小川未明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小川 未明 (おがわ みめい、1882年明治15年)4月7日 - 1961年昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。本名は小川 健作(おがわ けんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる。娘の岡上鈴江も児童文学者。

なお「未明」は、正しくは「びめい」とよむ。

来歴[編集]

新潟県高田(現上越市)に生まれる。父澄晴はかつて修験者だった。上杉謙信の熱烈な崇拝者でもあった澄晴は、上杉神社を創建するため奔走した。

旧制高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京専門学校(早稲田大学の前身)専門部哲学科を経て大学部英文科を卒業、坪内逍遙島村抱月から指導を受け、また出講していたラフカディオ・ハーンの講義に感銘を受け、卒業論文ではハーンを論じた。在学中、ロシア文学に親しみ、またナロードニキの思想に関心を寄せた。

上越市立大手町小学校体育館裏にある石碑。『野ばら』の一節が書かれている。

在学中の1904年(明治37年)、処女作「漂浪児」を雑誌『新小説』に発表し注目される。この時、逍遥から「未明」の号を与えられる。卒業直前に『新小説』に発表した「霰に霙」で小説家として一定の地位を築く。卒業後、早稲田文学社に編集者として勤務しながら、多くの作品を発表する。

作品は清潔なものが多く、1916年(大正5年)に「遊蕩文学」論争が起きた時、遊蕩を描かない小説家は漱石と小川未明くらいだと言われた。

1925年(大正14年)には早大童話会を立ち上げる。1926年(大正15年)、東京日日新聞に「今後を童話作家に」と題する所感を発表し童話専念を宣言する。一説には師の逍遥から小説家としての限界を指摘されたからとも言われる。1946年(昭和21年)に創立された日本児童文学者協会の初代会長を務め、1951年(昭和26年)に文化功労者を選定、1953年(昭和28年)には芸術院会員に推挙された。

しかし同年、ともに童話会の会員だった鳥越信古田足日の二人を中心をした「少年文学宣言」が発表され、未明と浜田広介は、古い児童文学として否定されるという、苦渋の晩年も送った。

1961年(昭和36年)に79歳で死去した。

長篇よりもむしろ短編作品に才能を発揮した。童話の代表作としては、「金の輪」(『労働文学』1919年4月)、「赤い蝋燭と人魚」(『朝日新聞』1921年2月16日~20日)、「月夜と眼鏡」(『赤い鳥』1922年7月)、「野薔薇」(『小さな草と太陽』、赤い鳥社、1922年9月)など。その多作ぶりから「日本のアンデルセン」とも評される。

現在でも容易に入手できる童話作品集として、新潮文庫に収録されている『小川未明童話集』改版(2003年5月。ISBN 4-10-110001-2)、北川幸比古・鬼塚りつ子編『小川未明童話集-名作10話』(世界文化社、2004年3月。ISBN 4-418-04806-5)など多数出版されている。

没後、小川未明文学賞が創設された。

人物[編集]

坪田譲治によれば、非常に短気な性格だったという。料理店や屋台でもさっさと注文し、さっさと酒を飲み、「坪田君、行こうかね」といった調子だったらしい。将棋を指すのも大変早く、見る間に勝負がついた。人間関係でも長引く付き合いやうるさい人間を特に嫌った。壺の蒐集と盆栽を趣味としたが、気に入ったものを見かけると一刻の猶予もできずに物を売ってでも購入するかと思えば、飽きるとどんなに骨を折り購入したものでもさっさと人にやったり、骨董屋へ売り飛ばしたりし、目の前へ置くことすら嫌ったという。未明の童話がほとんど短編なのは発表の場が雑誌だったことによるが、この短気な性格によるところも大きいと坪田は指摘する。

初期著作[編集]

  • 『愁人』 隆文館、1907年
  • 『緑髪』 隆文館、1907年
  • 『惑星』 春陽堂、1909年
  • 『赤い船』 京文堂、1910年
  • 『物言はぬ顔』 春陽堂、1912年
  • 『北国の鴉より』 岡村盛花堂、1912年
  • 『魯鈍な猫』 春陽堂、1912年
  • 『白痴』 文影堂書店、1913年
  • 『底の社会へ』 岡村書店、1914年
  • 『夜の街にて』 岡村盛花堂、1914年
  • 『あの山越えて』 尚栄堂、1914年
  • 『石炭の火』 千章館、1914年
  • 『雪の線路を歩いて』 岡村書店、1915年
  • 『小作人の死』 春陽堂、1918年
  • 『青白む都会』 春陽堂、1918年
  • 『血で描いた画』 新潮社、1918年
  • 『描写の心得』 春陽堂、1918年
  • 『悩ましき外景』 天佑社、1919年
  • 『不幸な恋人』 春陽堂、1920年
  • 『赤き地平線』 新潮社、1921年
  • 赤い蝋燭と人魚』 天佑社、1921年
  • 『雨を呼ぶ樹』 南郊社、1921年
  • 『小さな草と太陽』 赤い鳥社、1922年
  • 『生活の火』 精華書院、1922年
  • 『気まぐれ人形師』 七星社、1923年
  • 『人間性のために』 二松堂書店、1923年
  • 『彼等の行く方へ』 総文館、1923年
  • 『紅雀』 集成社、1923年
  • 『あかいさかな』 研究社、1924年
  • 『ある夜の星だち』 イデア書院、1924年
  • 『芸術の暗示と恐怖』 春秋社、1924年
  • 『堤防を突破する浪』 創生堂、1926年
  • 『小川未明選集』 全6巻』 未明選集刊行会、1925–26年
  • 『未明感想小品集』 創生堂、1926年
  • 『兄弟の山鳩』 アテネ書院、1926年
  • 『未明童話集』 全5巻』 丸善、1927–31年
  • 『常に自然は語る』 日本童話協会、1930年
  • 『青空の下の原つぱ』 六文館、1932年
  • 『童話雑感及小品』 文化書房、1932年
  • 『童話と随筆』 日本童話協会出版部、1934年
  • 『女をめぐる疾風』 不二書房、1935年

全集[編集]

  • 『定本小川未明童話全集』 全16巻、講談社、1976–78年(大空社から復刻)
  • 『定本小川未明小説全集』 全6巻、講談社、1979年

参考文献[編集]

  • 岡上鈴江『父小川未明』 新評論、 1970年(2002年に復刻)
  • 岡上鈴江『父未明とわたし』 樹心社、1982年
  • 新潮日本文学アルバム『小川未明』 新潮社、1996年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]