高い城の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高い城の男
The Man in the High Castle
著者 フィリップ・K・ディック
訳者 川口正吉
発行日 アメリカ合衆国の旗 1962年1月1日
日本の旗 1965年
発行元 アメリカ合衆国の旗 パトナム社
日本の旗 ハヤカワSFシリーズ
ジャンル 歴史改変SF
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

高い城の男』(たかいしろのおとこ、The Man in the High Castle )は、アメリカSF作家フィリップ・K・ディック歴史改変SF小説

概要[編集]

1962年に発表され、翌1963年ヒューゴー賞 長編小説部門を受賞した。日本では1965年川口正吉によって翻訳され、ハヤカワ・SF・シリーズ早川書房)から刊行された。1984年から新たに浅倉久志の新訳による新装版がハヤカワ文庫から出版された。

作品は、第二次世界大戦枢軸国の勝利に終わり、日本ドイツによって分割占領されているアメリカ合衆国が舞台の人間群像劇である。ここまでは歴史改変SFではよくある設定だが他の作品との最大の違いは、この作品内での世界では「もしも連合国が枢軸国に勝利していたら」、という歴史改変SFが流行している、という事である(ただし、この作品内で流行している「もしも連合国が勝利していたら」という小説の勝利過程・結末は現実のWW2とは多くが異なっている)。作中の日本人は現実離れしているが紳士的で、ドイツは悪役として描かれている。また主な登場人物は易経を行動指針としている。

高い城の男の世界。茶色がドイツ、濃茶がその属国、赤がドイツ寄りの中立国、オレンジがイタリア王国(地中海はドイツの開拓事業によって埋立地となった)、水色がカナダ、濃い緑が大日本帝国、黄緑が大東亜共栄圏(日本の勢力圏)、アメリカは薄赤がドイツの傀儡国家、緑と薄茶が日本の傀儡国家

あらすじ (導入部)[編集]

枢軸国の勝利に終わった第二次世界大戦終結から15年後、アメリカ合衆国大日本帝国とドイツの二大国によって分割統治されていた。他国人によって治められているアメリカ人に最近、流行しているのは、謎の人物『高い城の男』によって執筆された『イナゴ身重く横たわる』というアメリカが第二次世界大戦に勝利していたら…という小説本だった。そんな中、日本の影響下のサンフランシスコにあるアメリカ美術工芸品商会に通商代表部の田上老人が訪れた事から物語は始まる…

評価[編集]

出版された当時は東西冷戦中であり、米国内で波紋を広げた他、当の枢軸国である日本とドイツに少なくない波紋を広げた。

ドイツ(発表・出版当時の西ドイツ)ではナチスドイツが勝利した世界と言う事から反ナチ法に抵触しているとされ発禁処分となっている。また当時東ドイツとに分断されていた西ドイツにとっては、枢軸におけるドイツ≒連合に置けるソ連という構図も問題とされたとも言われている。

一方で、日本では国内作家による仮想戦記・仮想歴史作品程著名ではないものの、作中で好意的に描かれていることから概ね好意的に受け入れられ、新装版が発売されるほどとなっている。ただしアメリカ人視点におけるステロタイプ的な日本人の描写については、批判的な声もある。

映像化[編集]

2010年に映画化が発表されていたものの、その後は動きがなかった[1]。2013年2月になってアメリカケーブルテレビ局であるSyfyがドラマ化することを発表した。全4話構成でディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品である『ブレードランナー』を監督したリドリー・スコットが製作を担当する[2]

書誌情報[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]