石岡正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石岡 正人(いしおか まさと、1960年8月6日-)は、日本の映画監督静岡県出身。日本映画監督協会会員。京都精華大学アニメーション学科客員教授。

千葉県立千葉南高等学校から京都精華大学を経て、1983年、明治大学政治経済学部政治学科卒業後、代々木忠富岡忠文廣木隆一らの助監督を経験。1995年にゴールド・ビューを設立しVシネマの制作に携わる。2001年、初の劇場作品監督作「PAIN/ペイン」で日本映画監督協会新人賞を受賞した。

作品[編集]

  • 痴漢白書」(1995年)
  • 「痴漢白書2」(1995年)
  • 「痴漢白書7」 (1997年)
  • 「体育の時間 ブルマから汗が・・・」(1998年)
  • 「PAIN/ペイン」(2001)[1]
  • 「TOKYO NOIR トーキョーノワール」(2004)[2]
  • 「YoYocHu SEXと代々木忠の世界」(2011)[3]
  • 「アニメ師・杉井ギサブロー」(2012)[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]