メタバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メタバース (Metaverse)とは、コンピューターによって生み出されてインターネット上に存在する仮想世界のことである。3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)技術によって3次元の立体空間として表現されるものが多い。

似た言葉にアバターチャットバーチャルリアリティサイバースペース(サイバー空間)があり、広範な意味ではこれらに含まれると言えるが、アバターチャットには全く世界が存在しない場合もあり、バーチャルリアリティのように五感に反映する機能はなく、サイバースペースはコンピューターゲームなど現実にはない空間全てを含む、といった点から区別される。

MMORPGと違い、背景の物語、決められた目的、倒すべき敵等は存在せず、利用者同士の交流や商業活動や学術的な研究を主目的に活用されているものが多い。

概要[編集]

従来のウェブサイトは一般に紙媒体を模した、2次元をベースとしたコンテンツを提供してきたが、これを3DCGで構成された3次元の立体的な仮想空間へと拡張した発展形がメタバースと考えるむきもある。例えばSecond Lifeでは2010年11月に、ウェブブラウザを用いてメタバースにアクセスする環境のテストが行なわれた。

利用者はアバターと呼ばれる自分の分身を介してメタバースの空間に入り、探索したり、他の利用者とチャットするといった交流を図る事が出来る。仮想世界内の仮想通貨を用いた買い物や、サービス内で商品を制作して販売する経済活動が出来たり、ユーザー自らが作ったゲームなどの、さまざまなコンテンツを楽しむことができるサービスも存在する。 現在は、メタバースを構築するためのサーバーソフトのオープンソース化が進展しつつあり、OpenSimulator(オープン・シム)といった、個人のパソコンをサーバとして動作させコンテンツを提供できる環境が登場している。(公式のゲームサーバエミュレータと考えることも出来る。)野村総合研究所などの分析によれば、これによって仮想世界の構築が容易になり、通常のウェブブラウザで容易にアクセスできるようにれば、ユーザーのニーズに応じた複数のメタバースが誕生し、「マルチバース」の時代が来ると予想されている。[1]

また、企業や大学や研究機関が学術的な研究の場として活用しているケースもある。心理療法を応用した癒し系コンテンツを提供しているオープン・シムもあり、映画を超える感動体験が可能なメタドラマ(メタバース上でプレイするサイコドラマ)など、2008年頃から従来見られなかった新しいコンテンツも登場してきている。メタバースの第一世代が、アバターを用いて仮想世界にアクセスする基礎技術の確立だとすれば、第二世代はプレイヤーの夢(深層心理)を仮想世界に投影して楽しむ技術の確立であり、メタドラマの登場はその先駆とみられている。さらにメタバースは第三世代へと進化する様相を見せはじめている。電磁メタマテリアルの技術を応用すれば、現実の世界に存在するさまざまな物体の表面に、メタバース世界のCGが投影できるようになり、メタバースの世界と現実世界の融合が起こると考えられている。 たとえば、メタマテリアルで作られた光学迷彩機能を持つオートバイのヘルメットに、セカンドライフのアバターの画像を投影すれば、現実世界をアバターの姿で歩き回ったり、人とコミュニケーションすることが可能となる。また、ジェル状の物体に適度に磁性体を分散させた新素材を、電磁力で自在に変形させることができる磁性流体制御技術を用いれば、CG世界の仮想の物体の立体的なデータをリアルタイムで現実世界にロードすることが可能になる。その物体の表面を柔軟性を持つ電磁メタマテリアルの薄膜で覆ってCGの画像を投影することで、メタバース世界の仮想の物体に、現実に人の手で触れるなど、従来は不可能と考えられていたことが可能になる。たとえば、アバターの姿形をした磁性流体ジェルの物体を、まるでフィギュアの人形のように現実世界の人の手や肩の上に乗せて、握手などの触れ合いを持つ楽しみかたも可能になってきている。このような遠隔コミュニケーション用の手乗りアバターは、インターネット回線の向こう側にいるプレイヤーが、Kinectといったモーションキャプチャーのシステムでその仕草をコントロールし、ボイスチャットによって声を出して会話している。そのため従来の、機械的で動きが硬いロボットや、人工物の印象が拭えないアンドロイドとのコミュニケーションや、テレビ電話を用いる環境とは全く異なる、より自然な印象を受けるコミュニケーションが可能になってくる。こうしてメタバース上の仮想世界と現実の世界が一つに融合していけば、ユビキタスコンピューティングの生活環境が普及すると予想されている。[2]

語源[編集]

SF作家ニール・スティーヴンスンが自著『スノウ・クラッシュ』の中で使用したメタ(meta)とユニバース(universe)の合成語

現存のサービス[編集]

メタバースそのものとは言えないが、メタバースに近いサービスとして以下のものがある。

日本国外[編集]

日本国内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3次元仮想世界の市場はメタバースからマルチバースへ、NRIが予測
  2. ^ キラ研究所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • THE SECOND TIMES(メタバースを取り扱っていたニュースサイト)