中本浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中本 浩
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1966年8月22日(48歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

中本 浩(なかもと ひろし、1966年8月22日 - )は日本の野球選手外野手)。広角打法に定評のある中距離打者だった[1]

経歴[編集]

大産大高校では全国大会への出場はなく、卒業後は亜細亜大学に進学。1989年松下電器に入社すると、同年の都市対抗で若獅子賞を受賞し、指名打者として社会人ベストナインにも選ばれた。1990年IBAFワールドカップ右翼手として起用され、佐藤真一に次ぐチーム2位の打率を記録した。また、前年に続き社会人ベストナインを受賞している。

1992年は バルセロナオリンピック野球日本代表に選ばれ、予選の対キューバイタリア戦では右翼手台湾戦では指名打者として先発出場した。途中出場も含め4試合の11打席で4四死球出塁率は低くなかったが、代表の野手で唯一ノーヒットに終わっている[2]1994年日本選手権で打率.636を記録し、首位打者賞を獲得した。

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞、1992年7月20日付朝刊、P.19
  2. ^ 別冊宝島、1545号、P.82

関連項目[編集]