ペイチェック 消された記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペイチェック 消された記憶
Paycheck
監督 ジョン・ウー
脚本 ディーン・ジョーガリス
原作 フィリップ・K・ディック
『報酬』
製作 ジョン・デイヴィス
テレンス・チャン
マイケル・ハケット
ジョン・ウー
製作総指揮 ストラットン・レオポルド
デヴィッド・ソロモン
出演者 ベン・アフレック
アーロン・エッカート
ユマ・サーマン
音楽 ジョン・パウエル
撮影 ジェフリー・L・キンボール
編集 ケビン・スティット
クリストファー・ラウズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年12月25日
日本の旗 2004年3月13日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $96,269,812[1]
テンプレートを表示

ペイチェック 消された記憶』(ペイチェック けされたきおく、Paycheck)は、2003年公開のアメリカ映画である。ジョン・ウー監督。

原作はSF作家フィリップ・K・ディックの『報酬』(en, 原題同じ)。日本での公開は、2004年3月13日

ストーリー[編集]

今から遠くない未来の話。フリーのコンピューターエンジニアのマイケル・ジェニングスは、プロジェクトを完成させる度に、機密保持のためそのプロジェクト期間の記憶を消されていた。そんなある日、大企業のオールコム社から100億円もの大金を報酬に提示される。その代償は3年間分の記憶。しかし、記憶を消した後のマイケルが手にしたものは、19個のガラクタが入った紙袋だけだった。さらにマイケルは、FBIやオールコム社のエージェントに追われ始める。

解説[編集]

それまでのジョン・ウー映画の主人公とは違い、主人公が敵を殺さない設定となっている。これはマイケルが普通の技術者であり、人殺しをするのはおかしいという監督の判断によるものである。そのため、ジョン・ウー映画の醍醐味ともいえる暴力描写はかなり控え目な作品となっている。しかし、醍醐味の一つであるアクションシーンもある。なお、この作品には鳥が登場することなど、ヒッチコックの演出のオマージュが散りばめられている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD TV
マイケル・ジェニングス ベン・アフレック 咲野俊介 楠大典
ジミー・レスリック アーロン・エッカート 内田直哉 てらそままさき
レイチェル・ポーター ユマ・サーマン 勝生真沙子 本田貴子
ジョーティー ポール・ジアマッティ 後藤哲夫 牛山茂
ジョン・ウルフ コルム・フィオール 佐々木勝彦
エージェントドッジ ジョー・モートン 仲野裕 岩崎ひろし
エージェントクライン マイケル・C・ホール 山野井仁 木下浩之
リタ・ダン キャスリン・モリス
  • DVD版
その他日本語吹き替え:佐々木梅治八十川真由野林真里花斎藤恵理木藤聡子青山穣樫井笙人吉田孝木村雅史よのひかり竹田雅則大久保利洋

脚注[編集]

  1. ^ a b Paycheck (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]