完全なる飼育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

完全なる飼育』(かんぜんなるしいく)は、1999年から続く日本(一部香港)の映画シリーズ。海外上映時のシリーズタイトルは中国語『禁室培欲』、英語『Perfect Education』。

概要[編集]

第1作の原作は、1965年に起きた実在の誘拐事件・女子高生籠の鳥事件を基に書かれた松田美智子の小説『女子高校生誘拐飼育事件』(幻冬舎、ISBN 487728513X)。この小説は第2作以降にも「原作」としてクレジットされているが、実態は「監禁された女子高生と犯人の間に愛が芽生える」というプロットを踏襲した翻案・再映画化であり、各作品間にストーリー上のつながりは存在しない。

全作品ともR-15指定。興行上は飼育女優と称される主演女優のヌード濡れ場が最大の売りで、第5作の荻野目慶子を除くといずれも10代・20代の「初脱ぎ」である。このシリーズの商業的成功にならい、同時期には『飼育の部屋』という類似シリーズも登場した。第2作のオーディションの際から、主演に若手女優を起用する場合には選考時に候補者を裸にして体型や度胸をチェックすることがお約束となっている。

相手役・脇役には実力派俳優が多い。第1作で小島聖の相手役を務めた竹中直人は、第6作を除く各作品にも脇役で出演している。

シリーズの各作品[編集]

第1作『完全なる飼育』[編集]

完全なる飼育
監督 和田勉
脚本 新藤兼人
製作 和田勉
古里靖彦
有吉司
出演者 竹中直人
小島聖
北村一輝
沢木麻美
塚本晋也
泉谷しげる
渡辺えり子
撮影 佐々木原保志
編集 奥原好幸
配給 東京テアトル
東京セディックインターナショナル
公開 日本の旗 1999年1月30日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育』は、1999年製作の日本映画

飼育女優は若手女優の小島聖(当時22歳)。元々「隠れ巨乳」の女優として知られていたもののヌード経験はなく、同時期に発売されたヘアヌード写真集とともに大きな路線変更として話題になった。竹中直人は誘拐犯の岩園役。主演であるため、シリーズ出演作中で唯一濡れ場に参加している。この撮影の際には前貼りをつけずに臨んだと語っている(相手は着用)。

また、竹中によれば、監督の和田勉は濡れ場の撮影の際、「私は濡れ場は演出できません」と言い、スタジオを去ったという。突然のことに、竹中は「それでも監督ですか」と絶句し、小島もバスタオルを巻いたまま泣き出したが、それでも竹中自らが演出をし、濡れ場の撮影を乗り切った[1]

キャスト


第2作『完全なる飼育 愛の40日』[編集]

完全なる飼育 愛の40日
監督 西山洋市
脚本 島田元
松田美智子(監修)
製作 松下順一
出演者 深海理絵
緋田康人
野田よしこ
徳井優
竹中直人
音楽 遠藤浩二
撮影 丸池納
編集 蛭田智子
配給 キネマ旬報社
公開 日本の旗 2001年6月23日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 愛の40日』は、2001年製作の日本映画

飼育女優は元グラビアアイドルの新人・深海理絵(当時18歳)で、数百人の中からオーディションで選ばれた。このオーディションの際には監督の求めによりトップレスになったという。

竹中直人は心理カウンセラーである赤井役。

キャスト


第3作『完全なる飼育 香港情夜』[編集]

完全なる飼育 香港情夜
禁室培欲 香港情夜
監督 サム・レオン
脚本 サム・レオン
トミー・ロー
製作 松下順一
出演者 伊藤かな
トニー・ホー
竹中直人
ラム・シュー
マン・ホイ
アルフレッド・チョン
深海りえ
音楽 吉川清之
撮影 フォン・ユンマン
配給 日本の旗 アートポート
公開 香港の旗 2002年4月1日
日本の旗 2002年12月7日
上映時間 96分
製作国 香港の旗 香港日本の旗 日本
言語 広東語日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 香港情夜』は、2002年に製作された香港日本映画。第15回さっぽろ映画祭上映作品。香港での正式題名は『禁室培欲 香港情夜』。

飼育女優は元ジュニアアイドル伊藤かな(当時17歳)。かつては双子の姉の伊藤なつとともにねずみっ子クラブおはガールピチレモンなどで人気を博したが、一時の引退状態を経て単独でのヌード復帰となった。

法的に「児童」である17歳の女性のヌードを日本国内映画として撮影すると法的リスクが生ずるため、主要スタッフ・キャストの大部分を香港側のスタッフが担当し、実質的に香港映画となっている。

竹中直人は修学旅行を引率する担任教師・橋本役。第二作の飼育女優である深海りえも特別出演しており、初日舞台挨拶にも駆けつけた。

キャスト


第4作『完全なる飼育 秘密の地下室』[編集]

完全なる飼育 秘密の地下室
監督 水谷俊之
脚本 我妻正義
製作 中沢敏明
出演者 山本太郎
しらたひさこ
加藤治子
竹中直人
広岡由里子
松山ケンイチ
音楽 澄淳子
撮影 志賀葉一
配給 アートポート
公開 日本の旗 2003年8月30日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 秘密の地下室』は、2003年日本で製作された映画

飼育女優は元清純派アイドルのしらたひさこ(=「白田久子」、当時20歳)。前2作の主演女優と比較して高年齢であるものの、後にミス・インターナショナル日本代表となるなど出演以後の活躍がもっとも目覚しい飼育女優である。ただし物語の中心は共演者の山本太郎とその母親役の加藤治子であり、他の作品と比べると性的シーンも少ない。

竹中直人は病院における主治医・正村役。高校生時代の松山ケンイチが脇役(冒頭でしらたひさこを殴りつける恋人・ヒトシ役)で出演していることでも知られる。初日舞台挨拶には前2作の主演女優も参加した。

キャスト


第5作『完全なる飼育 女理髪師の恋』[編集]

完全なる飼育 女理髪師の恋
監督 小林政広
脚本 小林政広
出演者 北村一輝
荻野目慶子
竹中直人
林泰文
佐藤二朗
中澤寛
音楽 佐久間順平
主題歌 りりィ『時の過ぎゆくままに』
撮影 高間賢治
編集 蛭田智子
配給 セディックインターナショナル
公開 日本の旗 2004年12月18日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 女理髪師の恋』は、2003年に製作された日本映画。タイトルは劇中では『La Coiffeuse』なるフランス語訳(「女理髪師」の直訳)で表記されている。監督は長年テレビドラマやピンク映画で脚本を執筆し、『バッシング』、『歩く、人』、『愛の予感』などの監督作品も数多い小林政広。

飼育女優はベテラン女優の荻野目慶子(当時38歳)。シリーズ中唯一「少女」が物語の主体とならない異色の作品で、劇場公開はされずビデオスルーでの公開となった。身長165cm未満のヒロインもこれが初めてである。本作のみセルDVD・レンタルDVDとも東宝からの発売となっており、2005年12月23日に発売されたシリーズのDVDボックス『完全なる飼育BOX 愛の五重奏』には本作のみが収録されていない。

竹中直人は荻野目慶子の無職の夫役。

キャスト


第6作『完全なる飼育 赤い殺意』[編集]

完全なる飼育 赤い殺意
監督 若松孝二
脚本 久保寺和人
出口出
製作 中沢敏明
松下順一
出演者 大沢樹生
佐野史郎
伊東美華
不破万作
石橋蓮司
音楽 益子恵一
撮影 辻智彦
編集 掛須秀一
配給 アートポート
公開 日本の旗 2004年9月18日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 赤い殺意』は2004年に製作された日本映画。ピンク映画監督・若松孝二の復帰作。

飼育女優は新人・伊東美華(当時22歳)。最終選考時に全裸になることを要求した際、躊躇なく脱いだことがヒロイン抜擢につながったと初日舞台挨拶で監督が公言している。劇中ではシリーズ初のヘアヌード佐野史郎の手によって実際に剃毛されるシーンに挑戦し話題となった。大沢樹生との間に通常の濡れ場もある。

このほか、大沢樹生とベテラン女優の伊藤清美との濡れ場も用意されている。シリーズ中唯一、竹中直人が出演しない作品である。

キャスト


第7作『完全なる飼育 メイド、for you』[編集]

完全なる飼育 メイド、for you
監督 深作健太
脚本 厨子健介
出演者 柳浩太郎
亜矢乃
前田健
久野雅弘
黒川芽以
竹中直人
西村雅彦
音楽 杉本優
撮影 田中一成
配給 ゴー・シネマ
公開 日本の旗 2010年1月30日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

完全なる飼育 メイド、for you』は、2009年に日本で製作され、2010年1月30日に劇場公開された映画。監督は深作欣二の長男で『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』(2003年)などの作品がある深作健太

飼育女優はサンズエンタテインメント所属の女優・亜矢乃(=「大網亜矢乃」、当時24歳)。秋葉原メイド喫茶で働くヒロイン「苺ちゃん」(亜矢乃)が、漫画喫茶の店長(柳浩太郎)により漫画喫茶の個室に監禁されるストーリーという[2]。例によって竹中直人も出演する[2]

シリーズで初めての立体映画として制作された。ただし3D制作のシーンは1時間40分の上映時間のうち約10分(濡れ場を含む5シーン)であり、パート3D映画として公開された[3]。劇中のダンスの振付は南流石が行っている。

キャスト


第8作『TAP 完全なる飼育』[編集]

TAP 完全なる飼育
監督 片嶋一貴
脚本 一雫ライオン
製作 中沢敏明
出演者 前川伶早
西沢仁太
有森也実
音楽 白井良明
撮影 釘宮慎治
編集 福田浩平
配給 セディックインターナショナル
電通
公開 日本の旗 2013年11月9日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

TAP 完全なる飼育』は、2013年11月9日公開の日本映画

キャスト


脚注[編集]

  1. ^ 新・濡れ場の巨匠は竹中直人!?”. ゲンダイネット (2013年2月6日). 2013年3月1日閲覧。
  2. ^ a b 「完全なる飼育」初の3D“飼育女優”は亜矢乃”. eiga.com. エイガ・ドット・コム (2009年11月14日). 2009年11月17日閲覧。
  3. ^ 今度の「完全なる飼育」は濡れ場が飛び出す”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2009年11月14日). 2009年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]