吉井淳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉井淳二(よしい じゅんじ、1904年3月6日 - 2004年11月23日)は、鹿児島県曽於郡末吉町(現曽於市)出身の洋画家

年譜[編集]

また、晩年の1988年には「福祉を拓き文化を創る」、通称「福祉に文化を」を理念として「絵と彫刻のある憩いの園」加世田アルテンハイムを創設した。郷里鹿児島県社会福祉法人「野の花会」理事長を務めた。

功績[編集]

文化勲章受章者、文化功労者、日本芸術院会員、社団法人二科会名誉理事、サロン・ドートンヌ名誉会員、南日本美術展顧問

代表作品[編集]

  • 「踏切風景」(1927年)
  • 「帽子を被る女」(1936年)
  • 「屋久の娘」(1948年)
  • 「浜の女たち」(1963年)
  • 「水汲」(1964年)
  • 「市場にて」(1977年)
  • 「フェイラ」(1983年)
  • 「村の休憩所」(1985年)