李相日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
り さんいる
李 相日
生年月日 1974年1月6日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 新潟県
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1999年 -
活動内容 映画

李 相日(イ・サンイル又はリ・サンイル、이상일/리상일1974年1月6日 - )は、日本を拠点に活動する、新潟県出身の映画監督

経歴[編集]

新潟県生まれの在日コリアン三世。父は新潟朝鮮初中級学校で教師をしていた。4歳の頃、一家で横浜に移り住み、小学校から高校まで横浜の朝鮮初級学校、中級学校、高級学校に通い、高校3年に進級するまでは野球部に所属した。神奈川大学経済学部卒業間際に、アルバイトでVシネマの製作に参加したのがきっかけとなり、卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)に入学。

卒業制作作品『青〜chong〜』がぴあフィルムフェスティバルでグランプリを含む史上初の4部門を独占。その後、数年間フリーの助監督として活動し、シネカノン李鳳宇が企画・製作した2002 FIFA World Cup Korea/Japanのドキュメンタリー映画では、何台かあるカメラのうちの一台の撮影も担当している。

ぴあスカラシップ作品として制作された『BORDER LINE』で高い評価を得て、原作・村上龍×脚本・宮藤官九郎69 sixty nine』の監督に抜擢。『スクラップ・ヘブン』の後、『フラガール』で、第80回キネマ旬報ベストテン・邦画第1位及び第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞および文化庁芸術選奨新人賞を受賞。

監督作品[編集]

受賞歴[編集]

フラガール
第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞
芸術選奨新人賞
悪人
第34回日本アカデミー賞優秀監督賞
第34回山路ふみ子映画賞

外部リンク[編集]