ニューロマンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューロマンサー
Neuromancer
著者 ウィリアム・ギブスン
訳者 黒丸尚
発行日 カナダの旗1984年
日本の旗1986年
発行元 日本の旗早川書房
ジャンル サイエンス・フィクション
カナダの旗 カナダ
言語 英語
形態 文庫本
ページ数 451
コード ISBN 4-1501-0672-X
テンプレートを表示

ニューロマンサー』(Neuromancer)はウィリアム・ギブスンによる長編SF小説1984年7月1日、カナダで初版出版。日本語訳での初出は1986年の早川書房。旧装幀奥村靫正。新装版は木山健司

概要[編集]

1984年のネビュラ賞フィリップ・K・ディック記念賞1985年ローカス賞ヒューゴー賞を受賞。ほか、雑誌『SFクロニクル』誌読者賞、ディトマー賞も受賞。

著者ギブスンの長編処女作であり「サイバーパンク」の代名詞的作品である。長編第2作『カウント・ゼロ』および第3作『モナリザ・オーヴァドライヴ』と本作品を合わせた3作品は、共通する世界設定や登場人物をもつため「スプロール・シリーズ」とも呼ばれる。

タイトルは脳神経の"NEURON"(ニューロン)と、死霊使いの"NECROMANCER"(ネクロマンサー)との合成語で、同時に「新しいロマンス」(NEW ROMANCE)の意も掛けられている。他方、高橋ユキヒロによる1981年発表のアルバム『NEUROMANTIC(ロマン神経症)』というタイトルからもインスピレーションを受けたとされる(ただし内容的に直接的な関連性は無い)[1]

目次[編集]

第1部 千葉市憂愁
チバ・シティ・ブルーズ
第2部 買物遠征
ショッピング・エクスペディション
第3部 真夜中のジュール・ヴェルヌ通り
ミッドナイト
第4部 迷光仕掛け
ストレイライト・ラン
結尾(コーダ) 出発と到着
デパーチャとアライヴァル

あらすじ[編集]

サイバネティクス技術と超巨大電脳ネットワークが地球を覆いつくし、財閥(ザイバツ)と呼ばれる巨大企業、そして「ヤクザ」が経済を牛耳る近未来。 かつては、「マトリックス」と呼ばれる電脳空間サイバースペース)に意識ごと没入(ジャック・イン)して企業情報を盗み出すコンピューター・カウボーイであり、伝説のハッカー「ディクシー・フラットライン」の弟子であったケイスは、依頼主との契約違反の制裁として、脳神経を焼かれてジャック・イン能力を失い、電脳都市千葉市(チバ・シティ)でドラッグ浸りのチンピラ暮らしを送っていた。

そんなある日ケイスの元に、全身に武装を施したモリイと名乗る女が現れ、彼女はケイスを謎の男アーミテジに引き合わせる。そしてアーミテジはケイスに、かつてケイスが失ったマトリックスへのジャック・イン能力の修復を代償に、マトリックス空間で最も「ヤバい」コンピュータ複合体“冬寂”(ウィンター・ミュート)への潜入を依頼するのだった。それを引き受けたケイスは、陰謀とテクノロジーと暴力の支配する電脳世界へと舞い戻る。

登場人物[編集]

ケイス
ヘンリー・ドーセット・ケイス。24歳。コンピューター・カウボーイ(ハッカー)。伝説的ハッカー「ディクシー・フラットライン」の弟子。依頼主が盗ませた情報をさらに盗むという愚を犯し、その制裁として脳神経を焼かれ、ジャックイン不可能な体となったあとは、千葉シティで「仲介屋」の仕事をして糊口を凌いでいた。
モリイ
モリイ・ミリオンズ。女サムライ(用心棒)。あだ名は「段々剃刀」(だんだんかみそり)等。神経の高速化、眼窩に埋め込んだミラーシェードのサングラス兼ディスプレイ、あだ名の由来となった指の爪の下から飛び出す薄刃など、さまざまな身体改造を施している。爪の刃と"短針銃"(フレッチャー)が主要な武装。続編であるモナリザ・オーヴァドライヴにも再登場する。彼女のキャラクターはギブスンの短編『記憶屋ジョニイ』にも登場しており、本作でジョニイの末路が語られている。
アーミテジ
ケイス、モリイ、フィン、リヴィエラを雇い、冬寂(ウィンター・ミュート)への潜入を行わせようとする謎の人物。
ウィリス・コート大佐
アーミテジの正体と思しい元陸軍大佐。
リヴィエラ
ピーター・リヴィエラ。巧みな美容整形による優美な容貌と、一度折れたのを不器用に直した鼻といった容姿。麻薬中毒者。身体改造による、他人の視覚に自分が望む視覚象を投影する能力をもった芸術家。その強度も自由に調節可能で、網膜を焼くこともできる。
フィン
情報屋兼機材屋。ケイス、モリイをサポートする。
フラットライン
マコイ・ポーリー。通称ディクシー・フラットライン。伝説的ハッカーでケイスの師。作中ではすでに故人であり、生前の情報がROM構造物(メモリ)として残されている擬似人格。"フラットライン"の呼び名は、かつてジャック・イン時に脳死状態(脳波がフラットライン)になったにもかかわらず生還したことに由来する。
3ジェイン
レイディ・3ジェイン・マリー=フランス・テスィエ・アシュプール。軌道上に暮らす閉鎖的な財閥「テスィエ=アシュプール」の一族。同族に「8ジャン」もいるが、ぜんぶで何人いるのかは不明。
ヒデオ
3ジェインの部下のクローン忍者。身体改造を施したモリイを圧倒するほどの超人的な戦闘能力をもつ。
チューリング
AI(人工知能)が必要以上の能力を得て人類を凌駕することがないように監視する公的機関。名称はチューリング・テストに由来する。
冬寂(ウィンターミュート)
たびたびケイスの前に現れるAI(人工知能)。潜入の標的。
ニューロマンサー
冬寂(ウィンターミュート)の脳の半身。
リンダ
リンダ・リー。20歳。ケイスの千葉シティでのガールフレンド

ガジェットなど[編集]

千葉(チバ)
千葉市のことである。“臓器移植や神経接合や微細生体工学と同義語となった千葉”、“千葉の闇クリニック群こそ最先端”などと表現され、アンダーグラウンドで違法なサイバネ技術やコンピュータ技術に群がる怪しげな外国人が大量にいる。ケイスがうろついている「仁清」(ニンセイ)はそうした外国人がたむろする一種の治外法権地域のようで、日本人は近寄らない。有名な書き出しから始まる“千葉市憂愁”は評価が高く、また千葉は後々になっても重要な要素として語られる。
チャット
茶壺(チャツボ)。千葉の仁清にある「筋金入り」の国外居住者用バーで、ここで一週間飲み続けても日本語を耳にすることはないという。
新円(ニュー・イェン)
作中で使われる日本の旧紙幣。電子マネーが一般的になった劇中でも、世界中の闇マーケットで流通しているという。
叶和圓(イェヘユァン)
作中でケイスが好んで吸うタバコの銘柄。
ウルトラスエード
車の内装に使われていた素材。実在する東レの人造皮革エクセーヌの北米向け名も「ウルトラスウェード」だが、同一かは不明。
BAMA
通称"スプロール"。「ボストン=アトランタ=メトロポリタン軸帯」の略称。ニューヨーク市アトランタ市ボストン市の3つを合わせた北米東部のベルト地帯。ケイスの故郷とされる。
デッキ(Deck)
コンピューター・カウボーイ(ハッカー)が「ジャック・イン」するのに使用する端末。平べったい皮膚電極を額につけて使用する。「マトリックス」と呼ばれる電脳空間にジャック・インする「マトリックス・デッキ」や「シムスティム・デッキ」などがあり、用途に応じて組み合わせて使用する。
ケイスに与えられたのは、オノ=センダイ社製の「サイバースペース7」という高性能モデル。メーカーによって接続コネクターの規格が違う。
疑験(シムスティム)
「シムスティム・デッキ」を介して、他人の視覚・聴覚・触覚などの感覚を共有する。訳は「疑似体験」の略だと思われる。生中継の他に、編集された記録へのアクセスも可能。
構造物
個人の人格や記憶などを記録したROMカセット。電源を切るたびに短期記憶が消えてしまうので、長期間活動させるには、外部に記憶媒体(バンク)を用意しておく必要がある。またROMであるが故に、行動がほぼ予測できるという。本作中では既に故人のディクシー・フラットラインのものが登場。
擬態ポリカーボン
背景に合わせて模様が変化する光学迷彩服。決まった模様を再生する録画機能を備えた服もあり、ファッションにも応用されている。
マイクロソフト
知識などを記録したシリコンの断片で、耳の後ろに埋め込んだソケットに差し込んで使用する。ちなみにマイクロソフト社の設立時期は本作よりも早く1975年設立。
個室屋(?)
性サービス業。手術を受けて無意識状態のホスト(ホステス)に、客の嗜好に合わせたソフトウェアを乗せて楽しむ。
氷(アイス)
Intrusion Countermeasure Electronics(ICE:侵入対抗電子機器)の略称。重要なデータやネットワークを不正なアクセスから守るためのセキュリティシステム。翻訳版では「氷」に「アイス」というルビで書かれており、この語は作者の別作品でもよく使用される。特に黒い氷と呼ばれるものは潜入に失敗するとハッカーの脳を焼き切り死に至らしめる。(参照:攻性防壁
パンサー・モダンズ
スプロールで流行している不良少年集団。モリイの依頼でセンス/ネット社に対する陽動作戦を担当した。典型的なモダンズは歯牙移植手術等による獣じみた容貌に、耳には大量のマイクロソフトを挿し、擬態ポリカーボンを着込んでいる。
ザイバツ、ヤクザ
多国籍の企業組織/犯罪組織を指す。圧倒的な規模と影響力を持った存在であることが示唆される。
ザイオン人
軌道上に住むラスタファリアン。独特の言葉遣いで話す。
テスィエ=アシュプール
軌道上に本拠を持つ強力な財閥(ザイバツ)の一つ。AI“冬寂”(ウィンターミュート)を所有する。

SF史上における意義[編集]

『ニューロマンサー』はサイバーパンクSFの代表的タイトルとして認知されている。同じSF小説家であり、サイバーパンク小説のもう一方の代表者でもあるブルース・スターリングからは「おなじみの、古くさい未来とはおさらばだ」と評価された。

「サイバーパンク」と呼ばれるSFジャンル自体は、1981年の『マイクロチップの魔術師』(著者ヴァーナー・ヴィンジ・英題"True Names")によって拓かれたとされるが、従来の侵略・遭遇テーマ、米ソ冷戦時代を背景にした人類滅亡テーマが盛んに用いられたSF界では反主流であり、いわばキワモノ扱いされていた感が強く「サイバー」と「パンク」の2つの単語は、まだ奇妙な新語のレベルにとどまる時代であった。

その背景には、1981年当時のコンピュータ技術のレベルが、『マイクロチップの魔術師』で初めて披露された、世界のすみずみまでコンピュータネットワークと電子情報がめぐる世界を想像させるには、あまりに幼かったからと言える(ちなみに現在インターネットと呼ばれる電脳網が民間にも広がり始めたのは1986年)。

しかし、1984年の『ニューロマンサー』の出版に先立つ1982年の映画『ブレードランナー』(著者フィリップ・K・ディック原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』英題"DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?")が、はからずも未開拓だったサイバーパンクの地盤を大きく押し広げる下地となる。

この『ブレードランナー』で描かれた、環境汚染が進み、パトカーが空を飛び、アジアの文化と最先端の機械文明が猥雑に混合した、暗く美しいアンダーグラウンド的未来世界のビジュアルは、それまで人々が持っていた『2001年宇宙の旅』に代表されるクリーンな未来世界像を、根底から覆すインパクトを持っており、カルト的と見られていたSFファンの中の、さらにカルトな人々を激しく魅了した。(『アンドロイド~』の原作者であるフィリップ・K・ディックの作品世界は常にこうしたカオスな未来と暴走気味なテクノロジーの発達を描いているため、ディックもサイバーパンク開拓者の一人だと考えられる)

そして1984年に『ニューロマンサー』が出版されると、SF界はこの作品に惜しみない称賛の声を送った。『ニューロマンサー』には、『ブレードランナー』で示された猥雑な未来世界のガジェットと、電子世界に人体を「接続」し、意識ごとダイブするというアイデアが結合されており、文句なく新しく「サイバー」であり「パンク」であった。

その一例として『ニューロマンサー』へのオマージュは数多くの作品で見られることがあげられる。『ハイペリオン』(著者ダン・シモンズ)に収録された小説の一編では「ギブスン」という名の伝説的カウボーイが強大なAIへのハッキングに成功した都市伝説がある、と語られている。

当然ながら映画化企画も何度も上がったものの全て幻となっている。ただし1995年に短編『記憶屋ジョニイ』をギブスン自身の脚本で映画化した『JM』には本作の要素も多く挿入されており、『マトリックス』も元は本作の映画化企画からスタートした作品である。

脚注[編集]

  1. ^ 高橋幸宏『NEUROMANTIC(ロマン神経症)』ソニー・ミュージックダイレクト版ブックレット

関連項目[編集]