塚本晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つかもと しんや
塚本 晋也
塚本 晋也
生年月日 1960年1月1日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
職業 映画監督俳優
事務所 大沢事務所
公式サイト 塚本晋也 Official Website
主な作品
鉄男』(1989年)
ヒルコ/妖怪ハンター』(1991年)
バレット・バレエ』(1999年)
双生児-GEMINI-』(1999年)
六月の蛇』(2003年)
ヴィタール』(2004年)
悪夢探偵』(2007年)

塚本 晋也(つかもと しんや、1960年1月1日 [1]- )は、日本の映画監督俳優東京都出身[1]豊島区在住。大沢事務所所属。日本大学藝術学部卒業。現在は、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科教授。

自ら、製作から監督、脚本、撮影、美術、編集、主演までこなし、そこから生まれる映像には、クエンティン・タランティーノジェームズ・ワン&リー・ワネルギャスパー・ノエダーレン・アロノフスキーなど、世界の映像作家が塚本フリークを公言している。

人物[編集]

漫画『AKIRA』に衝撃を受けた。

中学時代から自主映画を作り始める。中学2年生(当時14歳)の時に水木しげるのマンガ『原始さん』を原案にして、8ミリフィルムで映画製作をする。後の『鉄男』の要素が投入されていた。高校では、戦時中に急逝していった画家を描いた映画を作り、手ごたえを感じるが、力量の未熟さを感じ日本大学藝術学部美術学科への進学を決める。

大学在学中、形を整えた映画の制作に意識が傾く余り、面白いと思える映画が撮れなくなり、演劇に惹かれて仲間と演劇活動をし、幾度か公演を行った。それでも監督の夢を捨てたわけではなく、進路決定に際しては中途半端に映画関係の仕事に携わるのは監督への遠回りであると考え、CMの制作会社に就職する。仕事を続けながら演劇がしたい、と社長に相談するとあっさりと承諾を得る。ディレクターとして4年間勤めるが、舞台と海外出頭が重なるなど両立が難しくなり、退社を決意する。

退社後、「海獣シアター」を再結成、3本の芝居を興行する。

山上たつひこの漫画「光る風」の映画化などを行う。1988年、『電柱小僧の冒険』でPFFアワードのグランプリを獲得する。翌1989年、制作費1,000万、4畳半のアパートで廃物のSFXと少数のスタッフで制作された『鉄男』が、ローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを受賞する。一般公開1作目にして国際的評価を獲得、後の海外映画祭における多数の新世代の日本映画評価への先鋒となる(また、この作品は、主演・田口トモロヲの映画俳優としての活動の足掛かりにもなる記念碑的作品である)。

1997年、ヴェネツィア国際映画祭で審査員を務めた[1]。2003年公開の『六月の蛇』は、ヴェネツィア国際映画祭コントロコレンテ部門審査員特別賞を受賞した。

人の身体の変容と痛みにこだわり、暴力やエロティシズムなどの主題を得意とする作風ながら、物語は陰惨な結末を迎えず、ペーソスとユーモアを忘れない、娯楽としての活劇を提供し続けている。ほとんどの作品でタッグを組む石川忠の音楽は、塚本の映画に不可欠である。

俳優としては、自身の作品のみに止まらず、多数の映画やドラマに個性的な演者として関わることも多い。2002年、毎日映画コンクール男優助演賞を受賞した。

監督作品[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ゲーム[編集]

関連書籍[編集]

著書[編集]

  • 東京フィスト(1995年、扶桑社)
  • 六月の蛇(2003年、マガジンハウス)
  • 悪夢探偵(2006年、角川書店)
  • 悪夢探偵2 怖がる女(2008年、角川書店)
  • 鉄男 THE BULLET MAN(2010年、講談社)
  • 鉄男全集 鉄男三作品純正シナリオ(2010年、ACクリエイト)

その他[編集]

  • 塚本晋也読本―普通サイズの巨人(2003年、キネマ旬報社)
  • 塚本晋也読本 SUPER REMIX VERSION(2010年、キネマ旬報社)
  • 完全鉄男 『鉄男』から『鉄男 THE BULLET MAN』までの軌跡(2010年、講談社)

出典[編集]

外部リンク[編集]