亀井文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

亀井 文夫(かめい ふみお、1908年4月1日-1987年2月27日)は、日本の映画監督

福島県原町(現・南相馬市)生まれ[1]、幼少時に仙台市門前町に転居し、南材木町尋常小学校に通う。特に記録映画の分野で活躍し、社会派の記録映画とともに、自然科学分野の記録映画、企業映画などもつくった。

1928年文化学院大学部を中退後[2][3]、ソビエト美術を学ぶため1929年にソビエトへ渡る[4]。ソビエトで見た映画に感動し、映画の道を志し、レニングラード映画技術専門学校の聴講生になった[4]のが映画監督になるきっかけ。

略歴[編集]

      『基地の子たち』。

出典[編集]

外部リンク[編集]