楳図かずお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楳図 かずお
2010TIBE Day1 Hall2 Opening Kazuo Umezu.jpg
生誕 1936年9月3日(77歳)
日本の旗 日本 和歌山県伊都郡高野町
国籍 日本
職業 漫画家タレント
活動期間 1955年 -
ジャンル ホラー漫画SF漫画など
代表作 漂流教室
まことちゃん
わたしは真悟
14歳
受賞 第20回小学館漫画賞
(『漂流教室』ほか一連の作品)
テンプレートを表示

楳図 かずお(うめず かずお、本名:楳図一雄、1936年9月3日 - )は、日本漫画家タレント作詞家和歌山県伊都郡高野町に生まれ、奈良県五條市に育つ。血液型はO型。初期には山路 一雄ウメヅ カズヲの名義による作品もある。

1955年に貸本漫画家としてデビュー、『週刊少年サンデー』などに作品を発表。代表作に『漂流教室』『まことちゃん』『わたしは真悟』など。作品は恐怖ものからSFギャグもの、時代劇まで、少年もの、少女もの、青年ものを問わず幅広いが、一般にはホラー漫画の第一人者として知られる。

1995年以降、腱鞘炎などといった理由で漫画は休筆中で、現在はタレント活動を精力的に行っている。東京都武蔵野市吉祥寺南町に住居兼オフィスを構える。

来歴[編集]

幼少期[編集]

1936年9月3日和歌山県伊都郡高野町に生まれる。戸籍上では9月25日生まれだが、これは母・市恵の誕生日4月25日1907年)の日に合わせて登録したものだという。本籍地奈良県五條市だが、父方は一族全部が教員という家系であり、父・公雄も小学校教員をしていたため、幼少期は奈良県の山間部の僻村を転々とした。高野町で生まれたのは、出産の便宜のため。なお、父は囲碁が好きで囲碁大会に奈良県代表としてしばしば出場し、高島忠夫の父とは囲碁友達だった[1]。尚、楳図家の祖先については、(かずおの)曽祖父より前の世代の親族が奈良県外から来たらしいということしか分かっていない[2]

3歳から6歳までは奈良県宇陀郡曽爾村で過ごし、父から地元の伝説民話を聞かされて育つ。6歳からは五條市に住し、東京に出る27歳(1963年)までそこで過ごす。ちなみに、五條市に隣接する和歌山県橋本市は、楳図青年の散歩コースでもあり、橋本市の広報誌に4コママンガ『オテンバ日記』を載せたり(1956年)、橋本駅前に『まことちゃん』の像が建てられたり(2002年)と、縁がある。

1947年、小学5年生の時、手塚治虫の『新宝島』を読み、漫画家になることを決意する。初めは手塚を模倣して描いていたが、プロを意識しはじめた中学生時代に手塚調を廃し、初山滋武井武雄など童画家の影響による作風で漫画を描きはじめ、神戸の「改漫クラブ」、青森の「少年少女漫画ルーム」など複数の同人サークルで積極的に活動する。中学時代は『漫画少年』にたびたび投稿していたがなかなか採用されず、往復マンガが一度載ったのを最後に同誌への投稿をやめ、『譚海』や『漫画と読物』などに作品を発表していた[3]奈良県立五條高等学校在学中は音楽美術以外に好きな学科は全くなく、授業中には漫画を描いていた[4]

プロ漫画家として[編集]

1955年五條高校卒業。親の言いつけで奈良学芸大学(現・奈良教育大学)を受験したが失敗[5]。同年、『森の兄妹』(6月刊。山路一雄名義)、『別世界』(9月刊。共にトモブック社)でプロデビュー。前者は「改漫クラブ」の文通相手だった水谷武子との共作で『ヘンゼルとグレーテル』の漫画化、後者は太古の地球に舞台を取った壮大な叙事詩SF作品。以後、貸本漫画を多く発表し人気作家となる。

1961年、貸本短編誌『虹』29号に発表した「口が耳までさける時」において「恐怖マンガ」という言葉を作った。1963年8月に上京。同じく大阪から上京した友人の佐藤まさあきが住んでいたことから池袋に3年間住む。以後、目白、高田馬場を経て、吉祥寺(現在)に住す。生来の自動車嫌いで、電車は利用するが、ほとんど徒歩で都内を移動する。このころ本格的に俳優を志し、年齢を下に詐称して劇団ひまわりの青年部に入り、『兵隊やくざ』(大映1965年)や太田博之の映画やNHKの朝の連続ドラマに出演したこともあるが、劇団の上層部の人間から宗教への入信を勧められたのに嫌気が差して退団した[6]

1966年講談社の少女漫画誌『週刊少女フレンド』に連載した「ねこ目の少女」「へび少女」等がヒットし、恐怖マンガ家として全国的に知られるようになる。この後、『週刊少年マガジン』(講談社)、『週刊少年キング』(少年画報社)等などでは少年向けのSF作品、「猫目小僧」など恐怖ものを連載。最も多忙な時期で月刊誌・週刊誌あわせて5本の連載作品を持っていた。

1971年、主たる作品発表の場を、『週刊少年サンデー』(小学館)にしぼる。1975年、『漂流教室』ほか一連の作品で第20回小学館漫画賞受賞。同年、自作自演のLP『闇のアルバム』(CBSソニー)を発表。また、この後、ギャグ作品「まことちゃん」の連載とあいまって、バンド活動を展開する。作詞家として、郷ひろみ近田春夫楽曲の作詞を手がけたこともある。

1982年、「わたしは真悟」を小学館『ビッグコミックスピリッツ』に連載開始。これに伴い、主たる作品発表の場を同誌に移す。

休筆[編集]

1995年に完結した『14歳』以後、漫画は休筆中。理由には長年の執筆による腱鞘炎が悪化したことと、「14歳」連載時、新任編集者に、ゲンコツを描いた紙を持ってこられ「手はこう描くんですよ」と言われたとされる[7]ことから始まる小学館との関係の悪化が挙げられる。1971年『おろち』執筆以降、小学館の諸雑誌を主な発表の場としてきた楳図にとって、こうした扱いは許しがたいものであったと想像される。楳図はこの事件を単に人間的に未熟で傲慢な新任編集者個人の問題とは見ず、芸術志向の作品を描いてきた自分に対する、出版社の商業主義的な圧力と見てとったようである。

小学館との関係は、その後、かつてスピリッツでの担当編集者であった江上英樹が編集長である『月刊IKKI』等が楳図を継続的に大きく取り上げ、また、幻といわれた初期作品や絶版状態にある代表作を復刻刊行する等、徐々に回復しているが新作を描くには至っていない。

休筆以降、現在まで、テレビ・雑誌等で活発なタレント活動を行っており、その明るくサービス精神にあふれたキャラクターを元気一杯に披露している。20代前半の頃より赤白のボーダー柄を好んで着ていたが、その姿をTV等で見掛ける機会が多い。2005年の映画『楳図かずお恐怖劇場』シリーズの公開に伴い、絶版作品の復刻もあいまって、若い女性ファンを中心に現在もファンを増やし続けている。

なお、2005年より、小学館の関係会社である小学館クリエイテイブから、初期作品の復刻が大量にされている。

影響[編集]

クリエーターや芸能人にも数多くの信奉者、フォロワーが存在する。

推理小説作家の綾辻行人は楳図を「」と称して尊敬し、『わたしは真悟』は1頁目から泣いて読むと言う。漫画家の山咲トオルやタレントの中川翔子など、そのイラストにおいて楳図の作風に影響を受けたものが多数ある(中川翔子は『ダウンタウンDX』で楳図と共演した際、前述のように「神のような存在」と発言した)。また、漫画家児嶋都は楳図タッチでのギャグ・ホラー漫画を描いている。

シンガーソングライターのルルティア2005年公開の映画『楳図かずお恐怖劇場』の音楽を担当し、そのサウンドトラックアルバム『楳図かずお恐怖劇場 ルルティア・トラックス』を発表した。同じくシンガーソングライターの柴田淳2008年公開の映画『おろち』の主題歌「愛をする人」を担当した。

また、コメディ・ギャグ要素を含む漫画やアニメにおいて、恐怖に戦慄する登場人物の表情が、突然その作品本来の絵柄から逸脱して楳図調のタッチになってしまうというパロディは、非常に広範に用いられている。

エピソード[編集]

  • 徹底的なオリジナル追及志向であり、他作品から影響を受けることを恐れて漫画や映画、アニメ、小説などには一切触れないという。また、オリジナリティをものにするには、まだ誰も手を付けていない未知の分野を積極的に開拓する姿勢が大切であるとも述べている[8]
  • 宮崎駿の映画の大ファンで、「自分の作品を宮崎監督にアニメ化してもらいたい」と公言しているが実現していない。自身以外の漫画キャラで一番好きなキャラは、『風の谷のナウシカ[9]のナウシカと答えるほどである。
  • 映画「漂流教室」(大林宣彦監督)は、テーマやストーリーが大きく改変され、苦言を呈した。
  • アメリカの文化にも大きな影響を受けている。エルヴィス・プレスリー(音楽活動)、マリリン・モンロー(わたしは真悟)アメリカ(14歳) など。
  • 赤と白のボーダーシャツ(「ロヂャース」にて購入)を好む。また赤と白のボーダーラインが自分のラッキーカラーであると語っている。なぜ赤と白のボーダーラインが好きかについては、海賊の着ている服のイメージからだと答えており、そのイメージの源泉は子供の頃に読んだ手塚治虫の『新宝島』から得たと答えている。また漫画家の他になりたい職業は?という問いにも「やっぱり海賊」と答えた。
  • 2007年吉祥寺の自宅(まことちゃんハウス)を改築した際、外壁に赤と白のボーダーラインを入れた所、近隣住民2人から「景観を損ねる」として建設差し止め仮処分申請に発展したが、東京地裁は10月12日に住民側の請求を却下。その後、原告側から塗装中止を求める訴訟も起こされたが、建物が完成したことに伴い、外壁を撤去するまで毎月10万円の損害賠償を請求する訴訟に変更されたものの、東京地裁は2009年1月28日に「周囲の目を引くが、景観の調和を乱すとまでは認められない」として請求を棄却した。
  • なお「まことちゃんハウス」の室内は壁の色が部屋により変えられており、緑の玄関ホール、白のリビング、黄色の寝室、青の書庫、赤の屋根裏部屋などがある。別荘にも赤と白のボーダーラインを入れている。また、吉祥寺以前に居住していた高尾の家の外壁は真黄色であった。
  • 語学学習マニアである。英・伊・仏・独・西の5か国語のNHKラジオ講座を数年間録音して聞き続けている。
  • 行列のできる法律相談所の「カンボジア学校建設プロジェクト」にてオークションにまことちゃんの集団肖像画を出品した。作品は126万円で落札された。
  • 閉所恐怖症気味で、自動車には滅多に乗らない。
  • 手品師のマギー司郎とは、高田馬場で偶然に出会って知り合いになり、楳図いわく「唯一のお友達」だという。
  • 実弟の楳図良雄はNETテレビアニメアンデス少年ペペロの冒険』(1975年-1976年)の構成を担当していた。もともと音楽にも志を持っていたかずおは、良雄の依頼で主題歌の作詞を手がけた。

主要作品[編集]

連載作品[編集]

  • へび少女 - 『週刊少女フレンド』(1966年11号 - 25号)
    恐怖マンガの第一人者として、全国的に知られることになった作品。
  • 赤んぼ少女 - 『週刊少女フレンド』(1967年30号 - 39号)
    のちに『のろいの館』『赤んぼう少女』とも改題される。
  • 猫目小僧 - 『少年画報』など(1968年 - 1976年)
  • 死者の行進
  • おろち - 『週刊少年サンデー』(1969年25号 - 1970年35号)
    不思議な能力を持つ美少女「おろち」が様々な人々や家族と関る。
  • イアラ - 『ビッグコミック』(1970年1月10日号 - 9月25日号)
  • アゲイン - 『週刊少年サンデー』(1971年43号 - 1972年5号)
    年老いた沢田元太郎が、偶然手に入れた薬「アゲイン」によって高校生に若返り、高校や実家の沢田家であばれまわる。ドタバタ劇のギャグ漫画だが、当時表面化しつつあった老人問題への目配りも見られる。沢田家の孫のまことに人気が集まり、後に『まことちゃん』が描かれる。
  • 漂流教室 - 『週刊少年サンデー』(1972年23号 - 1974年27号)
    人類絶滅後の未来にタイムスリップした大和小学校の児童たちのサバイバルを描く近未来SF。
  • 洗礼 - 『少女コミック』(1974年 - 1976年)
    年老いた女優が再び美しさを取り戻すため自分の娘と脳をいれかえる手術をする。
まことちゃん
  • まことちゃん - 『週刊少年サンデー』(1976年16号 - 1981年30号)
    『アゲイン』に脇役として登場していた幼稚園児の沢田まことが主人公。「グワシ」、「サバラ」などのセリフ(手の形もつく)で知られるギャグ漫画で、楳図最大のヒット作。作中には楳図自身も頻繁に登場した。最終回などはなく、人気絶頂のまま突然終わっていた。1989年に同誌で連載再開したものの、約1年半で終了。こちらでは最終回が描かれている。後者は区別して「平成まことちゃん」と呼ばれることがある。
  • わたしは真悟 - 『ビッグコミックスピリッツ』(1982年8号 - 1986年27号)
    小学生さとるとまりんのひそかな遊びは、産業用ロボット・モンローに知識を与えることだった。離ればなれになることが決まった二人は、モンローに尋ねた「どうしたら二人の子供が作れるのか?」と
  • 神の左手悪魔の右手 - 『ビッグコミックスピリッツ』(1986年31号 - 1988年32号)
  • 14歳 - 『ビッグコミックスピリッツ』(1990年4・5合併号 - 1995年37号)
    動植物・人間・神を問題として地球上の生命の連鎖とその終末を描いたSF作品。
  • SF異色短編集 - 『ビッグコミック』(1968年 - 1969年)
  • 蝶の墓 - 『ティーンルック』(1968年)
  • おそれ - 『ティーンルック』(1969年)
    楳図作品に見られる「美しさの崩壊に対する恐れ」が描かれている作品。
  • ウルトラマン - 『少年マガジン』(1966年 - 1967年)
    当初は少年マンガ調の画風だったが、連載途中から劇画ブームの時勢に合わせ、劇画風の緻密な絵柄に変わっている。バルタン星人やドドンゴの話には恐怖マンガを感じさせる描写もある。
  • ロマンスの薬(原題:ロマンスの薬あげます!!) - 『なかよし』(1962年)
    惚れ薬をめぐって繰り広げられるギャグ作品。ラブコメディーの原点といわれる。
  • 恐怖 - 月刊誌『平凡』
    高校生シリーズ

読み切り[編集]

  • 愛の方程式 - 『高2時代』(1973年)
    ギャグ作品。連載当時、『まことちゃん』の人気が高まっていたこともありお下劣内容である。
  • ねがい - 『週刊少年サンデー』(1975年16号)
    「友だちがほしい」と願い、“モクメ”という人形を造った少年が体験する恐怖を描く。
  • 男神 - 朝日ソノラマDUO』(創刊号)
    55歳になったまことちゃんを見ることができる作品である。80年代の匂いを感じさせてくれる。

本人歌唱作品[編集]

シングル
  • ビチグソロック(1977年、「まことちゃん」B面曲)
  • グワシ!!まことちゃん/ギャングの母(1977年、「KAZZ(楳図の変名)、フィーリング・フリー」名義)
  • サンバ・デ・まことちゃん/パパ&ママROCK(1980年、「楳図かずお&スーパー・ポリス」名義)
  • 木村の兄さん(1996年、UMEZZ名義)
  • あしゅらの道のまん中で/猫目小僧(2006年5月23日、映画『猫目小僧』主題歌。「浅草ジンタ with 楳図かずお」名義)
  • まことちゃん音頭(2010年12月22日)
  • 新宿烏(2011年7月27日、映画『おろち』劇中歌のセルフカバー)
アルバム
  • 闇のアルバム(1975年7月21日、SOLL-152)
  • 闇のアルバム(2005年6月29日、ソニー・ミュージック MHCL-542)
    1975年発売の『闇のアルバム』に未発表音源を追加してCD化。
  • 闇のアルバム・2(2011年8月31日)
その他
  • むかしトイレがこわかった!(2000年11月18日発売のオムニバスアルバム『NHKみんなのうた/小さな手紙』収録)

作詞提供作品[編集]

作品の映像化[編集]

アニメ化作品[編集]

  • まことちゃん
  • おろち(漫画ビデオ)
  • 楳図かずおの呪い
    • 第1話「ビデオカメラに何が映ったか?」
    • 第2話「幽霊屋敷」

なお、『妖怪伝 猫目小僧』(静止画アニメ)はテレビドラマ化作品に記述

映画化作品[編集]

  • 蛇娘と白髪魔(1968年、監督:湯浅憲明
    • 楳図の作品を初めて映画化した。楳図本人も運転手役で出演。製作・配給した大映は、本作以降、恐怖映画のシリーズ化を企画しており、定かではないが第2弾として「猫目小僧」の映画化の企画もあったという。
  • 映画まことちゃん (1980年、監督:芝山努
  • 漂流教室 (1987年、監督:大林宣彦
  • 漂流教室 DRIFTING SCHOOL (1995年、監督:J・J・ミムラ)
  • 洗礼 (1996年、監督:吉原健一
  • 楳図かずお恐怖劇場(2005年)
    • 楳図かずお恐怖劇場「まだらの少女」 (監督:井口昇)
    • 楳図かずお恐怖劇場「ねがい」 (監督:清水厚)
    • 楳図かずお恐怖劇場「蟲たちの家」 (監督:黒沢清
    • 楳図かずお恐怖劇場「絶食」 (監督:伊藤匡史)
    • 楳図かずお恐怖劇場「プレゼント」 (監督:山口雄大
    • 楳図かずお恐怖劇場「DEATH MAKE」 (監督:太一 (映像作家)
  • 猫目小僧 (2006年、監督:井口昇)
  • あしゅらの道のまん中で (2006年、歌:浅草ジンタ with 楳図かずお、監督:楳図かずお)PV
  • 神の左手 悪魔の右手 (2006年、監督:金子修介)コンビニの客役で本人登場
  • おろち (2008年、監督:鶴田法男
  • 赤んぼ少女 (2008、監督:山口雄大)

テレビドラマ化作品[編集]

  • ロング・ラブレター〜漂流教室〜フジテレビジョン、2001年)(原作 『漂流教室』)
  • 妖怪伝 猫目小僧 - 「ゲキメーション」と称する、静止画の背景に切り抜きの紙人形を動かし特殊効果や音声を加えた独特な表現手法の作品。一般的なテレビアニメには分類されないことが多い。
  • 怪談整形美女(原作『黒いねこ面』)
  • 雪花魔人形(原作『おろち』姉妹) - 楳図本人も冒頭で雪の中、フンドシ1枚姿で少し登場している。

オリジナルビデオ作品[編集]

  • うばわれた心臓(1985年、監督:早川光 日本初のオリジナルビデオ作品)原作は高校生シリーズ「恐怖」の1エピソード

舞台化作品[編集]

出演[編集]

映画[編集]

花くまゆうさく原作の映画に出演。ゾンビが東京に現れるという噂から作られた特集番組にホラーの第一人者として登場し「ゾンビを倒すには首をぽーん!と外せばいいんです!」と手にもった腹話術人形の首を外すという演技を見せる。物語後半東京がゾンビで埋め尽くされたあとは、残った人間を支配する城を作った王子として登場。

ドラマ[編集]

CM[編集]

[編集]

絶対に笑ってはいけない病院24時2007年12月31日 - 2008年1月1日)
クイズ楳図かずおの500のコト2008年2月3日
絶対に笑ってはいけない新聞社24時(2008年12月31日 - 2009年1月1日)※2009年1月18日の未公開シーンに出演。大晦日スペシャルの最後で触れられている
絶対に笑ってはいけないホテルマン24時(2009年12月31日 - 2010年1月1日)
絶対に笑ってはいけないスパイ24時(2010年12月31日 - 2011年1月1日)
絶対に笑ってはいけない空港24時(2011年12月31日 - 2012年1月1日)
絶対に笑ってはいけない熱血教師24時(2012年12月31日 - 2013年1月1日)※2013年1月8日の未公開SPで出演

ほか多数

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楳図かずお『恐怖への招待』p.24(河出書房新社、1988年)
  2. ^ 『アニメック』Vol.21のインタビューp.89
  3. ^ 楳図かずお『恐怖への招待』p.135(河出書房新社、1988年)
  4. ^ 楳図かずお『恐怖への招待』p.136-137(河出書房新社、1988年)
  5. ^ 楳図かずお『恐怖への招待』p.144(河出書房新社、1988年)
  6. ^ 楳図かずお『恐怖への招待』p.157(河出書房新社、1988年)
  7. ^ いつみても波瀾万丈」2002年3月10日放送
  8. ^ 日刊サイゾー【第20回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談楳図かずおさんの至言「世界を相手にやっている人は、友達作っちゃうと危ない!」(後編)
  9. ^ ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!クイズ楳図かずおの500のコト)」より
  10. ^ 「デビュー当時、編集の紹介で1か月くらい(アシスタントではなく)手伝いをした」『ぱふ』の特集より

外部リンク[編集]