高い城の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高い城の男
The Man in the High Castle
著者 フィリップ・K・ディック
訳者 川口正吉1965年
浅倉久志1984年
発行日 アメリカ合衆国の旗 1962年1月1日
日本の旗 1965年
発行元 アメリカ合衆国の旗 パトナム社
日本の旗 ハヤカワSFシリーズ
ジャンル SF小説
歴史改変SF
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ページ数 399[1]
テンプレートを表示

高い城の男』(たかいしろのおとこ、原題:The Man in the High Castle)は、アメリカSF作家フィリップ・K・ディック歴史改変SF小説第二次世界大戦枢軸国大日本帝国ファシスト・イタリアナチス・ドイツ)が勝利し、アメリカ合衆国東西に分断されている時代を舞台としている。1962年に発表され、1963年ヒューゴー賞 長編小説部門を受賞した。

日本では1965年川口正吉によって翻訳され、ハヤカワ・SF・シリーズ早川書房)から刊行された。1984年から新たに浅倉久志の新訳による新装版がハヤカワ文庫から出版された。

概要[編集]

第二次世界大戦が枢軸国の勝利に終わり、日本とドイツによって分割占領されているアメリカが舞台の人間群像劇

歴史改変SFでは珍しくない設定だが、作品内世界で「もしも連合国が枢軸国に勝利していたら」という歴史改変小説が流行しているという点と、東洋の占術易経)が同じく流行していて、複数の人物が易経を指針として行動するという部分が独創的である。後半になるにつれてフィリップ・K・ディック特有の形而上学哲学的な思索やメタフィクションが展開される一方、ディック作品にありがちなプロットの破綻が生じていない[2]。そうした点からアメリカやイギリスなど英語圏ではディック作品の代表作として挙げられる事も多い[3]

作中の枢軸国の描写に関してはそれぞれに違いがある。日本人は勝者として傲慢な部分もあるものの、人種政策でナチスと対立するなど人間的で、ある程度は話が通じる集団として描かれている。逆にドイツ人は反ナチ派が軒並み粛清されており、ナチズムの狂気に満ちた集団として描かれている。イタリア人は表面的には日独と並んで戦勝国として扱われているが、実態としてはドイツの衛星国であり、劣等感からアメリカ人に同情する描写が描かれている。また作品中に登場する歴史改変小説は現実の第二次世界大戦とも異なった形で勝利する内容になっている。

高い城の男の世界。茶色がナチス・ドイツ、濃茶がその属国、赤がドイツ寄りの中立国、オレンジがイタリア(地中海の埋立事業で内陸国となっている)、水色がカナダ、濃い緑が大日本帝国、黄緑が大東亜共栄圏(日本の勢力圏)、アメリカは薄赤がドイツの傀儡国家、緑と薄茶が日本の傀儡国家

あらすじ[編集]

枢軸国の勝利に終わった第二次世界大戦終結から15年後、[アメリカ合衆国は大日本帝国とナチス・ドイツという二つの超大国によって分割統治されていた。敗戦国となったアメリカ人の間では謎の人物「高い城の男」によって執筆された『イナゴ身重く横たわる』という、「連合国が第二次世界大戦に勝利していたら」という仮想小説が流行していた。

そんな中、日本統治下のサンフランシスコにあるアメリカ美術工芸品商会に、太平洋岸連邦の通商代表部に所属する田上という男が電話を掛けてくる所から物語は始まる。

登場人物[編集]

ロバート・チルダン
アメリカ太平洋連邦の美術商。「アメリカ美術工芸品商会」という旧アメリカ合衆国の歴史的美術品を販売しているが、旧合衆国の歴史の浅さから百年ほど前の日用品やポスターなどを扱っている。
日本人商人との取引の際に、南北戦争時代の銃を模した贋作を掴まされていた事に気付き、店の評判を取り戻すべく犯人探しに没頭する。
フランク・フリンク
アメリカ太平洋連邦の工芸職人。退役軍人でアメリカ本土決戦で戦い、終戦後も暫くはゲリラ作戦を続けていたが、やがて占領統治が進むにつれて武器を捨てた。
職人としての腕前は良いが人当たり悪く、職場の工場を首になっている。ユダヤ系である為に東海岸にも向かえず、これからの道を思案している。妻ともども易経に凝っている。
ジュリアナ・フリンク
演 - アレクサ・ダヴァロス
フリンクの妻。美しい風貌をした黒髪の女性。フリンクの貧しい生活に嫌気が差して別居している。柔道の有段者。易経にも精通している。
『イナゴ身重く横たわる』の熱心な愛読者で、知り合ったジョーと共に作者の「高い城の男」に会おうと考えている。
ジョー・チナデラ
イタリア人の退役兵。今はロッキー山脈連邦で貨物運搬の出稼ぎ労働に就いている。イタリア王国のミラノ出身で、浅黒い肌に黒い髪をした壮年の男性。
地中海人種的な風貌から東側での人種政策で差別されており、戦勝国出身にも関わらず『イナゴ身重く横たわる』の愛読者となっている。
子供時代にはファシスト党の少年団に入っていた。ロドルフォ・グラッツィアーニ将軍の下で従軍しており、軍功を挙げてドイツ軍からも二級鉄十字勲章を与えられている。
田上信輔
太平洋岸連邦の通商代表部で高官を務める日本人官僚。ある密命を与えられて日本本土からアメリカ西海岸へと訪れている。易経を精神統一の手段としてしばしば用いている。

作品中の国家[編集]

旧枢軸国(戦勝国)[編集]

ナチス・ドイツ(大ドイツ国)
欧州と西シベリア、中東、アフリカ南部、南米中南部、北米東部を支配する西の超大国。蔑称的に「第三帝国」とも呼ばれる。
本土たるヨーロッパではフランス・イギリスを直接占領下に置きつつ、イタリアとスペインを筆頭とする独立国も従属勢力として従えている。
国内の反ナチ派や穏健派は殆どが粛清されてヒトラー時代以上に徹底した人種主義国家になっていて、黄色人種(モンゴロイド)の日本とは政策面でも対立している。コーカソイド、特にその中でも北方人種的な人々を自国・他国を問わずに集めており、近年ではそうした純血種のみの文明を一から建設すべく火星移住計画など宇宙開発に執心している。
国家指導者は表向きはアドルフ・ヒトラーだが老年性の麻痺で隠居しており、マルチン・ボルマンが首相になっている。作品中盤でボルマン死去に伴いヨーゼフ・ゲッベルスが後任の首相になったが、ラインハルト・ハイドリヒなど党長老らによる権力闘争が続いている。
大日本帝国
アジアと東シベリアを中心としたユーラシア大陸東部に加え、太平洋から北米大陸の西海岸にまで支配権を持つ東の超大国。直轄領は東アジアの一部だが、自国を中心とした大東亜共栄圏を通じて広大な領域を間接的に統治している。
世界の覇権を巡ってナチス・ドイツら東側と対峙しているが、領土はともかく技術的には後塵を拝しており、宇宙開発も南米の開拓に熱中して全く進んでいない。
アメリカ西海岸では占領者の片方として憎まれる一方、ナチスに比べて人種や民族には寛容で、ナチスが根絶を目指すユダヤ教徒にも同情的である。
ファシスト・イタリア(イタリア帝国、en
ナチス・ドイツ最大の同盟国。かつての日独伊による枢軸国の一員として戦勝国となり、バルカン半島アフリカの北部・東部を与えられた。地中海埋立事業によって北アフリカとバルカン半島南部・北アフリカと陸地で結ばれた大陸国家となっていて、欧州地図は大きく塗り替えられた。
戦後の日独冷戦では一貫してドイツに協力している。名目上は三大戦勝国の一つで戦前のスローガン通り「新ローマ帝国」を自称しているが、実態はドイツの衛星国でしかなく日独とは大きく差を付けられている。
ベニト・ムッソリーニが健在かは不明だが、娘婿のガレアッツォ・チアーノが東西陣営の仲介役として行動している。

旧連合国(敗戦国)[編集]

アメリカ合衆国
かつての超大国。ナチス・ドイツの傀儡国家として旧領の内、東海岸のみを支配下に置いている。
宗主国の統治政策を忠実に模倣しており、同じ場所で奴隷解放宣言を出した合衆国議会に人種法を可決させている。
太平洋岸連邦
日本側の北米における傀儡国家。サクラメントを中心としたアメリカ西海岸を統治し、その支配層は「ピノック(拝日派)」と侮蔑されている。
人種や民族に対する差別政策がないため、合衆国領からの亡命者が後を絶たないが、亡命者は日独の条約に基づいて東海岸に引き渡している。
ロッキー山脈連邦
東西海岸の間に位置する、アメリカ中西部を治める国家。
ソヴィエト連邦
敗戦に伴い解体され、旧ロシア帝国時代からのスラブ系住民(ロシア人ウクライナ人ポーランド人など)は全て僻地に一掃されている。
無人となった土地は生存圏政策に基いてナチスが選抜した「アーリア人」が新たに入植しており、今はウクライナ開拓が進んでいる。
イギリス
欧州で最後まで抵抗した末、独伊のイギリス本土上陸とその際のチャーチルによる焦土作戦で凄惨な結末を迎えた。現在はフランスと共にナチス・ドイツの直轄領として占領統治が続いている。

評価[編集]

出版された当時は東西冷戦中であり、米国内で波紋を広げた他、当の枢軸国である日本とドイツに少なくない波紋を広げた。

ドイツ(発表・出版当時の西ドイツ)ではナチスドイツが勝利した世界と言う事から反ナチ法に抵触しているとされ発禁処分となっている。また当時東ドイツとに分断されていた西ドイツにとっては、枢軸におけるドイツ≒連合に置けるソ連という構図も問題とされたとも言われている。

一方で、日本では国内作家による仮想戦記・仮想歴史作品程著名ではないものの、作中で好意的に描かれていることから概ね好意的に受け入れられ、新装版が発売されるほどとなっている。ただしアメリカ人視点におけるステロタイプ的な日本人の描写については、批判的な声もある。

映像化[編集]

2010年に映画化が発表されていたものの、その後は動きがなかった[4]。2013年2月になってアメリカのケーブルテレビ局であるSyfyがドラマ化することを発表した。全4話構成でディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の映画化作品である『ブレードランナー』を監督したリドリー・スコットが製作を担当することになった[5]。しかし、Syfyがドラマ化を断念し、最終的にAmazon studiosがドラマ化することになり、脚本を「Xファイルシリーズ」のフランク・スポットニッツ、演出を『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』のデビッド・セメルが担当しパイロット版が制作されることになった[6]。ジュリアナ・フリンク役として、アレクサ・ダヴァロスが出演することが発表されている[7]

書誌情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハヤカワ文庫が1984年に出版した日本語版のページ数
  2. ^ 1984年版『高い城の男』p393
  3. ^ 1984年版『高い城の男』p393
  4. ^ “リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定”. 映画.com. (2013年2月15日). http://eiga.com/news/20130215/13/ 2013年11月21日閲覧。 
  5. ^ “ニュース:フィリップ・K・ディックの小説「高い城の男」がリドリー・スコット製作でドラマに”. 海外ドラマNAVI. (2013年2月14日). http://dramanavi.net/news/2013/02/k-6.php 2013年11月21日閲覧。 
  6. ^ 米アマゾン・スタジオがフィリップ・K・ディック「高い城の男」をドラマ化”. 映画.com (2014年8月5日). 2014年9月17日閲覧。
  7. ^ P・K・ディック「高い城の男」ドラマ化、主演女優にアレクサ・ダバロス”. 映画.com (2014年9月18日). 2014年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]