メタバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メタバース (Metaverse) とは、コンピューターによって生み出されてインターネット上に存在する仮想世界のことである。3次元コンピュータグラフィックス (3DCG) 技術によって3次元の立体空間として表現されるものが多い。語源は、SF作家ニール・スティーヴンスンが自著『スノウ・クラッシュ』の中で使用したメタ (meta) とユニバース (universe) の合成語

似た言葉にアバターチャットバーチャルリアリティサイバースペースがあり、広範な意味ではこれらに含まれると言えるが、五感へのフィードバック、現実にはない空間全てを含むか、といった点から区別される。

MMORPGと違い、背景の物語、決められた目的、倒すべき敵等は存在せず、利用者同士の交流や商業活動、学術的な研究を主目的に活用されているものが多い。

概要[編集]

従来のウェブサイトは一般に紙媒体を模した、2次元をベースとしたコンテンツを提供してきたが、これを3DCGで構成された3次元の立体的な仮想空間へと拡張した発展形がメタバースと考えるむきもある。例えばSecond Lifeでは2010年11月に、ウェブブラウザを用いてメタバースにアクセスする環境のテストが行なわれた。

利用者はアバターと呼ばれる自分の分身を介してメタバースの空間に入り、探索したり、他の利用者とチャットするといった交流を図る事が出来る。仮想世界内の仮想通貨を用いた買い物や、サービス内で商品を制作して販売する経済活動が出来たり、ユーザー自らが作ったゲームなどの、さまざまなコンテンツを楽しむことができるサービスも存在する。

現在は、メタバースを構築するためのサーバーソフトのオープンソース化が進展しつつあり、OpenSimulator(オープン・シム)といった、個人のパソコンをサーバとして動作させコンテンツを提供できる環境が登場している。(公式のゲームサーバエミュレータと考えることも出来る。)野村総合研究所などの分析によれば、これによって仮想世界の構築が容易になり、通常のウェブブラウザで容易にアクセスできるようにれば、ユーザーのニーズに応じた複数のメタバースが誕生し、「マルチバース」の時代が来ると予想されている[1]

現存のサービス[編集]

メタバースに近いサービスとしては以下のものがある。

日本国外[編集]

日本国内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3次元仮想世界の市場はメタバースからマルチバースへ、NRIが予測
  2. ^ “「はてなワールド」限定公開、仮想3D空間でキャラが会話”. @IT. (2007年12月13日). http://www.atmarkit.co.jp/news/200712/13/hatena.html 2015年1月9日閲覧。 
  3. ^ はてな (2010年5月18日). “はてなワールド終了のお知らせ”. 2015年1月9日閲覧。
  4. ^ “セガ,3Dインターネットサービス「インターネットアドベンチャー〔iA〕」のサービス休止を発表”. 4Gamer.net. (2009年5月29日). http://www.4gamer.net/games/047/G004756/20090529068/ 2015年1月9日閲覧。 
  5. ^ ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014年8月22日). “PlayStation®Home 日本を含むアジア地域でのコンテンツ販売終了およびサービス終了のお知らせ”. 2015年1月9日閲覧。