勅使河原宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てしがはら ひろし
勅使河原 宏
生年月日 1927年1月28日
没年月日 2001年4月14日(満74歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
職業 映画監督華道家
ジャンル 映画
活動期間 1953年 - 1972年1984年 - 1992年
配偶者 小林トシ子

勅使河原 宏(てしがはら ひろし、1927年1月28日 - 2001年4月14日)は、日本の華道家映画監督草月流三代目家元。妻は女優の小林トシ子

プロフィール[編集]

いけばな草月流の創始者勅使河原蒼風の長男として東京で生まれる。東京の私立暁星中学を経て、1944年東京美術学校(現・東京芸術大学)の日本画学科に入学。3年後に洋画科に移る。在学中からパブロ・ピカソ岡本太郎などの前衛芸術に傾倒し、安部公房関根弘らによる前衛芸術の会「世紀」に参加。在学中日本共産党に近づき、1951年五全協以降の武力闘争路線のもとで山村工作隊に参加した。勅使河原は当時東京都小河内村に建設中だった小河内ダムの破壊工作を目指した小河内工作隊に配属された。工作隊のメンバーには、のちの共産党国会議員津金佑近や、映画監督の土本典昭などがいた。東京芸大の学生だった勅使河原の任務は、奥多摩地域の農民向けに発行されたガリ版新聞に版画を刷り入れることであった。

卒業後の1953年、友人から美術映画「北斎」の企画を持ち込まれ、これを監督したことから映画界に入り、亀井文夫監督の記録映画「砂川」「生きていてよかった」「世界は恐怖する」などの制作に協力したのを経て、木下恵介に師事した。のち松山善三羽仁進草壁久四郎荻昌弘ら同世代の映画人とシネマ57を結成し、集団実験フィルム「東京1958」を制作。1959年に父蒼風に従って渡米した際、16ミリカメラを持参し、旅行先で知り合ったプエルトリコ系のプロボクサー、ホゼー・トーレスのトレーニングから試合までの様子を記録した短編「ホゼー・トーレス」を発表。この間、アートシアター運動の中心人物としてその組織化に尽力し、1962年安部公房脚本のテレビドラマを映画化した自身初の長編劇映画「おとし穴」を監督、これがアート・シアター・ギルド初の日本映画作となった。

1964年、勅使河原プロを設立。同年再び安部と組み、砂の穴に閉じ込められた女と男を通じて人間の本質を描いた野心作「砂の女」を映画化し、カンヌ国際映画祭審査員特別賞、サンフランシスコ映画祭銀賞、毎日映画コンクール作品賞、キネマ旬報ベスト1位を獲得。さらにアカデミー賞監督賞・外国語映画賞にノミネートされるなど、国内外で絶賛され、「砂の女」は自他共に認める生涯最高の代表作となった。以降も1966年「他人の顔」「インディース長編記録映画・暴走」、1968年「燃え尽きた地図」などで国際的に高く評価され、1968年には日本人初のアカデミー賞審査員を務めたが、1972年の「サマー・ソルジャー」以降はしばらく映画を離れ、福井県宮崎村の草月陶房で越前焼の作陶に打ち込んだ。

その後、1979年に父が、2代目家元を継いだ妹の霞が翌年に相次いで死去し、1980年草月流3代目家元を継承。1984年にはスペインの建築家アントニ・ガウディを題材とした「アントニー・ガウディ」で映画界に復帰し、1987年から「草月シネマパーク」を再開した。1989年(平成元年)には久々の劇映画となる野上弥生子原作の「利休」を風格ある大作にまとめあげ、モントリオール世界映画祭最優秀芸術賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞するなど、健在ぶりを示し、1992年には富士正晴原作の「豪姫」を監督した。セットのいけばなも自作している。同年、紫綬褒章を受章。

華道家としては複数人で行う生け花『連花』を提唱し、また1993年のパリ日本文化祭での大茶会をプロデュースした。作庭やオペラ出演、テレビのドキュンメンタリー番組にも手を広げ、多彩な芸術活動を体験に根ざした新しい華道家として注目を集めた。2001年4月14日、逝去。享年74。


草月流 家元継承年

監督した映画作品[編集]

ATG初の日本映画の監督であり、安部公房の作品群ではドキュメンタリータッチを基本にしたシュールレアリズム溢れる映像美で世界的にも評価された。

華道家としての活動[編集]

ソウルミラノニューヨークといった世界各地で、「」を使った個展を開催。その規模の大きさに加え、自由で独創的な表現方法が注目される。国内での活動も目覚しく、猪熊弦一郎美術館や広島市現代美術館など、全国各地で個展を開催。また、いけばなとしての「インスタレーション」を提唱、発表する。この新しい表現方法は、従来の華道の枠を超えた芸術として、見る人を驚かせた。

また、舞台美術の創作にも精力的に取り組み、オペラトゥーランドット』(1992年)を手始めとして、『スサノオ』(1994年)、『スローカ』(1999年)、同年作、『すさのお異伝』を手掛ける。宏が生涯拘り続けた花材「竹」で構成した舞台美術と演出は、各地で多大な評価を受ける。

後進に假屋崎省吾等がいる。

その他の活動[編集]

陶芸に於いてもオリジナリティ溢れる才能を発揮。舞台美術家としての活動など、ジャンルを超えた創作芸術家として名を馳せ、盟友であった陶芸家大樋長左衛門の依頼を受け、大樋美術館庭園設計に携わった。

1990年代からは、「連花」(れんか:いけばなの即興での創作。複数人数で行う)の普及を呼びかけ、華道にまた新たな魅力と可能性を与える。死去後、次女の勅使河原茜が草月流四代目家元となっている。

1991年竣工のあやとり橋のデザイン。

外部リンク[編集]