梅田望夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うめだ もちお
梅田 望夫
生誕 1960年8月30日(53歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 慶應義塾大学
東京大学大学院
職業 実業家
テンプレートを表示

梅田 望夫 (うめだ もちお、1960年8月30日 - )は、アメリカ合衆国を拠点に事業を行っている日本人IT企業経営コンサルタントである。ミューズ・アソシエイツ(カリフォルニア州ロスアルトス)社長。

人物[編集]

1960年、東京都生まれ[1]1990年代後半よりアメリカ・シリコンバレーでIT事業に携わっており、日本のコンピュータ関連企業の起業家に対する支援や、マネジメント・コンサルティングを行っている。

2006年には著書『ウェブ進化論』でパピルス賞を受賞した。

経歴[編集]

慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て慶應義塾大学工学部を卒業。東京大学大学院情報科学修士課程修了。

1994年、コンサルティング会社アーサー・D・リトルの日本法人に入社した後[1]、1997年にミューズ・アソシエイツ(MUSE Associates, LLC)をシリコンバレーで創業した。さらに、2000年7月には岡本行夫らとベンチャーキャピタルファンドのパシフィカ・ファンド(Pacifica Fund、カリフォルニア州パロ・アルト)を設立した。

2005年3月より株式会社はてなの非常勤取締役。次いで2010年6月より株式会社リコーの社外取締役に就任。

2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト「世界で活躍し『日本』を発信する日本人[2]」の一人に選ばれた。

将棋趣味[編集]

梅田は、実際に将棋を指すことはない「指さない将棋ファン」と自認している[3]。2008年6月11日には棋聖戦佐藤康光棋聖対羽生善治挑戦者)[4]の、2008年10月18、19日にはパリにて行われた竜王戦渡辺明竜王対羽生善治挑戦者)[5]の、リアルタイム・ネット観戦記を担当した。

著書[編集]

  • 『シリコンバレーは私をどう変えたか 起業の聖地での知的格闘記』(2001年、新潮社
  • 『シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土』筑摩書房 2006年
  • 『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』ちくま新書 2006年 
  • 『ウェブ時代をゆく―いかに働き、いかに学ぶか』ちくま新書 2007年
  • 『ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!』(2008年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代』中央公論新社 2009年
  • 『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語』中央公論新社 2010年
  • 『羽生善治と現代 - だれにも見えない未来をつくる』中公文庫 2013年

共著[編集]

  • 『ウェブ人間論』平野啓一郎、新潮新書、2006  
  • 『フューチャリスト宣言』茂木健一郎、ちくま新書、2007  
  • 『私塾のすすめ ここから創造が生まれる』齋藤孝 ちくま新書、2008 
  • 『ウェブで学ぶ ——オープンエデュケーションと知の革命』飯吉透、ちくま新書、2010 

訳書[編集]

  • ノーマン・ワイザーほか『<予測>情報技術の進化とその生産性 実現が間近な「情報統合企業」』ダイヤモンド社 1992

家族[編集]

父は劇作家梅田晴夫、妹は脚本家梅田みか

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]