ティム・パワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティム・パワーズ
Timothy Thomas Powers
Tim Powers.jpg
ティム・パワーズ、イスラエルテルアビブで行われたICon festival 2005にて
誕生 1952年2月29日(62歳)
ニューヨーク州バッファロー
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主題 SFファンタジー
代表作 『アヌビスの門』
主な受賞歴 世界幻想文学大賞フィリップ・K・ディック記念賞ローカス賞
公式サイト The Works of Tim Powers
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ティム・パワーズTimothy Thomas Powers, 1952年2月29日 - )はアメリカ合衆国作家SFや歴史に題材を得たファンタジーを主な作風とする。

フィリップ・K・ディックジェイムズ・P・ブレイロックK・W・ジーターとの親交でも知られる。

略歴[編集]

1952年にニューヨーク州バッファローで生まれる。1959年カトリックである家族とともにカルフォルニア州へ移り、そこで育つ。 英文学カリフォルニア州立大学フラトン校で学び、ジェイムズ・P・ブレイロックK・W・ジーターとの出会いを得る。二人はパワーズの親しい友人であり続け、時には共同執筆を行う仲でもある。彼ら三人は幾分本気で、80年代主流だったサイバーパンクに反して自分たちを『スチームパンクス』(steampunks)と呼んでいる[1]。 パワーズとブレイロックの二人が架空の詩人ウィリアム・アッシュブレス(en:William Ashbless)を考案したのも、フラトン校在学中であった。

フィリップ・K・ディックとも親交厚く、『ヴァリス』に登場するディヴィットというキャラクターのモデルはパワーズであり、また『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』はパワーズに捧げられている。

現在は妻Serenaと共にカリフォルニア州サンバーナーディーノMuscoyに住んでおり、クラリオン・ワークショップにも講師として時折参加している。

主要作品[編集]

長篇[編集]

短篇集[編集]

  • Night Moves and Other Stories (2000)
  • On Pirates (2001) - ジェイムズ・ブレイロックとの共著
  • The Devils in the Details (2003) - ジェイムズ・ブレイロックとの共著
  • Strange Itineraries (2004)

脚注[編集]

  1. ^ Nova Express, Volume 6, Number 1, "An Interview with Tim Powers," Page 9.

外部リンク[編集]