キャロル・エムシュウィラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エムシュウィラー(1998年、シアトルで開催されたクラリオン・ワークショップにて)

キャロル・エムシュウィラーCarol Emshwiller1921年 - )はアメリカSF作家ミシガン州生まれ。夫のエド・エムシュウィラーもSF界ではイラストレーターとして有名。少女期をフランスで過ごしたために、アメリカ帰国後の英語の成績が振るわなかったという。ミシガン大学美術を専攻し、この際にエドと知り合う。日本では、長いこと短編がアンソロジーや雑誌に散発的に訳出された程度(講談社文庫『ファンタジーへの誘い』収録の「順応性」など)であったが、21世紀に入って畔柳和代の訳による短編集が発行された。

個人短編集[編集]

  • 『すべての終わりの始まり』国書刊行会、2007年
  • 『カルメン・ドッグ』河出書房新社 、2008年

ほか、未訳作品多数。日本語訳された作品の一覧、短編集の詳細等については下記の外部リンク等を参照。

受賞[編集]

外部リンク[編集]