マイクロチップの魔術師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイクロチップの魔術師』(マイクロチップのまじゅつし、原題:True Names)は、ヴァーナー・ヴィンジ原作のSF小説(1981年)。と直接接続されたネットワーク上での匿名の闘争を扱っており、その点からサイバーパンクの先駆けとして知られるが、SFだけでなくロマンティックな要素も含んでいる。

ストーリー[編集]

脳波によるコンピュータとのインターフェースが可能になり、強力なネットワークが形成された社会で、(時に不法に)ネットワークを利用し楽しむ人々がいた。彼等は真の名前を隠しており、「スリッパリー」はそんな一人であった。ある時、彼は政府関係者に真の名前をつきとめられる。政府関係者はスリッパリーを脅し、「郵便屋」と名乗る者の正体を暴き、その目論見を明らかにすることを要求する。巨大な計算機資源を駆使しての闘争の果てに、スリッパリーと協力者の女性が出会ったものは…。

影響[編集]

メタファーを駆使した全世界的な計算機ネットワーク(小説中ではthe Other World「別世界」)。それは現実社会ともリンクし、例えば衛星軌道上のレーザー兵器を操作して特定の個人を抹殺することもできる。そのサイバースペース上で繰り広げられる匿名のハッカー達の活躍。匿名ネットワークの自由と脅威、それに対する国家機関の干渉、計算機科学の究極の可能性を扱い、後のSFに大きな影響をもたらした。単行本には人工知能の権威として知られるマービン・ミンスキーの長大な解説がついている。

こぼれ話[編集]

True Names and the opening of the cyberspace frontierによると、ヴィンジがネットワーク上の匿名社会の可能性について気付き、この小説のプロットを思い付いたのは、当時教鞭を執っていたサンディエゴ州立大学のPDP-11(ミニコンピュータの名機。PDPシリーズ参照)上での匿名TALK(UNIXコマンドの一つ。チャットのようなもの)セッションが切っ掛けだった。匿名ユーザとしてログインしていたヴィンジと、他の匿名ユーザの間で互いに実名(the true name)を明かそうという駆け引きが行われ、お互い相手の探索には失敗したが、セッション終了後、ヴィンジは「これはSFそのものではないか」と思ったという。

原稿はヒースキットLSI-11上でTECOを用いて執筆されたが、初稿は8インチディスケット→5インチディスケット→ハードディスクとデータの引っ越しをしている間に失われてしまった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]