ジャスティナ・ロブスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティナ・ロブスン
Justina Robson
誕生 1968年6月11日(46歳)
イギリスの旗リーズ
職業 SF作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル SF
公式サイト Justina Robson's website
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャスティナ・ロブスンJustina Robson1968年6月11日 - )はイギリスSF作家

略歴[編集]

ロブスンはイギリスリーズにて生まれ、ヨーク大学で哲学と言語学を学んだ。専業作家となるまでに、秘書やテクニカル・ライター、フィットネスインストラクターなど多くの職を経験した。

ロブスンはクラリオン・ワークショップに参加し、1994年にイギリスの小雑誌The Third Alternativeに作品が掲載され、作家デビューを果たす。第一長編Silver Screen (1999) は2000年のアーサー・C・クラーク賞英国SF協会賞の最終選考に残り、第二長編Mappa Mundi (2001) も再び2001年のアーサー・C・クラーク賞において最終選考に残る。しかしSilver ScreenMappa Mundiにより、Amazon.co.uk Writer’s Bursary 2000を受賞する。2004年第三長編Natural History (2004) が発表され、英国SF協会賞の最終選考に残るとともに、ジョン・W・キャンベル記念賞を次点で惜しくも逃す。

作品の特徴として、鋭く描写された登場人物と、知性を示す深く考え抜かれた修辞手法が挙げられる。このため、ロブスンは「最も優れたハードSF作家の一人」と表現された[1]

Living Next-Door to the God of Love (2005) はNatural Historyと同一の宇宙を舞台としている。Keeping It Real (2006) に始まるQuantum Gravityシリーズは、現在シリーズ第3作Going Under (2008) まで出版されており、第4作Chasing the Dragonが2009年8月刊行予定。

作品リスト[編集]

  • Silver Screen (1999)
  • Mappa Mundi (2001)
  • Natural History (2003)
  • Living Next-Door to the God of Love (2005)
  • Quantum Gravity シリーズ
    • Keeping It Real (2006)
    • Selling Out (2007)
    • Going Under (2008)

脚注[編集]

  1. ^ Review: Natural History by Justina Robson” (en). the Guardian (2003年6月7日). 2009年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]