ルーディ・ラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーディ・ラッカー(Rudy Rucker, 1946年3月22日 - )は、アメリカ合衆国小説家SF作家数学者、情報科学者。本名ルドルフ・フォン・ビター・ラッカー(Rudolf von Bitter Rucker)。ルディー・ラッカーとも。 サイバーパンクSF、ユーモアSF、ハードSF、数学SFを得意とする特異な作家。最新の数学理論、物理理論を作品の核とするが、それをポップに具現化する作風が特徴。また、作品と似たようなテーマを題材とした、科学解説書も多数執筆している。

哲学者のヘーゲルの曾々々孫にあたる。

略歴[編集]

ケンタッキー州ルイヴェルに生まれる。スワースモア大学を経て、1972年からニューヨーク州立大学助教授を務め、1973年にニュージャージー州ラトガース大学で、数学の博士号を取得。

晩年のクルト・ゲーデルに面会し、大きな影響を受ける。

1977年に数学書『かくれた世界 幾何学・四次元・相対性』を発表。その前年、1976年に処女長編SF『時空ドーナツ』を書き、1978年「Unearth」誌に掲載するが、同誌休刊により未完となる。1980年連続体仮説をテーマにし「カントール連続体問題とは何か?」という副題のついた長編『ホワイト・ライト』でプロ作家としてデビュー。

1986年からはサンノゼ州立大学准教授として数学、コンピュータ科学を教える。

1993年東京国際美術館の「人工生命の美学」展で来日し、「A-Life、数学、SF」と題した講演、及び人工生命プログラム「人工生命細胞実験室(CA LAB:Rudy Rucker's Cellular Automata Laboratoly)」の公開を行った。

日本での受容[編集]

日本では、1980年代なかばより「マニア好みの曲者作家」として紹介が進む。

1990年代には、アメリカでも絶版となっている初期作品を含む、彼の長編SFのほぼすべてが翻訳・紹介された。また日本オリジナル短編集も刊行された。

だが、2002年の『フリーウェア』の翻訳刊行後、翻訳は行われていない(ラッカーの代表作である、『ウェア』4部作の最終巻、”Realware”も翻訳されていない)。

作品リスト[編集]

長篇小説[編集]

ウェア四部作[編集]

  • Software1982年) 邦訳『ソフトウェア』黒丸尚訳、1989年、ハヤカワ文庫
  • Wetware1988年) 邦訳『ウェットウェア』黒丸尚訳、1989年、ハヤカワ文庫
  • Freeware1997年) 邦訳『フリーウェア』大森望訳、2002年、ハヤカワ文庫
  • Realware2000年

その他の作品[編集]

  • White Light1980年) 邦訳『ホワイト・ライト』黒丸尚訳、1992年、ハヤカワ文庫
  • Spacetime Donuts1981年) 邦訳『時空ドーナツ』大森望訳、1998年、ハヤカワ文庫
  • The Sex Sphere1983年) 邦訳『セックス・スフィア』大森望訳、1992年、ハヤカワ文庫
  • Master of Space and Time1984年)邦訳『時空の支配者』黒丸尚訳、1987年、新潮文庫(のち、ハヤカワ文庫)
  • The Secret of Life1985年) 邦訳『空を飛んだ少年』黒丸尚訳、1987年、新潮文庫
  • The Hollow Earth1990年) 邦訳『空洞地球』黒丸尚訳、1991年、ハヤカワ文庫
  • The Hacker and the Ants1994年) 邦訳『ハッカーと蟻』大森望訳、1996年、ハヤカワ文庫
  • Spaceland2002年
  • As Above, So Below: A Novel of Peter Bruegel2002年
  • Frek and the Elixir2004年
  • Mathematicians in Love2006年

短篇集[編集]

  • The Fifty-Seventh Franz Kafka (1983年)
  • Transreal! (1991年)
  • 『ラッカー奇想博覧会』(Collected 13 Short Stories of Rudy Rucker) (1995年)黒丸尚 / 他訳:日本オリジナル編集
  • Gnarl! (2000年)

ノンフィクション[編集]

関連項目[編集]

  • サイバーパンク
  • 黒丸尚:ラッカー作品の翻訳を手がける。
  • 大森望:新潮文庫編集部時代に、ラッカーの長編を新潮文庫から刊行。黒丸の死去の後は、ラッカー作品の翻訳を手がける。

外部リンク[編集]