チャイナ・ミエヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイナ・ミエヴィル
China Tom Miéville
China Mieville.jpg
2010年フランスで開催された Utopiales にて
誕生 1972年9月6日(42歳)
イギリスの旗ノリッチ
職業 小説家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ファンタジーホラーニュー・ウィアードスチームパンク
代表作 《バス=ラグ》シリーズ
主な受賞歴 世界幻想文学大賞アーサー・C・クラーク賞英国幻想文学大賞ローカス賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

チャイナ・ミエヴィルChina Tom Miéville[ˈtʃaɪnə miˈeɪvəl][1]1972年9月6日 - )はイギリスのファンタジー作家チャイナ・ミーヴィルとの表記も。自身の作品を(特にH・P・ラヴクラフトのような20世紀初期のパルプ・マガジンに掲載されるような)「怪奇小説」と説明することを好んでいる。またファンタジーを商業主義や陳腐なJ・R・R・トールキンエピゴーネンから排除することを目的とする、ニュー・ウィアードと呼ばれるゆるやかな作家グループに属している。

また社会主義労働者党SWPの党員であり、社会主義者同盟 (en:Socialist Alliance) を支持し、マルクス主義国際法に関する本を出版するなど、左翼としての政治活動も行っている。

現在ウォーリック大学においてクリエイティブ・ライティングの教鞭を執っている。

略歴[編集]

ミエヴィルはイギリスノリッチで生まれ、ロンドン北西部ウィルズデンで育った。両親はミエヴィルの誕生後しばらくして離婚しており、女兄弟一人と教師である母と共に暮らし、「父について知ることは全くなかった」と言う。2年間勉強したオーカム・スクールを卒業し、1990年18歳の時1年間エジプトに滞在し、英語の指導を行った。この場所でアラブの文化や中東の政治に対する興味を培う。

1994年ケンブリッジ大学社会人類学の修士課程を修了。1995年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにおいて国際関係論の博士号を取得、2001年国際法学の博士課程を修了。またフランク・ノックス記念奨学金を受け、ハーバード大学でも学ぶ[2]。博士論文のタイトルはBetween Equal Rights: A Marxist Theory of International Lawであり、2005年ブリル出版よりイギリスでHistorical Materialismのシリーズで刊行され、2006年ヘイマーケット・ブックスよりアメリカでも刊行された。

作品[編集]

2010年、3度目となるアーサー・C・クラーク賞受賞直後のミエヴィル

ミエヴィルの作品は現代の多くのファンタジー・ホラー作家と同じく、20世紀初頭のパルプ・フィクションから現代のテレビ番組や映画から影響を受けている。彼はM・ジョン・ハリスンマイケル・デ・ララベッティマイケル・ムアコックトマス・M・ディッシュチャールズ・ウイリアムズティム・パワーズJ・G・バラードを自身の『ヒーロー』として挙げている。またH・P・ラヴクラフトマーヴィン・ピークジーン・ウルフからの影響についても頻繁に言及する。ミエヴィルは自身の小説を、「ニュー・クロブゾンは架空の都市であるが、イアン・シンクレアが描写するロンドンに対するように」読ませたいと語る。

青年時代に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』や同様のロールプレイングゲームを多くプレイした経験があり、その経験や同ジャンルへの知識をふまえ、架空の魔術および技術の体系化を行う傾向がある。また『ペルディード・ストリート・ステーション』において「金や経験値」のみにしか興味のないキャラクターへの肯定を行っている。

実際ミエヴィルの二つの作品の世界観は、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のルールシステムにコンバートされた。Dragon Magazine誌2007年2月号に掲載されている。 2008年2月には《バス=ラグ》シリーズの世界観を元にしたRPGが開発中であるとAdamant Entertainmentより発表された[3]。 2010年2月には、『Pathfinder RPG』のサプリメント(設定資料集)の著者に名を連ねている。同RPGを出版しているPAIZO社は、ミエヴィルの処女作を収めた短編集も出版している。

ミエヴィルはトールキンを馬鹿馬鹿しく保守的[4]と評しており、ファンタジーからトールキンの影響を排除することを積極的に試みている。

作品リスト[編集]

《バス=ラグ》シリーズ[編集]

他長編/中編[編集]

短編[編集]

  • Highway Sixty One Revisited (1986)
  • ジェイクをさがして (Looking for Jake 1999)
  • もうひとつの空 (Different Skies 1999)
  • 飢餓の終わり (An End to Hunger 2000)
  • 細部に宿るもの (Details 2002)
  • 使い魔 (Familiar 2002)
  • Buscard's Murrain (2003)
  • ロンドンにおける“ある出来事”の報告 (Reports of Certain Events in London, 2004) - 2005年ローカス賞受賞
  • A Room of One's Own (2008)
  • Hellblazer (2008)

短篇集[編集]

  • ジェイクをさがして Looking for Jake 2005年

ノンフィクション[編集]

  • The Borribles: An Introduction 2001年
  • At the Mountains of Madness: An Introduction 2005年
  • Between Equal Rights: A Marxist Theory of International Law 2005年
  • First Men in the Moon: An Introduction 2005年
  • Floating Utopias: Freedom and Unfreedom of the Seas 2007年
  • M.R. James and the Quantum Vampire: Weird; Hauntological: Versus and/or and and/or or? 2008年
  • ニュー・ウィアードよ永遠なれ Long Live the New Weird 2003年

脚注[編集]

  1. ^ éはエイと発音され、カタカナで表記するとミエイヴィル(エイにアクセント)と発音する SFマガジン. 641. 早川書房. (2009-8). pp. p81,82. 
  2. ^ Joan Gordon - Reveling in Genre: An Interview with China Miéville
  3. ^ "Adamant Entertainment & China Miéville Present: TALES OF NEW CROBUZON", gamingreport.com
  4. ^ 「幻想文学のケツの穴にあるこぶ」と 発言したこともある。 "Mieville on Tolkien", boing boing Website.

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]