エリザベス・ムーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・ムーン

エリザベス・ムーン(Elizabeth Moon, 1945年1月2日 - )は、アメリカSF作家

2003年自閉症の青年を主人公にした作品『くらやみの速さはどれくらい』でネビュラ賞を受賞し、「21世紀版『アルジャーノンに花束を』」などの評価を受ける[1]。他に日本語訳されたものとしては女船長「カイラーラ・ヴァッタ」のシリーズが、斎藤伯好月岡小穂の訳で出版されている。

作品[編集]

  • The Deed of Paksenarrion
  • Planet Pirates
  • The Legacy of Gird
  • The Serrano Legacy
  • Speed of Darkくらやみの速さはどれくらい
  • Trading in Danger (栄光への飛翔)
  • Marque and Reprisal (復習への航路)
  • Engaging th Enemy (明日への誓い)
  • Command Decision (未訳)

脚注[編集]

  1. ^ 「くらやみの速さはどれくらい」巻末解説より ISBN 978-4525010294