ロバート・チャールズ・ウィルスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・チャールズ・ウィルスン
Robert Charles Wilson
Happy Fanboy with Robert Charles Wilson!.jpg
ウィルスン(右)とファン
誕生 1953年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
職業 小説家、SF作家
国籍 カナダの旗 カナダ
ジャンル SF
代表作 時間封鎖
主な受賞歴 ヒューゴー賞 長編小説部門
フィリップ・K・ディック賞
ジョン・W・キャンベル記念賞
公式サイト Robert Charles Wilson
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロバート・チャールズ・ウィルスンRobert Charles Wilson1953年 - )はカナダSF小説家。

経歴[編集]

ウィルスンはアメリカ合衆国カリフォルニア州で生まれ、オンタリオ州トロント近くで育った。70年代初めをカリフォルニア州ウィッティアーで過ごしたことを除いてはカナダで生活を送り、2007年にカナダ市民となった。 一時ナナイモに居を構え、またバンクーバーにも住んでいた。現在は妻Sharryと、トロントの真北にあるコンコードに住んでいる。PaulとDevonという二人の息子がいる。

初の作品は1975年2月アナログ誌に掲載され、この時の筆名はBob Chuck Wilsonであった。

ウィルスンは繊細かつ微妙な人物描写とハードSFを巧みで周到に結合させ、その結果しばしばニューヨーク・タイムズ紙のNotable Books of the Yearに選ばれている[1]スティーヴン・キングはウィルスンを「もっとも優れたサイエンス・フィクション作家」だと述べた[2]

ウィルスンのエージェントはShawna McCarthyであり、最近の作品の殆どはTor Books社のTeresa Nielsen Haydenが編集している。

ヒューゴー賞受賞作『時間封鎖』は初の三部作であり、『無限記憶』へと続き『連環宇宙』で完結した。2015年、この三部作を原作としたテレビドラマシリーズ製作が発表された[3]

中編Julian: A Christmas Story (2006)は2007年に出版され、ヒューゴー賞最終候補作となった。そして長編化されたJulian Comstock: A Story of the 22nd Centuryが2009年に出版された。

2007年に日本で開催されたワールドコンnippon2007に来日した。

受賞歴[編集]

作品[編集]

長編[編集]

  • A Hidden Place (1986)
  • Memory Wire (1987)
  • 世界の秘密の扉』(Gypsies, 1989)、創元SF文庫
  • The Divide (1990)
  • 時に架ける橋』(A Bridge of Years, 1991)、創元SF文庫
  • The Harvest (1992)
  • Mysterium (1994)
  • Darwinia (1998)
  • Bios (1999)
  • クロノリス─時の碑─』(The Chronoliths, 2001)、創元SF文庫
  • Blind Lake (2003)
  • 《時間封鎖》三部作
    • 『時間封鎖』(Spin, 2005)、創元SF文庫
    • 『無限記憶』(Axis, 2007)、創元SF文庫
    • 『連環宇宙』(Vortex, 2011)、創元SF文庫
  • Julian Comstock: A Story of the 22nd Century (2009)
  • Burning Paradise (2013)
  • The Affinities (2015)

短編集[編集]

  • 『ペルセウス座流星群』(the Perseids and Other Stories, 2000)、創元SF文庫

脚注[編集]

  1. ^ Notable Books [1][2][3]
  2. ^ Adams, James (2007年6月29日). “Canada’s Best-Kept Secrets in the Arts”. en:The Globe and Mail (Toronto: en:CTVglobemedia). http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20070629.woverthere0630/BNStory/Entertainment/home 2008年3月20日閲覧。 
  3. ^ ヒューゴー賞受賞SF小説「時間封鎖」、米SyfyでTVシリーズ化の企画が始動

外部リンク[編集]