是枝裕和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これえだ ひろかず
是枝 裕和
是枝 裕和
生年月日 1962年6月6日(52歳)
出生地 日本の旗 東京都練馬区
職業 映画監督テレビドキュメンタリー演出家
ジャンル 映画、テレビ
活動期間 1995年 -
配偶者 既婚[1]
事務所 分福
公式サイト KORE-EDA.com
主な作品
映画
幻の光
DISTANCE
誰も知らない
歩いても 歩いても
そして父になる

是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年6月6日 - )は日本の映画監督テレビドキュメンタリー演出家。

来歴・人物[編集]

曾祖父は薩摩藩の出身。東京都練馬区生まれ[2]東京都立武蔵高等学校卒業。駿台予備学校現代文を担当していた、「イイタイコト」で知られる藤田修一に影響を受ける。1987年早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。

番組制作会社テレビマンユニオンに入社し、テレビ番組のADをしながらドキュメンタリー番組の演出家をつとめる[3]。1995年に『幻の光』で映画監督デビュー。新作を発表するたびに多くの国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を受ける映画監督の一人である。若手監督のプロデュースや、CM作品、ミュージックビデオの演出も手がけている。

主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。

2005年より立命館大学産業社会学部客員教授。2013年2月現在、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員を務める[4]

監督作品[編集]

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビドキュメンタリー[編集]

  • NONFIXフジテレビ
    • しかし… 福祉切り捨ての時代に(1991年)
    • もう一つの教育〜伊那小学校春組の記録〜(1991年)
    • 公害はどこへ行った…(1991年)
    • 日本人になりたかった…(1992年)
    • 侯孝賢とエドワード・ヤン(1993年)
    • 彼のいない八月が(1994年)
    • シリーズ憲法 〜第9条・戦争放棄「忘却」〜(2006年)
  • 心象スケッチ それぞれの宮沢賢治(1993年、テレビ東京ドキュメンタリー人間劇場』)
  • 記憶が失われた時…〜ある家族の2年半の記録〜(1996年、NHK
  • いのちの響(出演、1999年、TBS
  • 歩くような速さで〜37,319人のオーディション(2002年、日本テレビ
  • 私がこどもだった頃 谷川俊太郎篇(2008年、NHK
  • あの時だったかもしれない 〜テレビにとって「私」とは何か〜(2008年、BS-i、TBS『報道の魂』)
  • 悪いのはみんな萩本欽一である(2010年、フジテレビ『チャンネルΣ』)
  • 未来への手紙2014〜あれから3年たちました〜(2014年、NHK)[6]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

プロデュース作品[編集]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

ドキュメンタリー作品において、ギャラクシー賞ATP賞などを数多く受賞。

推薦図書[編集]

  • 姜尚中著「心の力」(集英社新書)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 是枝裕和監督、加瀬亮主演のテレビドラマ「後の日」が第59回サンセバスチャン国際映画祭で招待上映”. シネマトゥデイ (2011年9月24日). 2014年5月18日閲覧。
  2. ^ https://twitter.com/hkoreeda/status/104847170456395776
  3. ^ 山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 12
  4. ^ 委員会説明 | BPO | 放送倫理・番組向上機構、2013年2月15日参照。
  5. ^ 渡邊玲子 (2013年10月10日). “是枝裕和監督インタビュー 福山雅治主演『そして父になる』 父とは何かを考える。”. dacapo the web-magazine. 2014年5月18日閲覧。
  6. ^ 是枝裕和が初めて震災をテーマに…『未来への手紙2014〜あれから3年たちました〜』”. テレビドガッチ (2014年2月28日). 2014年5月18日閲覧。
  7. ^ NONFIX : 扉の向こう 〜エレファントカシマシ・宮本浩次という生き方〜 - フジテレビ
  8. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]