トレント・レズナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トレント・レズナー
}
基本情報
出生名 マイケル・トレント・レズナー
出生 1965年5月17日(49歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州 マーサー
ジャンル インダストリアル・ロック
インダストリアル・メタル
オルタナティヴ・ロック
エレクトロニカ
職業 ミュージシャン作曲家
サウンド・エンジニア
担当楽器 ボーカルギターピアノ
シンセサイザーキーボード
活動期間 1982 - 現在
レーベル TVTレコーズ
(1988 - 1991)
ユニバーサル
/インタースコープ・レコード
/ナッシング・レコード
(1992 - 2007)
ヌル・コーポレーション
(2008 - )
コロムビア・レコード
(2012 - )
共同作業者 ナイン・インチ・ネイルズハウ・トゥ・デストロイ・エンジェルスアッティカス・ロスソウル・ウィリアムズマリリン・マンソン

トレント・レズナー(Michael Trent Reznor Jr.、1965年5月17日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャンインダストリアル・プロジェクトのナイン・インチ・ネイルズハウ・トゥ・デストロイ・エンジェルスのリーダー。

来歴[編集]

1965年ペンシルベニア州マーサーに生まれる。家族は両親と妹が一人いたが、幼少時に両親が離婚したため祖父母の元で暮らすようになり、クラシックピアノの教育を受ける。同時にロックに目覚め、クイーンキッスピンク・フロイドに熱中する。高校卒業後、アレゲニー大学に進学しコンピューターを専攻しながら、音楽ユニット「OPTION 30」で活動をしていたが、1年次で中退。

その後、クリーブランドスラム街に移る。The Innocentにキーボーディストとして在籍。この時に高校時代に知り合っていた、ナイン・インチ・ネイルズのドラマーとなるクリス・ヴレナとバンド「Exotic Birds」で再び出会いプロのミュージシャンを目指し活動、1987年公開のマイケル・J・フォックス主演の映画『『愛と栄光への日々(Light Of Day)』で、トレント・レズナーらExotic Birdsのメンバーと架空のバンドThe Problemsとして出演した。スタジオのトイレ掃除、楽器の販売、レコーディングスタジオのアシスタント兼管理人などのアルバイトをしながら音楽制作に励むもまったく成果が出せず、ピーナッツバターサンドイッチで飢えをしのぐ日々が続いた。

レコーディングスタジオの空き時間を利用して制作したデモテープを手当たり次第にレコード会社に送った結果、送り先すべての会社から契約を結びたいと言う返事が来る。その中でも最も好反応だったTVT社と契約を決め、1989年ナイン・インチ・ネイルズ名義のシングル「Down in it」にてデビュー。

2009年 -[編集]

  • 2009年5月2日、フィリピン系アメリカ人のMariqueen Maandigと婚約。公式な発表はMaandigがダブル・ボーカルを務めるロサンゼルスのインディーバンド、ウェスト・インディアン・ガールのサイトでおこなわれた。
「俺は、プリンスやリヴァース・クオモじゃない。素晴らしいトラックが山ほどあるって誇示するようなタイプじゃない。プリンスよ、素晴らしい曲が百も千もあるんなら、そこからいくつか選んでアルバムに収録すればよかったじゃないか。だって、ここ何枚かはひどいもんだったからな。リヴァース、お前もだ」
「奴は嫌なやつだ。成功のためなら誰だって踏みつけるし、道徳の一線なんてのも超えるだろうよ。奴も今じゃ、ドラッグとアルコールに支配されたラリッた道化」
  • 自身もナイン・インチ・ネイルズでのリリースやツアービデオの配信などにおいてウェブでの活動を積極的に行っていたが、2009年6月にSNSに対しての批判を公式ウェブサイト上にて行った。曰く「大局的に見れば益よりも害の方が多いし、これまでの(Web活用の)実験の結果は出たようだから。バカが支配している」とのこと。この実験の結果とは、トレントが行っていたSNSでのユーザーとの交流を指し、そのSNSにおいて「(ファンである)自分のイメージと実際のトレントが違った」などの理不尽な理由で非難されたり、自身の結婚に対して嫌がらせのような行為を度々行われ、その対策に苦慮したことである。しかし、現在でもTwitterなどにアカウント自体は存在しており、時折コメントしている。

人物[編集]

デヴィッド・ボウイのファンであり、お気に入りのアルバムに『ロウ』を挙げている。他に影響を受けたアーティストとしてデペッシュ・モードジョイ・ディヴィジョンミニストリースキニー・パピーソフト・セルゲイリー・ニューマンエイドリアン・シャーウッドブライアン・イーノクロノス・クァルテットキリング・ジョークザ・キュアージーザス&メリーチェインカーズなどがあると公言している。

若い頃は痩せ型で髪が長い文学青年風だったが、現在は坊主に近い短髪にしており筋肉質な身体つきに変化している。コンピュータゲームを好み、コール オブ デューティシリーズなどをプレイする。

音楽性 [編集]

ナイン・インチ・ネイルズの項を参照。

外部リンク[編集]