日野啓三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日野 啓三
(ひの けいぞう)
誕生 1929年6月14日
日本の旗 日本東京都
死没 2002年10月14日(満73歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東京大学社会学
活動期間 1966年 - 2002年
ジャンル 小説評論
文学活動 内向の世代
代表作 『あの夕陽』(1975年)
夢の島』(1985年)
『砂丘が動くように』(1986年)
『台風の眼』(1993年)
主な受賞歴 平林たい子文学賞(1974年)
芥川龍之介賞(1975年)
泉鏡花文学賞(1982年)
芸術選奨(1986年)
谷崎潤一郎賞(1986年)
伊藤整文学賞(1992年)
野間文芸賞(1993年)
読売文学賞(1996年)
日本芸術院賞(2000年)
処女作 『還れぬ旅』(1971年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日野 啓三(ひの けいぞう、1929年6月14日 - 2002年10月14日)は、日本の小説家ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。

経歴[編集]

東京生まれ。5歳の時に父親の仕事のため朝鮮に移り、小中学校時代を慶尚南道密陽で暮らした。1942年にソウルに移って、龍山中学に通う。敗戦後は父親の故郷広島県福山市に引き揚げ、広島県立府中中学校(現広島県立府中高等学校)を経て、1946年に旧制一高入学、この頃野間宏、椎名麟三などの戦後文学に関心を持ち、大岡信、丸山一郎(佐野洋)らと同人誌『二十代』、次いで同じメンバーで『現代文学』を作り、文芸評論を執筆した。

1952年東京大学文学部社会学科卒業し、読売新聞外報部に勤務。この年に『文学界』の新人批評家特集で「荒正人論-虚点という地点について」寄稿、同誌の会合で安岡章太郎吉行淳之介奥野健男ら同世代の作家や批評家と交流する。1960年に軍政下のソウルに特派員として赴任。翌年帰国して直後に離婚、ソウルで知り合った妻と再婚する。1964年にベトナム戦争中のサイゴンに赴任し、開高健らと知り合う。帰国後1966年にベトナム戦争取材記者を題材にした「向こう側」を季刊誌『審美』に発表し作家デビュー。続いて同じくベトナム戦争を題材にした小説を書きながら、ルポルタージュ風エッセイ『ベトナム報道』を書き下しで刊行。1967年に新聞の長期連載のために再度ベトナム取材。

また異国から日本に来た妻との生活も題材にし、1974年高層マンションに住む核家族を描いた短編『此岸の家』で平林たい子文学賞1975年『あの夕陽』で芥川賞受賞。

その後、1982年幻想的作風の『抱擁』で泉鏡花文学賞1986年夢の島』で芸術選奨文部大臣賞、同年『砂丘が動くように』で谷崎潤一郎賞受賞。1987年芥川賞の選考委員に加わる。

1990年に肝臓癌が発見されて摘出手術。1992年、『断崖の年』で伊藤整文学賞1993年、癌治療中の体験を描いた『台風の眼』で野間文芸賞1996年近未来小説『光』で読売文学賞2000年芸術院賞日本芸術院会員。ほかに代表作として『天窓のあるガレージ』がある。

2000年にくも膜下出血で倒れ、歩行が困難となる。2002年10月14日に大腸癌で死去するまで読売新聞社編集委員の地位にあった。葬儀委員長は詩人の大岡信がつとめた。

アニメや漫画に対しても関心を抱き、『伝説巨神イデオン』『装甲騎兵ボトムズ』などに対して相応の評価をした。

長男の日野鋭之介はプロモデラー、原型師。

著作[編集]

  • ベトナム報道 現代ジャーナリズム出版会 1966
  • 存在の芸術 南北社 1967
  • 幻視の文学 三一書房 1968
  • 虚点の思想 永田書房 1968
  • 還れぬ旅 河出書房新社 1971
  • 虚構的時代の虚構 冬樹社 1972
  • 此岸の家 河出書房新社 1974
  • 孤独の密度 冬樹社 1975
  • あの夕陽 新潮社 1975 のち文春文庫、「あの夕陽・牧師館」講談社文芸文庫
  • 私のなかの他人 エッセイ集 文藝春秋 1975
  • 風の地平 中央公論社 1976 のち文庫
  • 漂泊・北の火 河出書房新社 1978
  • 迷路の王国 私という宇宙風景 集英社 1978
  • 鉄の時代 文藝春秋 1979
  • 母のない夜 講談社 1980
  • 蛇のいた場所 集英社 1980
  • 聖なる彼方へ PHP研究所 1981
  • 科学の最前線 学生社 1982
  • 抱擁 集英社 1982 のち文庫
  • 天窓のあるガレージ 福武書店 1982 のち文庫
  • 創造する心 対談集 読売新聞社 1983(「私の世界」シリーズ)
  • 聖家族 河出書房新社 1983
  • 名づけられぬものの岸辺にて 主要全評論 出帆新社 1984
  • 夢を走る 中央公論社 1985 のち文庫
  • 夢の島 講談社 1985 のち文芸文庫
  • 砂丘が動くように 中央公論社 1986 のち文庫、講談社文芸文庫
  • 昭和の終焉 辻井喬との共著 トレヴィル 1986
  • リビング・ゼロ 集英社 1987
  • 階段のある空 文藝春秋 1987
  • きょうも夢みる者たちは… 新潮社 1988
  • 都市の感触 講談社 1988
  • 都市という新しい自然 読売新聞社 1988
  • 向う側 成瀬書房 1988
  • モノリス 写真・稲越功一 トレヴィル 1990
  • どこでもないどこか 福武書店 1990
  • 断崖の年 中央公論社 1992 のち文庫
  • 台風の眼 新潮社 1993 のち文庫
  • 光 文藝春秋 1995
  • 聖岩(ホーリー・ロック)中央公論社 1995 「遥かなるものの呼ぶ声」文庫
  • 生活という癒し ポーラ文化研究所 1996(POLA seminars)
  • 流砂の声 読売新聞社 1996
  • 日野啓三短篇選集 上下 読売新聞社 1996
  • 日野啓三自選エッセイ集 魂の光景 集英社 1998
  • 天池 講談社 1999
  • 梯の立つ都市 冥府と永遠の花 集英社 2001
  • 落葉神の小さな庭で 集英社 2002
  • ユーラシアの風景 ユーラシア旅行社 2002
  • 書くことの秘儀 集英社 2003

翻訳[編集]

  • 火の海の中の蓮華 ベトナムは告発する ニャット・ハン 読売新聞社 1968

参考文献[編集]

  • 自筆年譜(『砂丘が動くように』講談社文芸文庫 1998年)