パット・マーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パット・マーフィー(Pat Murphy、1955年 - )は、アメリカ合衆国の女流SF作家ファンタジー作家。別ペン・ネームにマックス・メリウェルサンフランシスコ在住。夫はSF作家のリチャード・キャドリー。

子供の頃は『オズ・シリーズ』などのファンタジーや兄の所持していた冒険小説・SF小説を愛読したという。大学在学中に習作を始め、1976年にクラリオン・ワークショップ(Clarion Workshop;著名なSF創作講座である)で教えを受け、作家となった。[1]

長編『落ちゆく女』で1987年度ネビュラ賞を受賞(1990年には日本語訳が出版された)。中編「恋するレイチェル」では1988年度シオドア・スタージョン記念賞およびネビュラ賞 中編小説部門を受賞。日本語訳のあるもう一冊の長編『ノービットの冒険』はJ・R・R・トールキンの古典的ファンタジー『ホビットの冒険』をSFに移し変えたパスティーシュ作品である。

著作リスト[編集]

  • The Shadow Hunter (1982)
  • The Falling Woman (1986) 『落ちゆく女』:1987年ネビュラ賞受賞
  • The City, Not Long After (1989)
  • Nadya: The Wolf Chronicles (1996)
  • There and Back Again (1999) 『ノービットの冒険 - ゆきて帰りし物語』
  • Wild Angel (2001)
  • Adventures in Time and Space with Max Merriwell (2002)
  • The Wild Girls (2007) (児童向け作品)

ほか、短編集あり(未訳)。

出典[編集]

  1. ^ 『落ちゆく女』(マーフィー著、友枝康子訳、早川書房、1990年)巻末「解説」(中藤龍一郎)

外部リンク[編集]