エンダーのゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンダーのゲーム』(Ender's Game)は、オースン・スコット・カードSF小説。

概要[編集]

エンダーシリーズ (Ender Wiggins Saga) の第一作。

SF誌アナログ1977年8月号に、まず短編版(日本では『無伴奏ソナタ』所収)が発表された。その後、1985年に長編化され出版。長編作品は1985年にネビュラ賞、1986年にヒューゴー賞を受賞し、ダブル・クラウンを達成した。2008年には、PC、コンシューマ機、携帯ゲーム機向けのゲーム化が発表された。

2013年、ギャヴィン・フッド監督により映画化された。(詳細は『エンダーのゲーム (映画)』を参照)

ストーリー[編集]

時は未来。人類は、異星人バガーの二度にわたる太陽系への侵攻を退けた。そして三度目の侵略に備えるため、地球の衛星軌道上にバトル・スクールと呼ばれる施設を設置し、「戦いを終わらせるもの」を養成することに決定した。

その頃、地球では少子化政策により、一家族で2子までしか子供をもうけられなくなっていたが、長男ピーターと長女ヴァレンタインの優秀さから、ウィッギン家には特別に3人目の出産が許された。その3人目こそ、運命の子アンドルー(エンダー)・ウィッギンだった。

天才的な才能を見込まれ、司令官の最有力候補としてわずか6歳でバトル・スクールに編入させられたエンダーは、世界中から集められた優秀な子供たちの中でも桁違いの成績を残し、成長していく。時を同じくして、ピーターとヴァレンタインもネットを利用して、地球上で勢力を広げていた。

単行本[編集]

長編版は長らく絶版状態だったが、2012年の映画化に合わせて田中一江による新訳版が発売された。

  • 『エンダーのゲーム』野口幸夫訳 ハヤカワ文庫SF 1987年11月 ISBN 4-15-010746-7 絶版
  • 「エンダーのゲーム」(短編版)『無伴奏ソナタ』収録 野口幸夫訳 ハヤカワ文庫SF 1985年12月 ISBN 4-15-010644-4

エンダーシリーズ[編集]

長編[編集]

短編[編集]

ラジオドラマ[編集]

2014年1月7日から10日までと13日から16日までの23:54~23:59と1月17日の22:00~23:30にニッポン放送ほか全国ネットで放送された。

外部リンク[編集]