澤井信一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

澤井 信一郎(さわい しんいちろう、1938年8月16日 - )は、日本映画監督

静岡県浜松市出身。1961年、東京外国語大学ドイツ科卒業。同年東映入社。入社後は、マキノ雅弘に師事。鈴木則文らにつき助監督の経験を20年余り積む。その間、58本の作品についたことで有名。脚本・助監督を務めた「トラック野郎」が東映の看板シリーズとして5年間君臨した。

  *『映画の呼吸~澤井信一郎の監督作法』澤井信一郎+鈴木一誌(ワイズ出版2006)参照。 

1981年、「野菊の墓」で監督デビュー。1984年、自身にとって初の特撮作品となる『宇宙刑事シャイダー』を監督。『Wの悲劇』の撮影とスケジュールが重なったため都合4本しか監督していないが、挿入歌「不思議ソング」のコンセプトを提案する[1]など、作品の世界観の確立に貢献している。

1985年、47歳の時、監督3作目『早春物語』で日本映画監督協会新人賞を受賞。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の作品[編集]

著書[編集]

主な受賞歴[編集]

  • 第39回毎日映画コンクール
    • 脚本賞 『Wの悲劇』(荒井晴彦との共同執筆)
  • 第9回日本アカデミー賞
    • 最優秀監督賞 『早春物語』/『Wの悲劇』
  • 第17回日本アカデミー賞
    • 優秀監督賞 『わが愛の譜 滝廉太郎物語』
    • 優秀脚本賞 『わが愛の譜 滝廉太郎物語』

脚注[編集]

  1. ^ 作曲者の渡辺宙明に「不気味ではなく不思議」と何度も念を押したという。