ベルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルン
Bern
Berne
スイスの旗
City of Berne.jpg
ベルンの市章
基礎自治体(Einwohnergemainde)
位置
ベルンの位置の位置図
ベルンの位置
座標 : 北緯46度57分0秒 東経7度27分0秒 / 北緯46.95000度 東経7.45000度 / 46.95000; 7.45000
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton)
Wappen des Kantons Bern
ベルン州
  (Amtsbezirk)
Wappen des Amtsbezirk Bern
ベルン区
 基礎自治体(Einwohnergemainde) ベルン
地理
面積  
  基礎自治体(Einwohnergemainde) 51.6 km2 (19.9 mi2)
標高 542 m (1,778 ft)
人口
人口 (2008年現在)
  基礎自治体(Einwohnergemainde) 129,265人
    人口密度   2505人/km2(6,427人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 3000–3030
市外局番 0351
公式ウェブサイト : http://www.bern.ch/

ベルン(標準ドイツ語(または英語)[1]Bernアレマン語ベルン方言):Bärn [b̥æːrn](ベァールン)、英語 / フランス語Berne(英語は「バーン」、フランス語は「ベルヌ」)[2])は、スイス連邦首都

ベルン州州都でもある。人口は129,265人(2008年)で、チューリッヒバーゼルジュネーヴに次ぐ4番目の規模の都市である。街の語源は: Bär)。市の紋章にもなっている。スイス連邦議会議事堂の所在地であるほか、万国郵便連合などの国際機関も置かれている。ドイツ語圏に属する。

歴史[編集]

ベルン大聖堂

1191年、街はツェーリング大公ベルトルト5世によってアーレ川沿いに創設された。伝えられるところによると、ベルンの名称は公爵が殺した熊に因んで名づけられた。 ベルトルト5世が世継ぎの無いまま亡くなり、ツェーリング家が断絶した後の1218年神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって街は帝国自由都市となり、積極的に周辺領域を購入して都市国家を形成してゆく。

1339年、西スイス貴族層の反発を「ラウペンの戦」での勝利で退け、1353年、初期のスイス連邦に加入し、新しい国家の主導的なメンバーとなった。ベルンは1415年に他の小さな領地と共にアールガウに、1536年ヴォーに侵攻し、それによってアルプス以北で最も大きな都市国家となった。1798年フランス革命中は、フランス軍によって占領され、この時にほとんどの領土を奪われた。1831年、街はベルン州の州都となり、1848年にスイス連邦の首都となった。

街はアーレ川によって形成された半島の西の境の方向に成長していった。1191年から1256年までの間、時計塔(Zytglogge)が、市の西境を表していた。1345年までは、牢獄塔(Käfigturm)が西境の役目を引き継ぎ、その後1622年までクリストフフェル塔(Christoffelturm)がその役目を引き継いだ。三十年戦争の間、大シャンツェ、小シャンツェと呼ばれる2つの新しい城壁が半島地域全体を防御するために建てられた。城壁による防御によって、19世紀に至るまでベルンの市街は順調に成長した。

社会主義者による第一インターナショナル第二インターナショナルの数多くの会議が、特にスイスが中立を保った第一次世界大戦の間に、ベルンで開かれた。

地理[編集]

アーレ川とベルン

国土の中央からやや西寄り、ベルナーアルプスの20km北方に位置する。市の周囲は、氷河期の氷河によって形成された。 アーレ川が形作る半島の小高い丘が市の発祥地であるが、19世紀以降は、多くの橋が建設され、市域は川を越えて拡大した。市域は平坦ではなく、かなりの高低差がある。市の面積の20.2%は農業用地、33.5%は森林である。

近隣の都市として、約80キロ南西にローザンヌ、95キロ北東にチューリヒ、65キロ北にバーゼルが位置している。

人口[編集]

2008年の統計では、人口は129,265人。この内、 21.7 %は外国籍である。 言語別には、

気候[編集]

ベルンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.2
(36)
4.6
(40.3)
8.5
(47.3)
12.6
(54.7)
17.2
(63)
20.6
(69.1)
23.5
(74.3)
22.7
(72.9)
19.4
(66.9)
13.7
(56.7)
7.1
(44.8)
3
(37)
12.9
(55.2)
日平均気温 °C (°F) −1.2
(29.8)
0.5
(32.9)
3.7
(38.7)
7.3
(45.1)
11.5
(52.7)
14.9
(58.8)
17.3
(63.1)
16.4
(61.5)
13.3
(55.9)
8.6
(47.5)
3.1
(37.6)
−0.3
(31.5)
7.9
(46.2)
平均最低気温 °C (°F) −3.7
(25.3)
−2.4
(27.7)
−0.1
(31.8)
3
(37)
6.9
(44.4)
10.1
(50.2)
12.1
(53.8)
11.7
(53.1)
9
(48)
5.3
(41.5)
0.5
(32.9)
−2.6
(27.3)
4.2
(39.6)
降水量 mm (inch) 66
(2.6)
58
(2.28)
70
(2.76)
84
(3.31)
108
(4.25)
121
(4.76)
104
(4.09)
113
(4.45)
84
(3.31)
73
(2.87)
81
(3.19)
67
(2.64)
1,028
(40.47)
平均降水日数 10 9.8 11.3 11.6 13.7 11.8 10 10.9 8.1 8 10.1 10.2 125.5
出典: MeteoSchweiz 8 May 2009

文化[編集]

アインシュタイン特殊相対性理論他の論文を執筆したアインシュタイン・ハウス、時計塔、大聖堂などが有名。またヨーロッパ最長(約6キロ)といわれるアーケードもある。 旧市街地の中心の一角には、市の名称・市の紋章の由来となった熊(ヒグマ)が飼育されている「クマ公園」があったが、現在は旧市街地の東側の川を挟んだ対岸に移されている。

19世紀末に活躍し、世紀末芸術の巨匠と呼ばれる画家フェルディナント・ホドラーの出身地である。

ベルン州立歌劇場は新古典主義建築風様式で1903年9月25日に設立され、初演にはリヒャルト・ワーグナーオペラタンホイザーが公演された。 ホセ・カレーラスレナート・ブルゾンプラシド・ドミンゴジェシー・ノーマンなどが歌っている。

芸術家パウル・クレーが半生を過ごした町で、2005年6月にクレー作品の大規模美術館「ツェントルム・パウル・クレー(パウル・クレー・センター)」がオープンした。

時計塔

世界遺産[編集]

1983年に旧市街が「ベルン旧市街」の名でユネスコ世界遺産(文化遺産)として登録されている。

交通[編集]

ケーブルカー

スポーツ[編集]

スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフは、2005年に立て直されたサッカー球技場で、BSCヤングボーイズの本拠地であり、サッカースイス代表の主な試合会場でもある。

注釈[編集]

  1. ^ 古英語時代の名残り。
  2. ^ ベルヌ条約による。

関連項目[編集]

出身者[編集]

外部リンク[編集]

公式
日本政府
観光
ベルン.