鈴木信太郎 (洋画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人物[編集]

鈴木 信太郎(すずき しんたろう、1895年8月16日 - 1989年5月13日)は、洋画家。 東京生まれ。白馬会洋画研究所で黒田清輝に師事する。二科展に出品し、1936年会員となる。戦後1955年二科会を退会して一陽会を結成し中心的存在として活躍する。1960年日本芸術院賞受賞、1969年日本芸術院会員、1988年文化功労者。明朗な風景画を得意とした。

現在もたびたび展覧会が催され、北里研究所病院内に展示されたり、ケーキ店の包装紙に使われるなど、目にする機会も多い。

フランス文学者の鈴木信太郎とは、同年でもあるため紛れやすい。


略歴[編集]

1895年(明治28年)8月16日、鈴木金蔵、テルの次男として誕生。 祖父の代まで甲州街道の小仏関所で本陣を営み、父の代で八王子に移り、 生糸の仲買などを営んだ。 幼少期の病で左半身が不自由となる。

1906年(明治39年)白馬会洋画研究所に入り黒田清輝に師事。

1913年(大正2年)東京府立織染学校(現東京都立八王子工業高等学校)に入学。 織物図案を2年学ぶ。

1924年(大正13年)第11回二科展に入選。

1955年(昭和30年)二科会を退会。高岡徳太郎らと一陽会を結成。

1960年日本芸術院賞受賞。

1969年日本芸術院会員。勲三等瑞宝章受章。

1988年文化功労者

1989年5月13日、日本赤十字社医療センターにて死去。


著書[編集]

  • 静物画の話 美術出版社, 1951
  • 阿蘭陀まんざい 東峰書房, 1954
  • 鈴木信太郎 美術出版社, 1954 (日本現代画家選 第10)
  • デッサンの技法 小磯良平,宮本三郎共著 美術出版社, 1955
  • 美術の足音今は昔 博文館新社, 1987