新藤兼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しんどう かねと
新藤 兼人
新藤 兼人
1948年
本名 新藤 兼登
生年月日 1912年4月22日
没年月日 2012年5月29日(満100歳没)
出生地 日本の旗 日本 広島県佐伯郡石内村
(現:広島市佐伯区五日市町)
死没地 日本の旗 日本 東京都港区
職業 映画監督脚本家
活動期間 1935年 - 2012年
配偶者 あり(死別、離別、死別)
著名な家族 子:新藤次郎
子:しんどうぎんこ
孫:新藤力也
孫:新藤風
備考
近代映画協会会長

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年明治45年)4月22日 - 2012年平成24年)5月29日)は、日本映画監督脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。日本のインディペンデント映画の先駆者である。近代映画協会会長。従三位広島県名誉県民広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民

人物・経歴[編集]

映画界に入るまで[編集]

1912年(明治45年)、広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)に生まれる。兼人は広島市内から一山越えた農村で豪農の家に生まれるが、父が借金の連帯保証人になったことで破産し、14歳の頃に一家は離散。活動写真に惹かれ、山向こうの広島市内へ足繁く通い夜遅く提灯を下げて帰宅した。

1933年昭和8年)、尾道の兄宅に居候中に見た山中貞雄の映画『盤嶽の一生』に感激し映画を志す。この尾道時代に新藤は大林宣彦の実家の持ち家に住んでいたことがあり、大林は幼少期に新藤と映画を観たことがあるという[1]高橋源一郎家の自転車問屋で1年半臨時雇いで金を貯め[2]、刑事をしていた兄の紹介で京都府警の刑事の伝手を頼りに1934年(昭和9年)、京都へ出る。志望していた映画助監督への道は狭く、さらに1年ほどたった後、入ることが出来たのは新興キネマ現像部でフィルム乾燥の雑役から映画キャリアをスタートさせる。満州国帝制に移行した年であった。目指す創造する世界とはかけ離れた、長靴を履きながらの辛い水仕事を1年ほどつとめる。撮影所の便所で落とし紙にされたシナリオを発見、初めて映画がシナリオから出来ているものと知る。

下積み時代[編集]

新興キネマ現像部の東京移転に同行し美術部門に潜り込む。美術監督であり美術部長である水谷浩に師事。美術助手として美術デザインを担当した。このおかげで、その後の近代映画協会の監督作品の多くでは、経費削減の意味もあって、自ら美術も担当することが多かった[要出典]。仲間からは酷評されても暇を見つけてシナリオを書き続け投稿し賞を得るが、映画化はされなかった。家が近所だった落合吉人が監督に昇進し、脚本部に推薦され『南進女性』で脚本家デビュー。

1941年(昭和16年)、溝口健二監督の『元禄忠臣蔵』の建築監督として1年間京都興亜映画に出向。本作で原寸大の松の廊下を製作したのは新藤である。溝口は俳優から演技を聞かれても「反射してください」というばかりで何も俳優に教えないため、他の俳優・スタッフ同様に新藤も反発していた。しかし出来上がった作品を見ると感銘を受けた。伝手を頼り溝口の内弟子になることになり、シナリオを1本書いて溝口に提出するが、「これはシナリオではありません、ストーリーです」と酷評され、自殺を考える程の大きなショックを受ける。スクリプターをしていた内妻の励ましで奮起し劇作集を読みあさり再出発を誓う。この内妻は結核に罹るが、貧しさのためろくに栄養をつけることができず死去。このことは後の初監督作品『愛妻物語』で描かれる。 

1942年(昭和17年)、情報局の国民映画脚本の公募に応募、佳作に終わる。当選は東宝助監督黒澤明の『静かなり』であった。翌年『強風』が当選。これを知った溝口から連絡があり生涯ただ1度だけ祇園で御馳走にあずかる。

1944年(昭和19年)、所属していた興亜映画松竹大船撮影所に吸収され脚本部へ移籍。同年4月、脚本を1本も書かないうちに日本海軍召集され海軍二等水兵として海兵団に入団。既に32歳ながら年下の上等水兵の若者に扱き使われ、彼らの身の周りの世話をする。上官にはクズと呼ばれ、木の棒で気が遠くなる程叩かれ続けた。兵隊は叩けば叩くほど強くなると信じられていた時代だった。同期の若者は大半が前線に送られ100名のうち、94人が戦死した。これらの事は、60年後に製作された『陸に上った軍艦』で描かれた。

1945年(昭和20年)、宝塚海軍航空隊所属にて第二次世界大戦終戦を迎える。

脚本家としてデビュー[編集]

宝塚歌劇団図書館にあった全ての「戯曲集」を読み終え松竹大船撮影所に復帰。1945年(昭和20年)年秋書いた『待帆荘』がマキノ正博によって『待ちぼうけの女』(1946年)として映画化され1947年(昭和22年)のキネマ旬報ベストテン4位となり初めて実力が認められた。溝口のために溝口の戦後第1作『女性の勝利』(1946年)と『わが恋は燃えぬ』(1949年)を書く。

1947年(昭和22年)に、吉村公三郎と組んで『安城家の舞踏会』を発表。大ヒットしキネマ旬報ベストテン1位も獲得、シナリオライターとしての地位を固めた。 その後は吉村とのドル箱コンビで『わが生涯のかゞやける日』(1948年)などのヒット作を連発。木下惠介にも『結婚』、『お嬢さん乾杯!』を書く。

1949年(昭和24年)、『森の石松』の興行的失敗等で松竹首脳らが「新藤のシナリオは社会性が強くて暗い」とクレームをつけるに及び、自らの作家性を貫くため1950年(昭和25年)、松竹を退社して独立プロダクションの先駈けとなる近代映画協会を吉村、殿山泰司らと設立。

映画監督デビュー[編集]

1951年(昭和26年)、『愛妻物語』で39歳にして宿願の監督デビューを果たす。この自伝的な内容の脚本はどうしても他人にやらせたくなかったと告白している。この脚本を読んだ大映のスター乙羽信子がどうしても妻の役をやりたいと願い出てくる。乙羽は同作品に主演、これをきっかけに近代映画協会へ参加する。また大映に持ち込んだ『偽れる盛装』が1951年(昭和26年)の大ヒット映画となった。

1952年(昭和27年)、原子爆弾を取り上げた映画『原爆の子』を発表。翌年の1953年(昭和28年)、カンヌ国際映画祭に出品。各国で物議を醸したが世界で反響を呼び、チェコ国際映画祭平和賞、英国フィルムアカデミー国連賞、ポーランドジャーナリスト協会名誉賞など多くの賞を受けた。一方私生活では新藤には妻子がいたものの、この頃より主演の乙羽と愛人関係になる。

以降は自作のシナリオを自らの資金繰りで監督する独立映画作家となり、劇団民藝の協力やカンパなどを得て数多くの作品を発表。しかし芸術性と商業性との矛盾に悩み失敗と試行錯誤を繰り返した。

この頃、同時期に日本映画に衰退の陰りが見え大きな映画会社の経営が困難になり始めた。しかし、産業としての映画の衰退は社会派映画や前衛芸術映画の躍進のチャンスでもあった。大映画会社による映画館の独占支配体制が緩み、小さな独立系プロの製作する映画にも上映の機会を得ることができるようになった。

1960年(昭和35年)に撮った台詞のない無言の映画詩『裸の島』は資金がなく、近代映画協会の解散記念作品にとキャスト2人・スタッフ11人で瀬戸内海ロケを敢行。撮影期間1ヶ月でこの映画をわずか500万円の予算で作り上げた。これにより、限られた観客を相手に、極端に低い製作費で優れた作品を撮ることが可能であることを示し、大会社の資本制約から離れる事で自由な映画表現と制作ができる事を証明した。作品はモスクワ国際映画祭でグランプリを獲り、新藤は世界の映画作家として認められた。

また、モスクワ国際映画祭の際には、各国の映画バイヤーから次々に買い入れの申し入れがあり、最終的に世界62ヶ国に作品の上映権を売ることで、それまでの借金を返済した。なお、『裸の島』の製作手法(オール地方ロケ。出演者及びスタッフがロケ地で合宿体制を組む。スタッフ全員参加のミーティングを行い、本来の持ち場を越えて意見を交換する。等)は、その後の邦画界におけるインディペンデント映画の製作に、多大な影響を与えた。

社会派作品を次々と発表[編集]

1960年代以降は放射能汚染を題材とした『第五福竜丸』、『さくら隊散る』、連続拳銃発砲事件の永山則夫を題材にした『裸の十九才』、家庭内暴力に材を取った『絞殺』、死と不能をテーマにした『性の起源』、老いをテーマとした『午後の遺言状』など社会に問題提起を投げかける作品を発表。出生した〈広島〉と〈性と人間〉にこれだけ固執した映画作家は日本では珍しい。また「頼まれた仕事は断らない」を信条に、近代映画協会における自作の映画制作と平行し、大手映画会社の企画作品の脚本をも多数手がけた。中には映画史に残る名作、話題作や評価の低い作品も色々あるが、「優れた芸術家は多作である」という観点からいくと、これも特筆すべき才能といえる。前妻を亡くした後、1978年(昭和53年)に乙羽信子と再婚して、後も『落葉樹』や『濹東綺譚』を製作したが、『午後の遺言状』が乙羽との遺作となった。

評価の高い脚本作品に、川島雄三監督/『しとやかな獣』(1962年)、鈴木清順監督/『けんかえれじい』(1966年)、神山征二郎監督/『ハチ公物語』(1987年)などがある。娯楽怪作としては江戸川乱歩の原作をミュージカル仕立てにした『黒蜥蜴』(1962年)などがある。テレビドラマ演劇作品も含めると手がけた脚本は370本にもおよび、多くの賞を受賞した。「ドラマも人生も、発端・葛藤・終結の3段階で構成される」というのが持論である。監督としては社会的テーマを強く打ち出した作品か文芸作品がほとんどであるが、脚本家としては娯楽色の濃い作品も多く、コメディやミステリーなどにも高い技術を発揮するアルチザン的側面も持つ。他の巨匠といわれる監督たちに比べ、他の監督に脚本を提供し、なおかつ高い評価を受ける仕事が圧倒的に多く、そちらに限定しても最高峰の脚本家である。さらにプロデューサー、経営者、教育者、著述者としての業績を加えると、日本映画への貢献度ははかりしれない。

70年以上の映画人生で、世界最長老の映像作家のひとりである事で知られていた。また池広一夫神山征二郎千葉茂樹松井稔金佑宣田代廣孝田渕久美子ら多くの門下生を出した。尚、近代映画協会は1960年代に100近く有った独立プロのうち唯一成功し現在も存続、映画作品を送り出している。

長年の映画製作に対して1996年(平成8年)に第14回川喜多賞1997年(平成9年)に文化功労者2002年(平成14年)に文化勲章を授与された。3度グランプリを受賞したモスクワ国際映画祭では、2003年(平成15年)に特別賞を受賞している。また、映画を通じて平和を訴え続けた功績により2005年(平成17年)に谷本清平和賞を受賞。「多くの傑作映画を世に送り出し、日本最高齢現役監督として映画「一枚のハガキ」を完成させた」として、2011年(平成23年)に第59回菊池寛賞を受賞。「一枚のハガキ」は2010年10月31日クランクアップしていた。

1996年(平成8年)、日本のインディペンデント映画の先駆者である新藤の業績を讃え、独立プロ58社によって組織される日本映画製作者協会に所属する現役プロデューサーのみがその年度で最も優れた新人監督を選ぶ新藤兼人賞を新たに創設した。

2010年(平成22年)の時点で日本最高齢の現役映画監督であり、世界でもマノエル・ド・オリヴェイラに次ぐ位置にあったが、同年の第23回東京国際映画祭表彰式で『一枚のハガキ』を監督引退作とすることを公表したが、求められればまだ撮りたい気持ちも表していた。晩年は、高齢で移動に車いすが欠かせなくなっていた。

2012年(平成24年)2月14日東京都内で行われたブルーリボン賞の授賞式では新人賞を受賞した当時7歳の芦田愛菜との「92歳差のツーショット」で沸かせた[3]。2ヵ月後の4月22日に、100歳を迎え、東京都内で誕生会が開かれ、集まった映画人を前に「これが最後の言葉です。どうもありがとう。さようなら」と挨拶した[4]

逝去[編集]

2012年(平成24年)5月29日、老衰のため東京都港区の自宅で死去[5][6]。100歳没。新藤の葬儀・告別式は2012年6月3日、多くの映画関係者や俳優などが参列する中、増上寺光摂殿で執り行われた[7]

2012年6月26日、日本政府は新藤が数々の作品を世に送り出した功績を讃え、多年に亘る映画界への貢献を評価して逝去日の5月29日を以て従三位に追叙する閣議決定を行った[8]

映画[編集]

監督作品[編集]

脚本作品[編集]

その他の映像作品[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚本作品[編集]

テレビ出演[編集]

他多数

文献[編集]

著書[編集]

  • 『ある映画監督 - 溝口健二と日本映画』(岩波新書)
  • 『ある映画監督の生涯 -溝口健二の記録-』(映人社) 
  • 『「断腸亭日乗」を読む』(岩波現代文庫
  • 『小説 田中絹代』(読売新聞社、のち文春文庫
  • 『ながい二人の道 乙羽信子とともに』(東京新聞出版局)
  • 『ひとり歩きの朝』(毎日新聞社
  • 『歳月は風の吹くままに』(朝日新聞社
  • 『シナリオ人生』(岩波新書)
  • 『老人読書日記』(岩波新書)
  • 『弔辞』(岩波新書
  • 午後の遺言状』(岩波同時代ライブラリー)
  • 『女の一生―杉村春子の生涯』(岩波書店)
  • 『三文役者の死―正伝殿山泰司』(岩波現代文庫)
  • 『追放者たち 映画のレッドパージ』(岩波書店)
  • 『作劇術』(岩波書店)
  • 『祭りの声 あるアメリカ移民の足跡』(岩波新書)
  • 『愛妻記』(岩波現代文庫)
  • 『新藤兼人の足跡』(著作集全6巻、岩波書店)
  • 『ふくろう90歳の挑戦』(岩波アクティブ新書)
  • 『日本シナリオ史』(上・下、岩波書店)
  • 『いのちのレッスン』(青草書房)
他多数の著書・編著がある  

連載[編集]

論文[編集]

評伝[編集]

  • 中川洋吉 『挫折する力 新藤兼人かく語りき』 (新潮社、2011年4月、白寿記念出版)

参考文献[編集]

  • 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社、1988年12月)
  • 『映像の仕掛け人たち』黒井和男著(キネマ旬報社、1986年7月)
  • 『日本の映画人 -日本映画の創造者たち-』佐藤忠男著(日外アソシエーツ、2007年6月)

家族・親族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]