神山征二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神山征二郎(こうやま せいじろう、1941年7月16日 - )は、日本の映画監督岐阜県岐阜市出身。

人物・経歴[編集]

岐阜県立岐阜北高等学校卒業。日本大学芸術学部映画学科中退後、1963年新藤兼人監督が主宰する「近代映画協会」に参加する。

新藤兼人、吉村公三郎今井正各監督の助手を務めた後、1971年、『鯉のいる村』にて監督デビュー。1976年、『二つのハーモニカ』により日本映画監督協会新人奨励賞受賞。

その後独立し、1983年に『ふるさと』を発表。文化庁優秀映画奨励賞を受けるなど国内外で高評価を受ける。1987年に『ハチ公物語』を大ヒットさせ、山路ふみ子映画賞受賞。

1988年に「神山プロダクション」を設立。以後、ヒューマニズムあふれる作品を次々と発表し、人気を博する。

師である新藤、今井、吉村の衣鉢を継ぐ正統的な社会派映画作家であるが、時代の変化もあり師匠たちのような高い評価(たとえばキネマ旬報ベストテンなど)には恵まれなかった。大ヒットした『ハチ公物語』も批評家たちにはキワモノ扱いに近い反応が多く、これに対する神山の憤懣は、後年に海外での好評がアメリカ版リメイクにつながった際、「映画芸術」での辛辣な一文という形で吐き出されている。

2001年、「時代と地域を見据えた映画製作」に対し中日文化賞が贈られた[1]

主な監督作品[編集]

著書[編集]

  • 『町が海におそわれた 伊勢湾台風物語』(1989年学習研究社
  • 『生まれたら戦争だった 映画監督神山征二郎・自伝』(2008年、シネフロント社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月20日閲覧。
  2. ^ 当初テレビドラマとして制作されたが、スポンサーが内容に難色を示し結局放送は中止され、後に劇場で公開されたという経緯がある。
  3. ^ 監督は今井正。