ウインドトーカーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウインドトーカーズ
Windtalkers
監督 ジョン・ウー
脚本 ジョン・ライス
ジョー・バッター
製作 テレンス・チャン
トレイシー・グレアム
アリソン・R・ローゼンツワイグ
ジョン・ウー
製作総指揮 C・O・エリクソン
出演者 ニコラス・ケイジ
アダム・ビーチ
クリスチャン・スレーター
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ジェフリー・L・キンボール
編集 スティーブン・ケンパー
トム・ロルフ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年6月14日
日本の旗 2002年8月24日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ナバホ語
日本語
製作費 $115,000,000[1]
興行収入 $77,628,265[1]
テンプレートを表示

ウインドトーカーズ』(原題: Windtalkers)は2002年に製作されたアメリカ映画。1944年、太平洋戦争末期のサイパン島を舞台にした、日本軍とアメリカ海兵隊所属のナバホ族(コードトーカー)を守ろうと奔走した隊員達を描いた戦争映画である。3700万米ドルの損失を出し、興行的には失敗した。

ストーリー[編集]

1943年、南太平洋ソロモン諸島ブーゲンビル島。上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長(ニコラス・ケイジ)は、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、自らは負傷しながらも唯一の生き残りとして帰還したが、左耳に重度の障害が残った上に平衡感覚まで失い、ハワイの海軍病院で療養していた。しかし彼は失った仲間のために戦う事を決意し、従軍看護婦リタ(フランシス・オコーナー)と共にリハビリを続け、復帰の為の聴力テストではリタの計らいによって無事合格し、軍へと戻った。復帰した彼は第2偵察隊に配属され、隊長イェルムスタッド(ピーター・ストーメア)、オックス(クリスチャン・スレーター)らに出会う。与えられた任務はタラワキャンプ内ナバホ族暗号通信兵であるヤージ(アダム・ビーチ)とホワイトホース(ロジャー・ウィリー)の援護と秘密暗号の死守だった。

その後1944年6月16日彼ら第2偵察隊はサイパン島に上陸し日本軍と激しい攻防戦を展開。そんな中、共に戦いを乗り越えてゆくエンダーズとヤージの間に友情が芽生え始める。だが進軍した先の日本人村で奇襲に遭遇し、日本軍の捕虜になりかけたホワイトホースをエンダーズは軍の命令に従い殺害してしまう。それに激昂したヤージは我を忘れた様に戦いにのめり込むようになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 テレビ朝日
ジョー・エンダース ニコラス・ケイジ 大塚明夫 小山力也
ベン・ヤージ アダム・ビーチ 森川智之 坂詰貴之
オックス・ヘンダーソン クリスチャン・スレーター 寺杣昌紀 家中宏
チャーリー・ホワイトホース ロジャー・ウィリー 楠見尚己 益富信孝
イェルムスタッド ピーター・ストーメア 内田直哉 村田則男
チック ノア・エメリッヒ 楠大典 後藤哲夫
パパス マーク・ラファロ 江原正士 田中正彦
ネリー マーティン・ヘンダーソン 入江崇史 村治学
ハリガン ブライアン・ヴァン・ホルト 星野充昭 桐本琢也
リタ フランセス・オコナー 佐々木優子 安藤麻吹
メリッツ少佐 ジェイソン・アイザックス 佐々木敏
マーテンス キャメロン・ソール 佐藤晴男
軍医 ケビン・クーニー 辻つとむ
キトリング キース・キャンベル 飯島肇 上別府仁資
ハスビー クレイトン・J・バーバー 江川大輔
タワラキャンプの2等軍曹 スコット・アトキンソン 遠藤純一
ナバホの教官 ビンセント・ホイップル 清水敏孝
SGTコード教官 クリス・デヴリン 大川透
三等曹長 ジェフ・デイヴィス 上田陽司
曹長 新垣樽助
衛生兵 くわはら利晃
小隊付軍曹 中村俊洋
  •  DVD版
翻訳:平田勝茂
その他の声の出演:伊藤昌一得丸伸二大黒和広筒井巧小島敏彦黒田崇矢横尾博之藤原堅一高松潤麻生潤也赤城進宮島岳史掛川公岳白山修三ツ木勇気
演出:松川陸、翻訳:平田勝茂、調整:飯村靖雄、効果:リレーション、制作:東北新社

備考[編集]

  • ヤージのモデルとなった人物は、海兵隊のコードトーカーとして従軍したアレン・デール・ジューン(Allen Dale June)である。2000年にアメリカ議会から議会名誉黄金勲章が授与された。2010年9月10日に死去[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]