カプセルホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カプセルホテル内の「カプセル」

カプセルホテルは、日本で見られる宿泊施設の形態のひとつで、カプセル状(箱形)の簡易ベッドを提供する宿泊施設である。

旅館業法では、ホテル営業ではなく簡易宿所営業にあたる。

概要[編集]

ビジネスホテルと同様に、都市の繁華街に多く立地している。カプセルホテル単独の施設のほか、サウナ店に併設されるケースも多い。

1979年、ニュージャパン観光大阪府大阪市梅田に初のカプセルホテルとなる「カプセルホテル・イン大阪」を開業した[1]

カプセルホテルを発案したのは、大阪でサウナなどの経営に携わっていた中野幸雄[1]と、社員であった見達和男[2]である。また、設計は建築家黒川紀章が担当したが、これは大阪万博で「カプセル住宅」を展示していたことからオファーを受けたものである。なお、実際の製品化は家具メーカーのコトブキが行った。[1]

設備・施設[編集]

大部屋の中に2段に積まれたカプセル状の簡易ベッドが設置されており、利用者はこのカプセル内に入って就寝する。カプセル中には寝具のほかに照明灯、換気扇、目覚まし時計、ラジオ、小型テレビ(天井から吊される)などを備えている。これらが寝たまま操作できるよう、機能的に配置されている。出入口は部屋の短辺側(足側)にある縦型と、長辺側にある横型が存在し、外部とはブラインドやカーテンで仕切れるようになっている。但し遮音性は全くないため、通路を歩く足音や、他のカプセル内での目覚まし時計のアラームや利用者のいびきなどについての懸念がある。また、カプセルに錠はないので、別に鍵のかかるロッカーが用意されている。

サウナ店などに併設されている場合は24時間入浴が可能な施設も多い。また施設内に設けられているレストランマッサージも24時間利用できるなどといった場合もある。

利用客の傾向[編集]

ビジネスホテルに比べ利用価格が安価なので、ビジネスマンや、個人旅行の若い学生・社会人が経費・旅費の節約を目的として利用することが多い。また予約なしでの飛び込み(ウォークイン)利用ができるので[3]終電車深夜バスなどの交通機関を利用して帰宅することができず、宿泊を余儀なくされた場合に利用する客も多い。ビジネスホテルが満室のため、やむを得ず利用する場合もある。また、日本国外にはこの様な形状のホテルが存在しない[4]ため、主に欧米の観光客が体験的に宿泊するケースもある。

長らく男性用と言うイメージが強かったが、2012年現在、女性の宿泊に対応した施設も見られるようになってきた[1]。また、施設によってはカプセルと通常の個室の両方を備えるところもあるほか、最近はカプセルのほかに机や椅子を設けたパーティションを備えた「キャビンタイプ」と呼ばれる設備を持つカプセルホテルも増えている(この場合、ロッカーもパーティション内に置かれる)。

応用例[編集]

  • 24時間体制のテレビ局ラジオ局本社の報道・放送部門や全国紙本社に設置されている仮眠室ではカプセルホテル形態の設備になっていることがある[5]
  • 太平洋フェリーフェリー、いしかり(2代目)・きたかみではカプセルホテルと同一設備の一人用客室が「A寝台」として供用されている。
    • かつては阪九フェリーの「2等寝台A」でもカプセルホテルの設備を共用していた時期もあった。現在はビジネスホテルのシングルルームに近い形に変更されている。
  • 中国には日本のカプセルホテルをヒントにした賃貸マンション「カプセルマンション」が存在する[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 倉方俊輔 (2012年3月6日). “ふしぎ建築再発見 1 カプセルホテル第1号”. 京都新聞 
  2. ^ テレビ番組『未来創造堂』内「シネマ創造堂」コーナーより。(日本テレビ、2007年1月12日放送)
  3. ^ ビジネスホテルは予約が原則で、飛び込みを積極的に受け入れていない。
  4. ^ 日本の大都市の地価や治安事情などから生まれたものである。
  5. ^ 歌謡コンサートブログ:NHKブログ | 小田切アナ日記 | ラジオ泊まりとは
  6. ^ ヒントは日本、北京で“若者向け”カプセルマンションお目見え サーチナ 2010年4月2日付け記事

関連項目[編集]