幸田文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幸田 文(こうだ あや、1904年明治37)9月1日 - 1990年平成2年)10月31日)は、日本随筆家小説家日本藝術院会員。

来歴[編集]

作家の幸田露伴、母幾美(きみ)の次女として東京府南葛飾郡寺島村(現在の東京都墨田区東向島)に生まれる[1][2]。1910年、5歳のとき母を失い、のち1912年、8歳のとき姉の歌、1926年、22歳のときに弟の成豊(しげとよ)も失う[1][2]。1912年に露伴が児玉八代(やよ)と再婚。1917年に寺島小学校を卒業。東京女子高等師範学校受験に失敗するが、八代のつてにより女子学院に入学[3][4]。その年の夏休みから露伴による生活技術の教育を受けるようになる[1][2][5]

1928年、24歳で清酒問屋三橋家の三男幾之助と結婚し翌年娘の玉(青木玉)が生まれる[1][2]。しかし、結婚から8年後、家業が傾き廃業[6]。1936年、築地で会員制小売り酒屋を営む[7]も1938年に離婚、娘の玉を連れ父のもとに戻る[1][2]。戦時中には、露伴の生活物資の確保のために働き(その一端は青木玉の回想記『小石川の家』(講談社のち文庫化)に詳述されている)、少女時代から露伴にしこまれた生活技術を実践していった。

1947年、露伴没後に、露伴の思い出や看取りの記を中心にした『雑記』『終焉』を発表。のち『父』、『こんなこと』、1949年には幼少時の思い出を書いた『みそっかす』を連載するなどの随筆集を出版し注目された。しかし、1950年に断筆宣言[8]をし、翌年柳橋芸者置屋に住み込み女中として働いたが、病のため約2ヶ月で帰宅する[2]。そのときの経験をもとにして1955年より連載した長編小説『流れる』(1956年刊行)で1956年に第3回新潮社文学賞受賞、1957年に昭和31年度日本芸術院賞を受賞した[2][9]。また、『黒い裾』で1956年に第7回読売文学賞受賞、『闘』で第12回女流文学賞を受賞した[1]。1976年に日本芸術院会員となった[1]

晩年には、奈良斑鳩町法輪寺の三重塔再建に尽力した。

1988年5月に脳溢血により自宅で療養、1990年10月31日心不全のため死去、86歳没[1]。 従四位勲三等瑞宝章追贈[10][11]

幸田が筑波大学附属小学校の日本庭園「占春園」に植樹したことを示す看板

雑記[編集]

  • 「雑記」の執筆
    晩年の露伴の助手として露伴家に通っていた土橋利彦塩谷賛)の紹介により、雑誌「藝林閒歩」編集者野田宇太郎から1947年(昭和22年)8月1日発行の「露伴先生記念号」に80歳の露伴の近況を書いて欲しい、という依頼による。露伴存命中の同年4月、5月に書かれたものであり、文は露伴の眼に入るのを恐れていたが、実際には発行直前の同年7月30日に露伴が死去したためこの雑誌を眼にすることはなかった[3]
  • 幸田格子
    幸田格子とは、中央公論社版『幸田文全集』の表紙カバーとなった織物の柄であり、「茶と薄鼠(うすねず)の子持ち格子」である[12][13]。幸田文と好みの柄である縞の着物[14]の組合せ、というコンセプトから全集のための表紙布として使われた。染織家浦野理一の作。使われた織物はすべて手織りであった[12]。なお、全集完結記念として「幸田格子一反を百名様に贈呈」という企画も行われた[15]
  • 父の出身校でもある筑波大学附属小学校に併設されている「占春園」に「小鳥の好きな実のなる木」を植えた。
  • 文没後、一人娘の青木玉は『小石川の家』を刊行。また、岩波書店版『幸田文全集』の編纂にも加わった。また、平凡社で編著『幸田文しつけ帖』など、新潮社で『幸田文の箪笥の引き出し』も出している。孫の青木奈緒もドイツ文学出身の随筆家。
  • 2013年10〜12月、世田谷文学館にて、初の本格的展覧会『「幸田文」展 -会ってみたかった。』が開催された[16]

著作[編集]

  • 『父 その死』 中央公論社、1949、のち『父・こんなこと』新潮文庫 
  • 『こんなこと』 創元社、1950 
  • 『みそつかす』 岩波書店、1951 のち岩波文庫 
  • 『黒い裾』 中央公論社、1955 のち新潮文庫、講談社文芸文庫  
  • 『さゞなみの日記』 中央公論社、1956 のち講談社文芸文庫  
  • 『ちぎれ雲』 新潮社、1956 のち講談社文芸文庫 
  • 『包む』 文藝春秋新社、1956 のち講談社文芸文庫  
  • 流れる』 新潮社、1956 のち新潮文庫  
  • おとうと』 中央公論社、1956 のち新潮文庫 
  • 『<流れる>おぼえがき』 塩谷賛編 経済往来社、1957
  • 『笛』 中央公論社、1957 
  • 『身近にあるすきま』 1957 角川新書
  • 『幸田文全集』 全7巻 中央公論社、1957-59  
  • 『猿のこしかけ』 新潮社、1958 のち講談社文芸文庫  
  • 『番茶菓子』 東京創元社、1958 のち講談社文芸文庫  
  • 『駅』 中央公論社、1959 のち講談社文芸文庫  
  • 『草の花』 中央公論社、1959 のち講談社文芸文庫  
  • 『北愁』 新潮文庫、1972 復刊1998、初刊『現代の文学 幸田文集』河出書房新社 のち講談社文芸文庫、2013年
  • 『闘』 新潮社、1973 のち文庫 
  • 『新潮日本文学 幸田文集』 新潮社、1973
  • 『現代日本文学 幸田文集』 筑摩書房、1977
 没後
  • 『崩れ』 講談社、1991 のち講談社文庫 
  • 『木』 新潮社、1992 のち新潮文庫  
  • 『台所のおと』 講談社、1992 のち講談社文庫、岩波少年文庫(青木奈緒編)  
  • 『季節のかたみ』 講談社、1993 のち講談社文庫 
  • 『きもの』 新潮社、1993 のち新潮文庫 
  • 『雀の手帖』 新潮社、1993 のち新潮文庫  
  • ちくま日本文学全集 51 幸田文』 筑摩書房、1993.4、のち 『ちくま日本文学 005 幸田文』 筑摩書房、2007.11
  • 『月の塵』 講談社、1994 のち講談社文庫  
  • 『動物のぞき』 新潮社、1994 のち文庫
  • 『幸田文全集』 全24巻、岩波書店、1994-97
    • 『幸田文全集 別巻』 岩波書店、2003 
  • 『幸田文 対話』 岩波書店、1997 のち増補版として岩波現代文庫(上下)
  • 『回転どあ・東京と大阪と』 講談社文芸文庫 2001.2.
  • 『ふるさと隅田川』 金井景子編、ちくま文庫 2001.1.
  • 『幸田文きもの帖』 青木玉編 平凡社, 2009.4.
  • 『幸田文しつけ帖』 青木玉編 平凡社, 2009.2.
  • 『幸田文台所帖』 青木玉編 平凡社 2009.3.
  • 『幸田文季節の手帖』 青木玉編 平凡社, 2010.2.
  • 『幸田文旅の手帖』 青木玉編 平凡社 2010.3.
  • 『幸田文どうぶつ帖』 青木玉編 平凡社 2010.4.
  • 『精選女性随筆集 第一巻 幸田文』 川上弘美選、文藝春秋社、2012.2

参考文献[編集]

  • 青木玉 『小石川の家』 講談社、1994年 のち講談社文庫、1998年
  • 『新潮日本文学アルバム68 幸田文』 新潮社、1995年1月
  • 青木玉 『幸田文の箪笥の引き出し』 新潮社、1995年5月、のち文庫
  • 東京人 january 1996 no.100 - 特集「幸田家の人びと。」明治の遺産』 都市出版、1995年12月
  • 金井景子ほか編 『幸田文の世界』 翰林書房、1998年10月
  • 『Kawade夢ムック 文藝別冊 幸田文没後10年 総特集』 河出書房新社、2000年12月
  • 深谷考編 『幸田文のかたみ』 青弓社、2002年10月
  • 由里幸子 『女性作家評伝シリーズ 幸田文』 新典社、2003年9月
  • 村松友視 『幸田文のマッチ箱』 河出書房新社、2005年7月、のち文庫
  • 藤本寿彦 『幸田文「わたし」であることへ‐「想ひ出屋」から作家への軌跡をたどる』 翰林書房、2007年
  • 岸睦子 『日本の作家100人 幸田文 人と文学 』 勉誠出版、2007年10月
  • 橋本敏男 『幸田家のしつけ』 平凡社新書、2009年2月
  • 青木奈緒 『幸田家のきもの』 講談社、2011年2月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 幸田文 『北愁』 講談社文芸文庫、2013年、年譜
  2. ^ a b c d e f g 『幸田文展 図録』 世田谷文学館、2013年、年譜
  3. ^ a b 由里幸子 「不和の家」「文豪の記録」『女性作家評伝シリーズ13 幸田文』 新典社、2003年
  4. ^ 「落第と入学」『草の花』講談社現代文庫
  5. ^ 義母八代がリウマチのため家事が困難になってきていたことも理由
  6. ^ 村松友視 『幸田文のマッチ箱』
  7. ^ 東京朝日新聞でとりあげられた。昭和11年12月26日号記事「酒仙・露伴博士の 令嬢が酒店を開業 奥様業から街頭に」
  8. ^ 夕刊毎日新聞、1950年4月14日号記事「私は筆を断つ」
  9. ^ 成瀬巳喜男によって映画化された『流れる』は1956年に第11回芸術祭文部大臣賞を受賞している
  10. ^ 岸睦子『日本の作家100人 幸田文』 p.201
  11. ^ 『新潮日本文学アルバム 幸田文』 p.94
  12. ^ a b 青木奈緒 「本のきもの」『幸田家のきもの』 講談社
  13. ^ 『新潮日本文学アルバム 幸田文』 p.75
  14. ^ 『幸田文の箪笥の引き出し』 p.129
  15. ^ 「幸田格子一反を百名様に贈呈 -中央公論社版全集と幸田格子-」『幸田文の世界』
  16. ^ 世田谷文学館 プレスリリース