フィリップ・K・ディック記念賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリップ・K・ディック賞(フィリップ・K・ディックしょう、Philip K. Dick Award)は、前年にアメリカ国内でペーパーバックとして発表されたSF小説の中の最優秀作品に与えられるSF文学賞である。「フィリップ・K・ディック記念賞」と表記されることもある。

概要[編集]

SF作家フィリップ・K・ディックが死去した翌年の1983年、代表作の大半をペーパーバックとして発表した彼を記念して、トマス・M・ディッシュにより創設された。フィラデルフィアSFソサエティen)が後援し、2005年からはフィリップ・K・ディック・トラストも支援している。

ペーパーバックの形態で初めて出版された作品のみを対象としている点に特色がある(トレード・ペーパーバックを含む。ただしハードカバー版とトレード・ペーパーバック版が同時刊行された作品は対象外)。

候補作と受賞作は作家と研究者が構成する5人の選考委員会により決定される。結果発表と授賞式は毎年3月にシアトルで開催されるSFコンベンションNorwescon(en)で行なわれる。

運営には現在、デイヴィッド・G・ハートウェルゴードン・ヴァン・ゲルダーが携わっている。過去にはアルジス・バドリスやデイヴィッド・アレクサンダー・スミスが運営に携わっていた。

受賞作一覧[編集]

公式サイトに従い、年は刊行年を示した。授賞はその翌年である。特別賞(Special Citation)は次点の作品に与えられる。

刊行年 受賞 著者 特別賞(Special Citation) 著者
1982年 『ソフトウェア』(Software) ルーディ・ラッカー The Prometheus Man レイ・ネルスン(en
1983年 『アヌビスの門』(The Anubis Gates) ティム・パワーズ 『黒龍とお茶を』(Tea with the Black Dragon) R・A・マカヴォイ
1984年 ニューロマンサー』 (Neuromancer) ウィリアム・ギブスン 『荒れた岸辺』(The Wild Shore) キム・スタンリー・ロビンソン
1985年 『奇人宮の宴』(Dinner at Deviant's Palace) ティム・パワーズ Saraband of Lost Time Richard Grant
1986年 『ホムンクルス』(Homunculus) ジェイムズ・P・ブレイロック The Hercules Text ジャック・マクデヴィット
1987年 『ストレンジ・トイズ』(Strange Toys) パトリシア・ギアリー (en) Memories Mike McQuay
1988年 『4000億の星の群れ』(Four Hundred Billion Stars) ポール・J・マコーリイ
『ウェットウェア』(Wetware) ルーディ・ラッカー
1989年 Subterranean Gallery Richard Paul Russo On My Way to Paradise Dave Wolverton
1990年 Points of Departure パット・マーフィー The Schizogenic Man Raymond Harris
1991年 『黎明の王 白昼の女王』(King of Morning, Queen of Day) イアン・マクドナルド Bone Dance エマ・ブル(en
1992年 Through the Heart Richard Grant In the Mothers' Land Élisabeth Vonarburg
1993年 Growing Up Weightless John M. Ford
エルヴィシー』(Elvissey) ジャック・ウォマック
1994年 Mysterium ロバート・チャールズ・ウィルスン Inagehi Jack Cady
1995年 Headcrash Bruce Bethke Carlucci's Edge Richard Paul Russo
1996年 タイム・シップ』(The Time Ships) スティーヴン・バクスター At the City Limits of Fate マイクル・ビショップ
1997年 The Troika Stepan Chapman Acts of Conscience William Barton
1998年 253: The Print Remix ジェフ・ライマン Lost Pages ポール・ディ・フィリポ(en
1999年 『プランク・ゼロ』『真空ダイヤグラム』(Vacuum Diagrams) スティーヴン・バクスター Tower of Dreams Jamil Nasir
2000年 『オンリー・フォワード』(Only Forward マイケル・マーシャル・スミス(en) Evolution's Darling スコット・ウエスターフェルド
2001年 Ship of Fools Richard Paul Russo Divine Intervention Ken Wharton
2002年 The Mount キャロル・エムシュウィラー The Scar チャイナ・ミエヴィル
2003年 『オルタード・カーボン』(Altered Carbon) リチャード・モーガン Dante's Equation Jane Jensen
2004年 Life ギネス・ジョーンズ Apocalypse Array ライダ・モアハウスen
2005年 『ウォー・サーフ』(War Surf) M・M・バックナーen Natural History ジャスティナ・ロブソン
2006年 Spin Control Chris Moriarty Carnival エリザベス・ベア
2007年 Nova Swing M・ジョン・ハリスン From the Notebooks of Dr. Brain Minister Faust
2008年 『シリンダー世界111』(Emissaries from The Dead) アダム=トロイ・カストロ (en)
Terminal Mind David Walton
2009年 『エラスムスの迷宮』 (Bitter Angels) C・L・アンダースン[1]en 『サイバラバード・デイズ』(Cyberabad Days) イアン・マクドナルド
2010年 『バネ足ジャックと時空の罠』(The Strange Affair of Spring-Heeled Jack) マーク・ホダー(en) ハーモニー』(Harmony)[2] 伊藤計劃 /Alexander O. Smith (en)訳
2011年 The Samuil Petrovitch Trilogy Simon Morden 『カンパニー・マン』(The Company Man) ロバート・ジャクソン・ベネット(en)
2012年 Lost Everything Brian Francis Slattery 『ラブスター博士の最後の発見』(LoveStar) アンドリ・S・マグナソン (en)/Victoria Cribb訳
2013年 『カウントダウン・シティ』(Countdown City) ベン・H・ウィンタースen 『Self-Reference ENGINE』(Self-Reference ENGINE) 円城塔/Terry Gallagher訳[3]

英訳作品の受賞[編集]

2010年の刊行作品を対象とする回では、伊藤計劃『ハーモニー』(原著2008年刊、Alexander O. Smithによる英訳版HarmonyHaikasoruから刊行[4])が特別賞(Special Citation)を受賞した。

  • 2010年の候補作 (著者名ABC順)
    • Jon Armstrong - Yarn
    • Elizabeth Bear(エリザベス・ベア) - Chill
    • Alden Bell - The Reapers are the Angels
    • Sara Creasy - Song of Scarabaeus
    • Mark Hodder(マーク・ホダー) - The Strange Affair of Spring-Heeled Jack - 受賞
    • Project Itoh(伊藤計劃) - Harmonyハーモニー) - 特別賞
    • James Knapp - State of Decay

2012年の刊行作品を対象とする回では、アンドリ・S・マグナソン『ラブスター博士の最後の発見』LoveStar(原著2002年刊、Victoria Cribbによる同題の英訳版はSeven Stories Pressから刊行)が特別賞を受賞した。

2013年の刊行作品を対象とする回では、円城塔『Self-Reference ENGINE』(原著2007年刊、Terry Gallagherによる同題の英訳版はHaikasoruから刊行)が特別賞を受賞した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]