ハチ公物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハチ公物語
監督 神山征二郎
脚本 新藤兼人
製作 東急グループ
三井物産
松竹
出演者 仲代達矢
八千草薫
長門裕之
音楽 林哲司
主題歌 林哲司
撮影 姫田真佐久
編集 近藤光雄
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1987年8月1日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 日本の旗 54億円
(1987年邦画配給収入1位)
テンプレートを表示

ハチ公物語』は、1987年に公開された映画作品。

概要[編集]

忠犬ハチ公の生涯を、実話に基づき創作を加えて描いた。

プロデューサーの奥山和由は、松竹社内でこの作品の企画を出したが資金面の問題で却下され、ならば外部作品の形で作ろうと考え、渋谷が舞台なので東急グループに出資をお願いしようと、東急レクリエーションの社長も兼務していた岡田茂 (東映)に橋渡しを頼んだ。岡田はこの依頼に応え五島昇を紹介。東急グループは出資を決め、さらに三井物産も製作に参加。これを聞いて松竹は最後に出資を決定した。『ハチ公物語』は異業種が映画ビジネスに算入した初の邦画といわれる[1]

マスコミからは前年のヒット作『子猫物語』(東宝)に続いての動物ものに「今度は松竹富士から犬?」の声もあったが、結果的には良作として一定の高評価を得て、配給収入が20億円を超えるヒット作となった。 ただし、事実とは異なる脚本(前飼い主の死後、次の飼い主に可愛がられていたのを、前飼い主の娘に虐待の末捨てられたことにする。ハチが一部からうとまれていたことを誇張して表現するなど)や、撮影時の犬のぞんざいな扱いに難色を示す人々も多く、評価の分かれる作品である。

2007年平成19年)、アメリカにて、リチャード・ギア主演によるリメイク版が制作が決定され[2]。『HACHI 約束の犬』の邦題で2009年平成21年)8月8日に公開された。

スタッフ[編集]

出演[編集]

テレビドラマ版[編集]

スタッフ[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年11月5日朝日新聞朝刊「ビジネス戦記」より
  2. ^ ハチ公ハリウッド映画に 来夏日本公開 読売新聞、2008年12月19日

外部リンク[編集]