華氏451度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

華氏451度』(かしよんひゃくごじゅういちど、Fahrenheit 451)は、レイ・ブラッドベリによって1953年に書かれたSF小説。日本語タイトルは『華氏四五一度』の表記も存在する。

1966年、フランソワ・トリュフォー監督によって『華氏451』として映画化された。また、フランク・ダラボン監督が新たに映画化を企画中である。

概要[編集]

本の所持や読書が禁じられた、架空の社会における人間模様を描いた作品。題名は(本の素材である)が燃え始める温度(華氏451度≒摂氏233度)を意味している。

ブラッドベリ自身は『この作品で描いたのは国家の検閲ではなく、テレビによる文化の破壊』と2007年のインタビューで述べている。

あらすじ[編集]

舞台は、情報が全てテレビラジオによる画像や音声などの感覚的なものばかりの社会。そこでは本の所持が禁止されており、発見された場合はただちに「ファイアマン」(fireman ― 本来は『消防士』の意味)と呼ばれる機関が出動して焼却し、所有者は逮捕されることになっていた。(表向きの)理由は、本によって有害な情報が善良な市民にもたらされ、社会の秩序と安寧が損なわれることを防ぐためだとされていた。密告が奨励され、市民が相互監視する社会が形成され、表面上は穏やかな社会が築かれていた。だがその結果、人々は思考力と記憶力を失い、わずか数年前のできごとさえ曖昧な形でしか覚えることができない愚民になっていた。

そのファイアマンの一人であるガイ・モンターグ(Guy Montag)は、当初は模範的な隊員だったが、ある日クラリスという女性と知り合い、彼女との交友を通じて、それまでの自分の所業に疑問を感じ始めた。ガイは仕事の現場で拾った数々の本を読み始め、社会への疑問が高まっていく。そして、ガイは追われる身となっていく。

日本語訳書[編集]

関連項目[編集]

  • ディストピア
  • 焚書
  • リベリオン - カート・ウィマー監督のアメリカ映画。本作を原案とする、思考(感情)統制され、書物が焚書される未来を描くSF。
  • 華氏911 - マイケル・ムーア監督のアメリカ映画。題名を本作にちなんだものであることが知られている。
  • 図書館戦争 - 有川浩によるSF小説。テレビアニメ版第6話においては、国家による書籍の検閲及びそれに伴う事実上の内戦状態を予言した「予言書」として、本書が禁書とされているというオリジナル設定がある[1]
  • いしかわじゅんは、本作のパロディとして、やはり本が燃やされた世界で地下組織がその知識を守っているのだが、すでに大部分が失われ、たとえば枕草子は「春はあけぼの」だけになってしまっている、という作品を書いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビアニメ版『図書館戦争』DVD第1巻初回限定版特典別冊付録「DVD SPECIAL BOOKLET」18ページ参照