東陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東 陽一(ひがし よういち、1934年11月14日 - )は日本映画監督脚本家和歌山県出身。早稲田大学第一文学部英文学科卒。

経歴[編集]

早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社し、助監督として多く黒木和雄作品についたが、1962年、助監督のまま退社してフリーランスとなり、短編映画『A FACE』(1963年)で監督デビューした。 長編第一作はさまざまな論議を呼んだドキュメンタリー作品『沖縄列島』(1969年)。つづく初の劇映画『やさしいにっぽん人』(1971年)で日本映画監督協会新人賞を受賞、劇映画三作目の『サード』(1978年)ではキネマ旬報ベストワン、ブルーリボン賞芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞し、映画監督としての地歩を固めた。

1979年に公開された『もう頬づえはつかない』はインディペンデント映画としては異例の観客動員数を記録し、若い女性を中心に圧倒的な支持を得た。その後、『四季・奈津子』(1980年)、『ザ・レイプ』(1982年)、『化身』(1986年)など、女性の美と生を巧みに描いた快作をたて続けに発表。 1992年、住井すゑベストセラー小説を映画化した『橋のない川』は観客動員数200万人を超えるヒットを記録。1996年の『絵の中のぼくの村』は芸術選奨文部大臣賞、第46回ベルリン国際映画祭銀熊賞などをはじめ、国内外で数多くの賞を受けた。またモントリオール世界映画祭では『わたしのグランパ』(2003年)が最優秀アジア映画賞、『風音』(2004年)がイノベーション賞をそれぞれ受賞。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(2010年)は、第20回日本映画批評家大賞の監督賞を受賞した。

2009年から、バリアフリー環境での映画上映プロジェクトに参加、旧作『絵の中のぼくの村』に、視覚障碍者のための「副音声」、聴覚障碍者のための「日本語字幕」を入れた「バリアフリー版」を作った。つづいて2010年、監督名を「東ヨーイチ」と表記して、副音声、字幕つきの「エロティック・バリアフリー・ムービー」の第一弾、『ナース夏子の熱い夏』『私の調教日記』の二本を「通常版」と同時に製作、公開した。2011年の『姉妹狂艶』はその三作目。

『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』も「通常版」と同時に「バリアフリー版」を製作、公開した。またこの作品は、韓国映画『息もできない』のヤン・イクチュン監督の演出によってセリフを韓国語に吹き替え、さらに韓国語字幕と韓国語解説をつけたバリアフリー版が製作、公開された。

2009年から4年間、京都造形芸術大学芸術学部映画学科の客員教授をつとめた。

監督作品[編集]

映画[編集]

エロティック・バリアフリー・ムービー[編集]

テレビドラマ&テレビドキュメンタリー[編集]

  • 1989年 風に吹かれて (ESSEN+日本テレビ・91分)
  • 1989年 からくり人形の女 (東京映画新社+日本テレビ・90分)
  • 1993年 サーカスが来る日 (シグロ+NHKクリエイティブ・45分)
  • 1994年 映画監督東陽一の「妖怪が見えますか」 (シグロ+NHKクリエイティブ・50分)
  • 1995年 アジア映画の中の日本像 (シグロ+NHKエンタープライズ21・45分)

その他の参加作品[編集]

  • 1998年 鯨捕りの海〈原案〉 (シグロ・85分・監督:梅川俊明)
  • 2000年 今森光彦の里山物語〈編集〉 (トキヲ+NHKエンタープライズ21・50分)
  • 2000年 世界・わが心の旅 ボリビア 父なる風に心ふるえて〈出演〉 (NHK和歌山・45分)

外部リンク[編集]