ラストゲーム 最後の早慶戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラストゲーム 最後の早慶戦』(ラストゲーム さいごのそうけいせん)は、日本2008年8月に公開された映画作品。

概要[編集]

太平洋戦争中の1943年10月16日に日本で行われた野球の「出陣学徒壮行早慶戦(通称:最後の早慶戦)」の開催に尽力した関係者、また徴兵を前に「最後になるかもしれない」野球試合に臨む選手たちの生きざまを通して、情熱を持って目標に挑むことの素晴らしさ・平和や命の尊さを問いかけた[1]

2008年5月15日慶應義塾大学三田キャンパス(東京)で、同5月19日には早稲田大学大隈講堂で先行試写会が開催され、同8月23日に全国で公開された。

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国(米国)との戦争のさなか、野球は敵国のスポーツであるとされ、東京六大学野球は解散に追い込まれた。

学生への徴兵猶予もなくなり、戦争への参加が余儀なくされる中、慶應義塾塾長、小泉信三は、「学徒出陣を前に最後にもう一度、学生に野球の試合をさせてやりたい」と考えて、早稲田大学野球部顧問の飛田穂洲に、最後の早慶戦を申し込むのであった……。

戦争に振り回されながらも、野球に青春をかけた若者たちを描く。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 茨城県女性青少年課ウェブページより

外部リンク[編集]