パーキーパットの日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーキー・パットの日々』(パーキーパットのひび、The Days Of Perky Pat, 1963年)はフィリップ・K・ディックの短編SF小説浅倉久志訳がハヤカワ文庫から、汀一弘訳が「パーキイ・パットの日々」というタイトルでサンリオSF文庫から刊行されている。後の「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」の原型となった作品。

概要[編集]

核戦争後の荒廃した地球で地下生活を送る人間たち。定期的に送られてくる物資で、大人たちはミニチュアハウスとパーキー・パットという人形の製作と遊戯に耽りながら、かつての古き良き時代をなつかしんでいる。その時代をまったく知らず、家もキュートな女性も知らない子供たちは、そんな大人たちが理解できない。そんなある日、隣町にコニー・コンパニオンという人形の存在を知った大人たちは、パーキー・パットを賭けて勝負を申し込む。接戦の末、パーキー・パットが逆転優勝して、コニー・コンパニオンを獲得する。最初は大歓迎されたコニー・コンパニオンだが、ある重大な事実が発覚したことで、大人たちの間で言い争いが生じてしまう。