Avatar Reality

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アバターリアリティ社
Avatar Reality, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国
55 Merchant Street Suite 1700 Honolulu, HI 96813
設立 2006年12月
業種 情報・通信業
事業内容 仮想世界「Blue Mars」の開発
代表者 代表取締役社長兼CEO 橋本和幸
関係する人物 代表取締役副社長 Lihan Chen
外部リンク http://www.avatar-reality.com
特記事項:【アドバイザリーボード】ヘンク・ブラウアー・ロジャース荒川實アレクセイ・パジトノフ
テンプレートを表示

Avatar Reality社(アバター・リアリティー社)は、アメリカ合衆国ハワイ州に本社を置く、バーチャル世界を開発する会社である。

概要[編集]

2006年12月、橋本和幸とヘンク・ブラウアー・ロジャースが設立した。2007年3月、ドイツCrytek社の最先端ゲームエンジン CryENGINE 2 の世界初のライセンス契約を締結した[1]。その後、映画「ファイナル・ファンタジー」の技術開発メンバーが中心となってBlue Marsを開発する[2]

アドバイザリーボードにはロジャースのほかに、任天堂米国法人の初代社長を22年間勤めた荒川實テトリスを開発したコンピューター技術者であるアレクセイ・パジトノフが参加している[3]

2008年1月、イーフロンティアとの業務提携を発表。同社が開発したShade 10やShade Home Designでのモデリングデータをコーンバートできるようになった[4]

脚注[編集]

  1. ^ Avatar Reality, Inc. Licenses CryENGINE 2” (英語). Crytek (2007年3月7日). 2010年6月16日閲覧。
  2. ^ 奥谷海人 (2007年10月19日). “[E for All]青い火星を開拓するAvatar Realityの「Blue Mars」(Blue Mars)” (日本語). 4Gamer.net. http://www.4gamer.net/games/044/G004408/20071019047/ 2010年6月19日閲覧。 
  3. ^ “<米国Avatar Reality社>高品位な次世代バーチャルワールド“Blue Mars”を発表” (日本語). Infoseek ニュース. (2007年10月17日). http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/isports_inpb_2007101701/%25CA%25C6%25B9%25F1Avatar%2BReality/ 2010年6月19日閲覧。 
  4. ^ “イーフロンティア、Avatar Reality社との業務提携を発表” (日本語). (2008年1月25日). http://www.e-frontier.co.jp/company/press/introduction/2008/2008122_avatar_reality.html 2008年12月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Avatar Reality, Inc.” (英語). Avatar Reality, Inc.. 2010年6月19日閲覧。 - 公式サイト