第61回芥川賞を受賞、同年8月に中央公論社から単行本として刊行。この作品は、単行本と文庫本を併せて発行部数160万を超えるベストセラーとなった。また『中央公論』8・9・10月号に『さよなら快傑黒頭巾』を連載(同年11月、中央公論社から単行本として刊行)。同年、『文學界』9月号に『恐竜をつかまえた』を発表。『新潮』12月号に『アレクサンダー大王はいいな』を発表。

1970年、『中央公論』新年号から6回にわたり『白鳥の歌なんか聞えない』を連載。『婦人公論』4月号から1年間にわたり自伝風エッセイ『狼なんかこわくない』を連載。同年5月、作品集『喪失』の新版を中央公論社から刊行。

1971年2月、『白鳥の歌なんか聞えない』を中央公論社から刊行。同年12月、『狼なんかこわくない』を中央公論社から刊行。

1973年6月、エッセー集『バクの飼主めざして』を講談社から刊行。同年、『喪失』『赤頭巾ちゃん気をつけて』『白鳥の歌なんか聞えない』『さよなら快傑黒頭巾』『狼なんかこわくない』を中公文庫から刊行。敬愛する林達夫の『共産主義的人間』(中公文庫)に解説文を寄せる。

1974年9月、ピアニスト中村紘子と結婚。演奏ツアーなどにより中村が長期不在となったさい中村の愛猫を庄司がたびたび預かり面倒を見るなどしていたことから交際を深め結婚に至った。子はないが結婚以降変わらぬよい夫婦仲とのこと。一説には後年中村がエッセイ・小説を上梓の際、庄司による代筆を疑う声もあったが憶測の域を出ない。

1975年、『中央公論』新年号から24回にわたり『ぼくの大好きな青髭』を連載。1977年7月、『ぼくの大好きな青髭』を中央公論社から刊行。『赤』『黒』『白』とのちの『ぼくの大好きな青髭』を加えた四作は、現役あるいは卒後の都立日比谷高生である「庄司薫」を主人公にしたいわゆる「四部作」とされる。これらのうち東宝青春路線として1970年代以降、『赤』(岡田裕介森和代中尾彬山岡久乃など出演)と『白』(岡田裕介・加賀まりこ細川俊之など出演)が映画化され、また、『白』はNHKでドラマ化(荒谷公之仁科明子など出演)された。他に、本名の福田章二原作『軽やかに開幕』の映画版で、『童貞』(1975年重田尚彦五十嵐淳子夏木陽介竹井みどり大滝秀治など出演)がある。

1976年、『』12月号に武田泰淳への追悼文「武田さんの思い出」を発表。

1978年11月、エッセイ集『ぼくが猫語を話せるわけ』を中央公論社から刊行。

1979年、『新潮』6月号にエッセイ「猫」を発表。同年、ウォークマン発売の後押しをしている。妻の中村紘子は「盛田さん(ソニー社長盛田昭夫)とうちの主人は当時しょっちゅう一緒にゴルフに行っていたんですが、家が近いものですから朝同じ車で行くんですね。そしたら盛田さんが主人にウォークマンの試作品を見せて「こういうのを発案したんだけど、会社の全員がこんなの売れませんって言って反対してる。だけど僕はこれいいと思うんだけどな」っておっしゃったんですよ。それでうちの主人に感想を求めてきたので「これいいじゃないですか。僕はこれすごくいいと思います」ってうちの主人が申し上げたのに勇気づけられて、みんなの反対を押し切って発売したら大ヒットになったんですよ」[13]と語っている。

1980年、5月刊行の文春文庫の書き下ろしアンソロジー『読書と私』にエッセイ「『椿姫』以来」を執筆。同年10月、『ぼくの大好きな青髭』を中公文庫から刊行。同年12月、『東京新聞』にエッセイ「ビタミンC」を発表。

1981年11月、『ぼくが猫語を話せるわけ』を中公文庫から刊行。

小説家としては1977年の『ぼくの大好きな青髭』を最後に沈黙しているが、以後も部屋に籠っているわけではなく、中村のコンサート後のパーティなどにも顔を出していることが伝えられている[14]。日頃は趣味のを嗜み、各出版社の編集者とは仕事抜きの交際を続けている[14]。中村は2時間約200万円の公演を年間30-40回こなすと言われているがその稼ぎに庄司は寄りかかることなく、1985年からは東京都港区三田の自宅マンションに次々と別の抵当権を設定し、バブル期の不動産価格の高騰に乗って借入れを増大[14]1985年から2006年までで総額13億7000万円の資金を借入れ、不動産や株などに投機していたが、2006年以後に借金(元利合計で借入金の倍額程度)を完済[14]。夫妻の部屋の登記簿を見た萬場友章弁護士から「バブル崩壊で資産価値が目減りし、多くの個人投資家が担保物権を失うなかで、この夫婦は損をせずに巧みに売り抜けている。常識的には破産していてもおかしくないケースで、これはもうプロの投資家のレベルです」と称賛された[14]

2007年4月15日、自宅マンションで異臭騒ぎが発生。警視庁三田署東京消防庁の調査によると、冷蔵庫の配線が破れて冷却用のアンモニアが漏れたものと見られている。

サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』との関係をめぐって[編集]

『赤頭巾ちゃん気をつけて』以降の庄司作品に野崎孝サリンジャーの影響を見る向きもある[15][16]。『ライ麦畑でつかまえて』と文体やプロットから主人公の設定や小道具まであまりに似すぎているのではないかという声は『赤頭巾ちゃん』の発表当時から存在し、『東京新聞』は1969年9月2日朝刊ワイド面「こちら特報部」に「"薫ちゃん"気をつけて」と題する記事を掲載したことがある。

この中で当時明治大学助教授だったサリンジャー研究者三浦清宏は『一つの意見』と題する論評を寄せ、「盗作」「贋作」といった言葉を避けつつも、『ライ麦畑でつかまえて』との類似点を「…とかなんとか」「…やなんか」といった言い回しや「とくに女友達にかける時なんかがそうで、どういうわけか、かならず『ママ』が出てくるのだ」(庄司)と「困るのは、最初に電話に出るのは彼女じゃないだろうということなんだ。おやじかおふくろが出てくるにきまってんのさ」(サリンジャー)といったディテール、また両者ともブルジョワの家庭に生まれた精神的に不安定な少年が理由は違うにせよ行くべき学校がなく彷徨する姿を描いた作品であることなどを挙げ、具体的に検証して見せた。

これに対し、庄司は『三浦氏へ…ボクの見解』と題する手記を寄せ、「ぼくは、このような意見に対しては、ただぼくの作品を読んでいただきたい、というほかないと思います」と宣言しながらも、「ぼくは、このような意見、つまり『薫くん』流にいえば、ひとの足をひっぱって自分の存在を主張するといった『品性下劣』な、めめしい発想をとてもお気の毒に思います」「いずれにしてもこの三浦氏にももう一度よく『赤頭巾ちゃん』を読んでいただきたいと思います。もっともそうすると『舌をかんで死んじゃいたく』なるんじゃないか、という心配もありますが」と皮肉り、東京新聞の記者に対しては「サリンジャーを盗んでいるなんて批評は、十年も、いや二、三年もすれば、そうでなかった──とわかりますよ」と予言した。

このとき、コメンテーターとして小島信夫は『赤頭巾』を未読としつつも「私の周囲の米文学者は、受賞直後から(両作品の類似を - 引用者註)話題にしてました。文章をそのままいただいたというのではないので盗作とはいえないというのが大方の意見でしたが……。人によっては、明治以来、ずいぶん多くの外国文学が取り入れられてきたが、こんなに主体性のない取り入れ方をしたのは初めてだなんていってました」と発言し、佐伯彰一 は「よく似ているけど、サリンジャーのものほどうまくいってない」「選考委員がサリンジャー作品を知っていて、なおかつ斬新さを認めたのならいいんですけど、そうでないとすると、ひっかかる人が出るでしょう」と述べた。庄司はその後、『東京新聞』1969年9月12日夕刊文化欄に『とにかく読んでください』という反論文を発表し、『週刊言論1969年10月1日号のインタビューでも同様の反論をおこなった。

この点につき、栗原裕一郎は庄司が同人誌時代に福田章二名義で発表した『白い瑕瑾』(『駒場文学』第9号、1958年4月)の文体が『赤頭巾ちゃん』に近い「かもしれない」ことを指摘しつつ、「野崎訳『ライ麦畑でつかまえて』が発表されたのは1964年、『白い瑕瑾』は1958年だから、『赤頭巾ちゃん』の文体が『白い瑕瑾』の時点ですでに出来上がっていたとすれば、少なくとも野崎訳文体の模倣とはいえない計算になる」(『盗作の文学史』p.114、新曜社2008年)と述べた上で、「文学青年を自称し『若さ』についてもっぱら考えていた庄司が『ライ麦畑でつかまえて』を読んでいなかったとは考えにくいから、『ライ麦畑』の邦訳に自分が捨て去った文体の可能性を再発見しブラッシュアップをもくろんだというあたりが模倣疑惑の実情にちかいのではないかと推測されるが、庄司が真相を吐露することは今後もないだろう」と論じている(同書p.122)。

ただしサリンジャーのThe Catcher in the Ryeの日本語への初訳としては『白い瑕瑾』に先立つ1952年橋本福夫訳の『危険な年齢』がダヴィッド社から出ている。この訳書には既に「これには参ったね」(That killed me.)や「…やなんか」(...and all)などの頻出表現が登場しており野崎はそれを踏襲したに過ぎない。しかし、この橋本訳サリンジャーが庄司に影響を与えた可能性については栗原も言及していない。

著書[編集]

  • 喪失 福田章二 中央公論社, 1959. のち文庫
  • 赤頭巾ちゃん気をつけて 中央公論社 1969 のち文庫、新潮文庫
  • さよなら快傑黒頭巾 中央公論社 1969 のち文庫、新潮文庫
  • 狼なんかこわくない 中央公論社 1971. のち文庫 
  • 白鳥の歌なんか聞えない 中央公論社 1971 のち文庫
  • バクの飼主めざして 講談社 1973 のち文庫、中公文庫 
  • ぼくの大好きな青髭 中央公論社 1977.7 のち文庫 
  • ぼくが猫語を話せるわけ 中央公論社 1978.11 のち文庫 
  • 家族としての犬と猫 編 新潮社 1987.3 エッセイ・おとなの時間

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「僕の部屋の三方の壁に嵌込まれた書棚には世界文学の傑作がぎっしりと詰っている。それらの古典の中で幼い僕は育てられその文学への抱負を羽ばたかせたのだった」(福田章二『喪失』旧版あとがき、p.241、中公文庫、1973年)
  2. ^ 文藝春秋1978年5月号「同級生交歓」。
  3. ^ 「ぼくは『赤頭巾ちゃん気をつけて』の主人公とはちがい、日比谷高校においてもすでにどちらかというと『芸術派』、いや、実は『芸術派の総帥』のつもりだったのであり、日比谷高校の『芸術派』の永い栄光ある伝統を継ごうと考えていた根っからの文学青年だったのだ」(庄司薫『狼なんかこわくない』p.82、中公文庫、1973年)
  4. ^ 「ぼくは東大入学の記念写真撮影の際には、全員制服制帽の中で、男ではただ一人トックリセーターにジャンパー姿という『異端』ぶりの典型的『芸術派』だったのだ」(庄司薫『狼なんかこわくない』p.82、中公文庫、1973年)
  5. ^ 「中央公論新人賞を選んだのは、まずその第一回受賞作である深沢七郎の傑作『楢山節考』にぼくが猛烈なショックを受けていたせいだと思われるが、同時に、伊藤整・武田泰淳・三島由紀夫という三人の審査委員の組合せに、ぼくが大きな信頼感を抱いたためでもあった」(庄司薫『狼なんかこわくない』p.70、中公文庫、1973年)
  6. ^ 「授賞式は十月十日だったが、その式場での挨拶で、ぼくはやはり少しあがったのか、『逃げ出したい』なんてつい口走って、あとで『おかしな新人』『おかしな挨拶』などと何かの新聞や雑誌で書かれたりした」(庄司薫『狼なんかこわくない』p.88、中公文庫、1973年)
  7. ^ 福田章二を「石原慎太郎菊村到開高健大江健三郎といった作家たちが提出している文学的な問題を、単に文学的ファッションとしてだけうけとめようとする安易な態度」を持つ「無神経なエピゴーネンたち」の代表と断じ、「『頭のいい人』が緻密に計算したからといって、その結果が文学作品になるとはかぎらない」、「『必然性』を欠いた作品は文学作品としての根本的な要件を欠いているので、そのような作品を『緻密に』計画することに喜びを見出しているような精神はどこかが病んでいる。あるいはおそるべき鈍感な精神である」、「福田氏の場合、むしろ創作態度の根本にこのカマトト的態度がある」、「ここに浮遊しているミミッチイ自己満足的な『最高』への憧憬はとうてい文学者のものではない」、「ここでは『文学』が作者の自己満足のためのひとつの道具に堕落している」、「ここにいたってわれわれは遂に作者自身の卑俗な自己満足のために書かれた小説が、堂々と文学作品として大手をふって評価されるという奇妙な現象に直面したのである」という悪罵に近い辛辣な内容であった。
  8. ^ 他の出席者は河畠修と神崎信一と山川方夫であった。このとき福田は「もしあの作品(『喪失』)が江藤さんのおっしゃるところまで徹底していればその存在自体が一つの諷刺だろうと思うのですよ。ですから、あのようなつかまえ方をする時には、『喪失』がそこまで徹底していないということをむしろ衝くべきだったとそんなことを感じました」と発言したが、神崎以外の出席者たちからは「江藤さんの不満を僕はそっくりそのまま福田君に向けていいと思う」(河畠)、「福田さんの『喪失』、あそこではなにか作者のそれにもう一つ誠実さが欠けている気がして、興味が湧かなかった。文章は美しいし、センスはいいし、そういうことはたしかにあるけれども、つまりなんともなかったんです」(山川)と批判された。
  9. ^ 「進学先として法学部を有力視したことのもう一つの理由は、ほかならぬぼくの総退却の第二の基本方針である他者との比較競争からとりあえず逃げまくるということにあった」「そしてぼくは、悪名高い法学部のマスプロ講義、そこにおいては学生はみな匿名の存在となってしまう大教室講義に、むしろ或る解放感を予想した」「それにぼくの場合は、たとえば丸山真男教授に対する高等学校時代からの個人的な憧れといったものがあった」(庄司薫『狼なんかこわくない』pp.84-85、中公文庫、1973年)
  10. ^ 「この時期の彼は、エジプト学などに沈潜していたということである」(福田章二『喪失』の土居寛之による解説、p.250、中公文庫、1973年)
  11. ^ 「その小説は、『赤頭巾ちゃん気をつけて』の最後の章の原型ともいうべきもので、本屋の店先でちっちゃな女の子に生爪をはがしたばかりの足先を踏んづけられる話だった(文章もほとんど同じといっていい)」(庄司薫『狼なんかこわくない』p.175、中公文庫、1973年)
  12. ^ 芥川受賞時の「感想」と題する文章に「お前は十年間何をやってたんだ、というのは多くの方々から受けるべき質問で、勿論これについては○×式簡明さで答えられる筈もありません。でも敢えて言うならば、この十年間ぼくが考えてきたのは『男の子』いかに生きるべきか、とでも言ったことであり、ぼくがやってきたのは、すまして言えば『心の柔軟体操』とでも言うべきことでした」と書いている(庄司薫『狼なんかこわくない』p.182、中公文庫、1973年)。
  13. ^ Musicman's RELAY 第79回 中村紘子
  14. ^ a b c d e 週刊現代2007年1月6日1月13日合併号「スペシャルワイド『週刊現代』を彩った時代の主役『あの人はいま』」Part2「庄司薫"赤頭巾ちゃん"は余生も安泰」。
  15. ^ 「サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を思わせる軽妙な語り口をもつ、ある覚醒の物語です」(加藤典洋『小説の未来』朝日新聞社2004年
  16. ^ 「『ライ麦畑でつかまえて』の邦訳によく似た軽妙な山の手風言葉で語られる一人称小説」(高田里惠子『グロテスクな教養』ちくま新書2005年