金子兜太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金子 兜太(かねこ とうた、1919年大正8年)9月23日 - )は、日本の俳人

来歴[編集]

埼玉県比企郡小川町の母・はるの実家で、1919年9月23日、元春・はるの長男として生まれる。2歳から4歳までその父の勤務地であった上海で過ごす。父は、「伊昔紅」という俳号を持つ俳人でもあった。旧制熊谷中学旧制水戸高等学校文科乙類、東京帝国大学経済学部卒業。高校在学中に全国学生俳誌「成層圏」に参加し、竹下しづの女加藤楸邨中村草田男らの知遇を得る。1941年、加藤楸邨主宰の「寒雷」に投句。1943年、大学を繰り上げ卒業して日本銀行に入行。海軍経理学校に短期現役士官として入校、海軍主計中尉に任官、ラバウルなどに従軍を経て1947年に復職。在職中は労働組合の専従事務局長を務めた[1]

1946年沢木欣一の「」創刊に参加。戦後の前衛俳句の旗手として頭角を現し、社会性俳句運動の主導者となる。1951年、福島の藤村多加夫の持ち家に住みながら「波郷と楸邨」を『俳句研究』に執筆した。1961年、『造型俳句六章』において、主体がメタファーを通して対象のイメージを感得するという「造形」の理念を提唱。また小林一茶種田山頭火を論じ、漂泊詩人の再評価も行った。1962年、同人誌「海程」を創刊(1985年より結社誌)、主宰。主な句集に『少年』(1955年)、『金子兜太句集』(1961年)、『蜿蜿』(1968年)、『遊牧集』(1981年)、『詩経国風』(1985年)、『両神』(1995年)、『東国抄』(2001年)がある。

1955年より日本ペンクラブ会員。1974年、日本銀行を退職。上武大学教授(79年辞職)。1983年より現代俳句協会会長、1987年より朝日俳壇選者、2005年より日本芸術院会員。一ツ橋綜合財団理事。

代表句[編集]

  • 曼珠沙華どれも腹出し秩父の子(『少年』、1955年)
  • 銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく(『金子兜太句集』、1961年)
  • 彎曲し火傷(かしょう)し爆心地のマラソン(『金子兜太句集』、1961年)
  • 人体冷えて東北白い花盛り(『蜿蜿』、1968年)
  • 梅咲いて庭中に青鮫が来ている(『遊牧集』、1981年)
  • おおかみに蛍が一つ付いていた(『東国抄』、2001年)

など。

受賞[編集]

著作・作品集[編集]

  • 『種田山頭火 漂泊の俳人』 講談社現代新書、1974年8月。
  • 『金子兜太全句集』 立風書房、1975年5月。
  • 『黄 金子兜太句集』 ふらんす堂、1991年7月。
  • 『他流試合 兜太・せいこうの新俳句鑑賞』 いとうせいこうとの共著。講談社、2001年4月。
  • 『金子兜太集』第1巻 筑摩書房、2002年4月。ISBN 4-480-70541-4
  • 『金子兜太集』第2巻 筑摩書房、2002年2月。ISBN 4-480-70542-2
  • 『金子兜太集』第3巻 筑摩書房、2002年1月。ISBN 4-480-70543-0
  • 『金子兜太集』第4巻 筑摩書房、2002年3月。ISBN 4-480-70544-9

親交・ゆかり[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【朝日】2012年6月7日付夕刊5面『人生の贈り物』欄より

外部リンク[編集]