鬼婆 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼婆
Onibaba
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
製作 絲屋寿雄
能登節雄
湊保
出演者 乙羽信子
吉村実子
佐藤慶
音楽 林光
撮影 黒田清巳
編集 榎寿雄
製作会社 近代映画協会
東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年11月21日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鬼婆』(おにばば)は、1964年の日本のホラー映画。

概要[編集]

新藤兼人が監督したこの映画は仏教説話が元になっており、14世紀の日本の田舎の村が舞台になっている。 乙羽信子吉村実子が主演を務めており、彼女たちの演じる役は通りかかったを殺して、彼の身につけているものをすべて剥いで死体を深い穴へ捨てる女とその義理の娘である。

印旛沼の葦ヶ原にプレハブ小屋が建てられ、スタッフ全員がそこへ3ヶ月間合宿して撮影が行われた[1]

出演[編集]

舞台設定[編集]

この映画は湊川の戦いの開始から50年以上あとの南北朝時代末期を舞台としており、当時の農民や侍が裕福になっていたとわかる場面がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、159頁。ISBN 4766927060 

参考資料[編集]

  • Thompson, Nathaniel (2006). DVD Delirium: The International Guide to Weird and Wonderful Films on DVD; Volume 3. Godalming, England: FAB Press. pp. 407–408. ISBN 1-903254-40-X. 

外部リンク[編集]