平野啓一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平野 啓一郎
(ひらの けいいちろう)
誕生 1975年6月22日(39歳)
日本の旗 日本愛知県蒲郡市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(法学)
最終学歴 京都大学法学部卒業
活動期間 1998年 -
ジャンル 小説随筆評論
代表作 日蝕』(1998年)
葬送』(2002年)
決壊』(2008年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1999年)
芸術選奨新人賞(2009年)
ドゥマゴ文学賞(2009年)
処女作 『日蝕』(1998年)
配偶者 春香
子供 1女・1男
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は日本小説家京都大学法学部在学中の1999年に『日蝕』により芥川賞を受賞。同年に『一月物語』、2002年に長編『葬送』を刊行する。これら「ロマンティック三部作」と呼ばれる過去の歴史を舞台にした長編群を書き上げたあとは、一転して現代を舞台にした実験的な短編に取り組み、現在は再び長編小説を発表している。三島由紀夫森鴎外シャルル・ボードレールミルチャ・エリアーデ等に傾倒。2008年にモデルの春香と結婚。現在、東京都在住。

経歴[編集]

愛知県蒲郡市で生まれたが1歳で父親(享年36)を亡くし、2歳から18歳まで母親の実家があった福岡県北九州市八幡西区で育つ。私立明治学園中学校を経て福岡県立東筑高等学校京都大学法学部卒業。高校時代に80枚の処女長編を執筆。大学では小野紀明ゼミ(政治思想史)に所属しバーでのアルバイト、軽音サークル、小説の執筆などに重点を置いた生活を送る。母校への帰属意識は強い。

在学中の1998年、執筆に1年を費やした『日蝕』を『新潮』に投稿。15世紀フランスを舞台に神学僧の神秘体験を明治期の作家を思わせる擬古文で描いた作品で新人としては異例の一挙掲載がなされ、「三島由紀夫の再来」と喧伝されるなど華々しいデビューを飾る。翌1999年、『日蝕』により第120回芥川賞を当時最年少の23歳で受賞(ただし月数も考慮すると、平野は丸山健二より約6か月年長)。同年、泉鏡花風の幻想譚『一月物語』(いちげつものがたり)を発表。

2002年19世紀パリを舞台にショパンドラクロワジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行。これら『日蝕』『一月物語』と合わせて「ロマンティック三部作」とした[1]。以降は一転して現代を舞台にした短編に取り組み、『高瀬川』(2003年)や『滴り落ちる時計たちの波紋』(2004年)、『あなたが、いなかった、あなた』(2007年)、インターネット上の性をテーマにした中篇『顔のない裸体たち』(2006年)を刊行。短編では活字を絵のように用いたり、同一ページに複数の物語を併記するなど実験的な試みを行なっている(後述「小説による視覚実験」参照)。

2005年文化庁文化大使に任命されフランスに1年間滞在。2008年にモデルの春香と2年間の交際を経て結婚。明治神宮にて挙式を行なった[2]。同年、三島由紀夫賞選考委員に最年少で就任、『決壊』で織田作之助賞候補。2009年、『決壊』で芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、『ドーン』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(島田雅彦選考委員)。

デビューの経緯[編集]

平野の特色の一つとしてその「投稿によるデビュー」が挙げられることがある。平野がデビューした文芸誌『新潮』の巻末には、現在まで毎巻欠かさずに「御投稿作品は、全て「新潮新人賞」応募原稿として受付けます」との記述がある。平野自身がインタビューで答えた情報によれば、デビュー経緯は以下の如くである。

1997年、21歳の平野は1年(資料収集半年、執筆半年)を費やしデビュー作となる『日蝕』を書く。投稿先を『新潮』に決める。年末、『新潮』編集部に自分の思いを綴った16枚の手紙を送る。手紙を読んだ編集部からは「とりあえず作品を見せて欲しい」と回答。編集者の出張先が京都であったこともあり、会って食事をする。1998年、『新潮』8月号に『日蝕』が一挙掲載される。「三島由紀夫の再来とでも言うべき神童」などという宣伝と共にデビュー。翌年芥川賞受賞。

作風[編集]

「ロマンティック3部作」の頃は作りこんだ壮麗な文体を用いていたが、現代を舞台にした短編では平易で日常的な文体を用いている。短編期以降はネットを題材にすることも多い。人の死を扱う作品もあるが、死を深刻なものとは捉えていないかのような表現は、本人の世界観の表れでもある。また私小説は自慢話にすぎないと嫌っており、自分に書きたいことがなくならない限り私小説を書くことはないとしている。

小説による視覚実験[編集]

彼が発表する、いわゆる「実験的作品」の多くは視覚に訴える工夫が施せられている。例えば『日蝕』においては見開きを空白の真っ白なページにしたり、『氷塊』では二次元放送のごとく2つの物語が同時進行したり、『女の部屋』では文字で絵画を描いたり等、視覚的要素を重要視しており不思議な作品世界を創出している。いわゆるパクリ疑惑については否定しているが、それ以外の作品群についても、人の言動から着想を得たものが作品の骨格を成しており、それが当事者にはっきりとわかる形で作品化されていることも多いという。著作権上は問題がない。

その他の視覚的実験
  • 『追憶』 - 最後のページに記されている詩を部分的に浮かび上がらせ、あたかも霧に隠れた物が所々姿を見せるかのように多用な文章を作り出す。
  • 『白昼』 - 字間を大胆なまでに空け読むスピードをコントロール、また外見的にも美しい。
  • 『閉じ込められた少年』 - 前から読んでも後ろから読んでも同じ、回文的作品。ロンドを思わせる。
  • 『母と子』 - 「0」 - 「4」の5つの小説が、同時進行する。各小説は1/2ページ設けられ「1-1」、「1-2」、「3-4」、「0-12」などと細かく分けている。
  • 『やがて光源のない澄んだ乱反射の表で……/『TSUNAMI』のための32点の絵のない挿絵』 - ページ下に横書きの文章があり、縦書きで進行する物語に反して挿絵のような役割を果たす。

タイトル[編集]

古今の名作のタイトルを拝借する事が度々ある。

人物[編集]

芥川賞受賞時には茶髪にピアスという風貌が話題となった。メディアへの出演は多く、過去に『トップランナー』や『爆笑問題のススメ』、『つながるテレビ@ヒューマン』(2か月に1回程度)、『クローズアップ現代』などのテレビ番組にゲスト出演している。

親交のある人物に江島健太郎梅田望夫など。また関心のある現代の作家として高橋源一郎島田雅彦大江健三郎古井由吉を挙げている。ジャズ、とりわけマイルス・デイヴィスを好み、対談などでそのマニアぶりを見せる事もしばしばである。

小学生の時『キャプテン翼』の影響でサッカーをやっていた。大学時代のバンドではギターを担当。主にLOUDNESSを始めとするヘヴィメタル系のコピーが中心で、LOUDNESSのドラマーである樋口宗孝の訃報を耳にした際にバンド時代の思い出と当時のヘヴィメタルシーンを社会的背景を含めて綴っている[3]。「速弾きの名手」だそうで、2007年2月3日放送の『つながるテレビ@ヒューマン』でギターを演奏して見せた。

好きな食べ物として、カレーライススパゲティを挙げている。

発言・主張[編集]

政治的な話題についても自身のツイッター等[4]で意見を発信している。憲法改正について、「改正絶対反対ではない」が、「96条改正には絶対反対」と述べている。また選択的夫婦別姓制度導入などについても賛意を示している。

受賞歴[編集]

著作一覧[編集]

初期3部作(ロマンティック3部作)[編集]

第2期[編集]

  • 高瀬川(講談社、2003年3月)(講談社文庫、2006年10月、ISBN 9784062755399
    • 清水(『』1999年5月号)
    • 高瀬川(『群像』2003年1月号)
    • 追憶(『21世紀 文学の創造9 ことばのたくらみ―実作集』)
    • 氷塊(『新潮』2003年2月号)
  • 滴り落ちる時計たちの波紋(文藝春秋、2004年6月)(文春文庫、2007年6月、ISBN 9784167717322
    • 白昼(「読売新聞大阪版」2003年4月8日朝刊)
    • 初七日(『文學界』2003年6月号)
    • 珍事(『群像』2003年11月号)
    • 閉じ込められた少年(同上)
    • 瀕死の午後と波打つ磯の幼い兄弟(同上)
    • les pettites Passions(同上)
    • くしゃみ(同上)
    • 最後の変身(『新潮』2003年9月号)
    • バベルのコンピューター(『文學界』2004年1月号)
  • 顔のない裸体たち(新潮社、2006年3月、ISBN 9784104260058
    • 初出:『新潮』2005年12月号
      • 『あなたが、いなかった、あなた』に収録する予定だったが、長さとテーマから別にした
  • あなたが、いなかった、あなた(新潮社、2007年1月、ISBN 9784104260065
    • やがて光源のない澄んだ乱反射の表で……/『TSUNAMI』のための32点の絵のない挿絵(『新潮』2005年7月号)
    • 鏡(書き下ろし)
    • 『フェカンにて』(『新潮』2004年12月号)
    • 女の部屋(『新潮』2004年1月号「女の部屋のコンポジション」改題)
    • 一枚上手(『週刊新潮』2005年7月21日号)
    • クロニクル(『新潮』2006年3月号)
    • 義足(『野性時代』2005年10月号)
    • 母と子(『新潮』2005年7月号)
    • 異邦人#7-9(『新潮』2005年7月号)
    • モノクロウムの街と四人の女(『群像』2006年2月号)
    • 慈善(『すばる』2006年1月号)

第3期(分人主義3部作)[編集]

第4期[編集]

  • 『空白を満たしなさい』(講談社、2012年11月)
  • 『透明な迷宮』(新潮社、2014年6月)

その他[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文藝春秋|本の話より|自著を語る
  2. ^ 毎日jp:平野啓一郎氏:モデルでデザイナーの春香さんと結婚
  3. ^ ひとつの80年代 〜「ラウドネス」樋口宗孝 作家・平野啓一郎による現代の仕事人伝
  4. ^ 平野啓一郎@hiranok

外部リンク[編集]