東郷青児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1954年頃

東郷 青児(とうごう せいじ、1897年明治30年)4月28日 - 1978年昭和53年)4月25日)は日本洋画家。本名は東郷 鉄春。夢見るような甘い女性像が人気を博し、本や雑誌、包装紙などに多数使われ、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した。派手なパフォーマンスで二科展の宣伝に尽力し、「二科会のドン」と呼ばれた[1]

独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名だが、通俗的過ぎるとの見方もある。後期には版画彫刻も手掛けた。雑貨のデザインや本の装釘も数多い。

なお、彼の画風は弟子にあたる安食一雄に受け継がれている。 ダンディで社交的であったことから女性スキャンダルも少なくなく、愛人のひとり、作家の宇野千代の『色ざんげ』は、東郷をモデルにしている。

年譜[編集]

  • 1897年(明治30年) - 鹿児島市に生まれる。幼少時に一家は東京に転居。余丁町小学校では林武と同級。
  • 1914年大正3年) - 青山学院中等部を卒業。青児の名前の由来はここからきていると言われている[2]。このころ日本橋呉服町竹久夢二が開いた「港屋絵草紙店」に出入りし、下絵描きなどを手伝う[3]
  • 1915年(大正4年) - 山田耕筰の東京フィルハーモニー赤坂研究所の一室で制作。日比谷美術館で初個展[3]、この頃有島生馬を知り、以後師事。
  • 1916年(大正5年) - 第3回二科展に初出品した『パラソルさせる女』により二科賞を受賞[3]
  • 1920年(大正9年) - 永野明代(はるよ)と結婚
  • 1921年(大正10年)から1928年(昭和3年)までフランスに留学。リヨン美術学校に学ぶ。この頃の作品には、ピカソらの影響が見られる。長男の志馬誕生。
  • 1928年(昭和3年) - 第15回二科展に留学中に描いた作品23点を出品、第1回昭和洋画奨励賞を受賞[3]
  • 1929年(昭和4年) - 既婚のまま2月に中村修子と結婚披露宴を挙げ[4]、3月に愛人の西崎盈子(みつこ)とメス頸動脈を切り、ガス自殺をはかったが、救出される[5]宇野千代同棲を始める(宇野の『色ざんげ』は東郷をモデルにした主人公が自らの情死未遂事件を語るというもので、のちに東郷は「この作品は最後の一行まで僕の話したことだ」と語っている[6])。
  • 1930年(昭和5年) - ジャン・コクトーの『怖るべき子供たち』を翻訳、白水社より刊行。
  • 1931年(昭和6年) - 二科会入会[3]
  • 1933年(昭和8年) - 宇野千代と別れ、妻の明代とも離婚。情死未遂事件の相手、みつ子と翌年結婚。
  • 1938年(昭和13年) - 二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治と共に顧問になる。
娘・たまみ(1954年)

著書[編集]

  • 『半未亡人』新太陽社 1948年
  • 『ロマンス・シート』出版東京 1952年
  • 『恋愛散歩』鱒書房 1955年
  • 『いろざんげ』河出書房 1956年
  • 『新男女百景』東西文明社 1958年
  • 『私の奇妙な友人たち』山王書房 1967年
  • 『東郷青児―他言無用』日本図書センター 1999年(73年刊「他言無用」の改題)

画集・評論等[編集]

  • 『画集 東郷青児』 毎日新聞社、1971年
  • 『美術特集 東郷青児』 アサヒグラフ別冊 1977春、朝日新聞社、1977年
  • 田中穣著『心淋しき巨人 東郷青児』新潮社 1983年
  • 『生誕100年記念 東郷青児展 図録』 産経新聞社、1998年
  • 中島啓子編 『東郷青児作品集』 損保ジャパン東郷青児美術館、2003年
  • 野崎泉編 『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』 河出書房新社、2009年、ISBN 9784309727660

演じた俳優[編集]

出典[編集]

  1. ^ テレビ東京「美の巨人たち」2004年4月10日放送
  2. ^ 野崎泉編『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』p42、 また、「喙(くちばし)が青い」という意味も込められているという
  3. ^ a b c d e f g h i 野崎泉編 『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』 年譜
  4. ^ 澤地久枝『完本 昭和史のおんな』文藝春秋
  5. ^ Art Access
  6. ^ 宇野千代『色ざんげ』論荒井真里亜
  7. ^ 「東郷たまみ略歴」ギャラリー夏目
  8. ^ 「父・東郷青児の性愛日記を公開(手記=東郷たまみ)」PENTHOUSE 1983.12号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]