リプレイスメント・キラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リプレイスメント・キラー
The Replacement Killers
監督 アントワーン・フークア
脚本 ケン・サンゼル
製作 ブラッド・グレイ
バーリン・ブリスタイン
製作総指揮 ジョン・ウー
テレンス・チャン
クリストファー・ゴドシック
マシュー・ベアー
出演者 チョウ・ユンファ
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ピーター・ライオンズ・コリスター
編集 ジェイ・キャシディ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 COLTRI
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年2月6日
日本の旗 1998年10月31日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000
興行収入 $19,204,929[1]
テンプレートを表示

リプレイスメント・キラー』(原題: The Replacement Killers)は、1998年公開のチョウ・ユンファハリウッド進出第1作である。監督はアントワーン・フークア

ストーリー[編集]

深夜の港の倉庫で行われる麻薬取引現場を押さえるため、現場に張り込んでいた麻薬課刑事スタン・ジーコフ(マイケル・ルーカー)は取引成立の瞬間と同時に現場に踏み込み、チャイニーズ・マフィアを銃撃戦の末追いつめるも、なおも警告を無視して抵抗を試みるピーターという若い男を已むを得ず射殺した。ジーコフに射殺されたピーターの父親は、黒社会で強大な力をもつチャイニーズ・マフィアの首領ミスター・ウェイ(ケネス・ツァン)であった。

ウェイは葬儀を訪れたジーコフに報復を宣言し立ち去った。ウェイはジーコフへの報復を図るべく、己の支配下にある凄腕のスナイパー、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)を呼び寄せ、ジーコフの7歳になる幼い息子スティービーをジーコフの目の前で暗殺せよと命じた。中国にいる母と妹を人質にとられているジョンはこの命令に逆らうことができず、ジーコフの自宅が見渡せる高台の林の中でライフルを構え、その引き金に手を掛け、ジーコフの息子スティービーに照準を合わせた。しかし「心」を持った殺し屋は、引き金を引くことができなかった。

「組織に刃向かった殺し屋には、自らの身に報復の手が回る」ことを知っていたジョンは、黒社会に精通するアランを訪ね、中国の母と妹を安全な場所に逃がしてもらえるように頼んだ。次にジョンは自らの国外逃亡のための偽造パスポートを作るため、銃器ブローカーのエディからウェイの息のかかっていない書類偽造屋であるメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)を紹介され、メグの事務所を訪れるが、そこに待ち受けていたのは、ウェイの側近マイケル・コーガン(ユルゲン・プロホノフ)が差し向けた殺し屋軍団の銃弾の嵐であった。

キャスト[編集]

役名 俳優 ソフト
ジョン・リー チョウ・ユンファ 大塚明夫
メグ・コバーン ミラ・ソルヴィノ 涼風真世
スタン・ジーコフ マイケル・ルーカー 島田敏
テレンス・ウェイ ケネス・ツァン 小山武宏
マイケル・コーガン ユルゲン・プロホノフ 大友龍三郎
リカー ティル・シュヴァイガー 檀臣幸
コリンズ ダニー・トレホ 天田益男
ロコ クリフトン・コリンズ・Jr 後藤敦

出典[編集]

  1. ^ The Replacement Killers (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]